マルグリット・ド・ブラバン (フランドル伯妃)

マルグリット・ド・ブラバン(Marguerite de Brabant, 1323年2月9日 - 1380年[1])は、フランドル伯ルイ2世の妃。

マルグリット・ド・ブラバン
Marguerite de Brabant
Margaret de brabant.jpg

出生 1323年2月9日
死去 1380年4月(57歳没)
ルテル伯領、シャトー・ルニョー
配偶者 フランドル伯ルイ2世
子女 ピエール
シャルル
マルグリット3世
家名 レニエ家
父親 ブラバント公ジャン3世
母親 マリー・デヴルー
テンプレートを表示

生涯編集

マルグリットはブラバント公ジャン3世マリー・デヴルーの娘である。マリーは子供を産んだ唯一のジャン3世の子である。1347年フランドル伯ルイ2世と結婚した[2]1350年4月13日に2人の娘マルグリット3世が洗礼を受けた[3]。唯一生き残った子のマルグリット3世はブルゴーニュ公フィリップ2世と結婚し、ブラバントはブルゴーニュ公の影響下に入った。

1371年9月26日、マルグリットと義母のアルトワ女伯マルグリット・ド・フランスランスにおいてブルゴーニュ公フィリップ2世の支持者のための夕食会にゲストとして参加した[4]。その後まもなく、マルグリットはフランドルを離れ、夫と遠く離れてルテル伯領に住み、そこで1380年4月(イースターの後)に死去した[5]

子女編集

脚注編集

  1. ^ Thomas (1930), p. 105.
  2. ^ Anselme (1733), p. 739.
  3. ^ Anselme (1733), p. 741.
  4. ^ Famiglietti (2015), p. 161.
  5. ^ Famiglietti (2015), p. 159.

参考文献編集

  • Paul Thomas Textes historiques sur Lille et le Nord de la France avant 1789, Revue du Nord Année 1930, Volume 16, Numéro 62, pp. 97-112.
  • Anselme de Sainte-Marie. Histoire généalogique et chronologique de la maison royale de France. Vol. 2, 1733.
  • Famiglietti, R.C. Audouin Chauveron. Vol. 2., Picardy Press, 2015.