マルグレーテ2世 (デンマーク女王)

デンマーク女王

マルグレーテ2世デンマーク語: Margrethe II1940年4月16日 - )は、デンマーク女王(在位:1972年1月14日 - )。

マルグレーテ2世
Margrethe II
デンマーク女王
Drottning Margrethe av Danmark crop.jpg
2012年5月撮影
在位 1972年1月14日 – (在位中)

全名 Margrethe Alexandrine Þórhildur Ingrid
出生 (1940-04-16) 1940年4月16日(81歳)
デンマークの旗 デンマーク被占領期英語版
コペンハーゲン
アマリエンボー宮殿
王太子 フレデリック
配偶者
子女 フレデリック王太子
ヨアキム王子
家名 リュクスボー家
父親 フレゼリク9世
母親 イングリッド・アヴ・スヴェーリエ
宗教 デンマーク国教会
Margrethe II - signature.svg
テンプレートを表示
デンマーク王室
Royal coat of arms of Denmark.svg

マルグレーテ2世女王


前国王フレゼリク9世の第一王女(第1子)、母はスウェーデン王女のイングリッド王妃。出生時点では王位継承権はなかったが、法改正により継承権を得、父王の崩御に伴い1972年に即位した。

妹が2人おり、末妹のアンネ=マリーは元ギリシャ国王コンスタンティノス2世の王妃である。また、スウェーデン国王カール16世グスタフは母方の従弟に、ノルウェー国王ハーラル5世やベルギー王ボードゥアン1世アルベール2世・ルクセンブルク大公妃ジョゼフィーヌ=シャルロットの三姉弟は、ともに又いとこ(はとこ)にあたる。

全名は、マルグレーテ・アレクサンドリーネ・トーヒルドゥア・イングリッド(Margrethe Alexandrine Torhildur Ingrid)。

略歴編集

 
1954年撮影、フレゼリク9世一家(一番左がマルグレーテ王女)

生い立ち編集

第二次世界大戦初期のナチス・ドイツによるデンマーク侵攻からわずか一週間後の1940年4月16日フレゼリク王太子の長女(第1子)としてアマリエンボー宮殿で誕生した。母はスウェーデン王女イングリッド

名前は、母方の祖母マーガレット・オブ・コノートにちなんで名づけられ、祖母の愛称デイジー(Daisy)も受け継いだ[1][2]。ミドルネームのAlexandrineは、父方祖母アレクサンドリーネから、Ingridは、母イングリッドにちなむ。誕生時に祖父クリスチャン10世はアイスランド王も兼ねていたため、アイスランド語の文字Þを含むアイスランド語の名前Þórhildur(トーヒルドゥア)も付けられた[3]

誕生当時、デンマークは女性の王位継承権を認めていなかったため、マルグレーテは決して将来の王位継承者として養育される事はなかった。

1950年5月14日コペンハーゲンのホルメン教会でキリスト教洗礼を受けた。代父となったのは、父方祖父のクリスチャン10世、父方叔父クヌーズ王子、デンマーク王族のアクセル王子、母方曽祖父であるスウェーデン王グスタフ5世、母方祖父であるグスタフ・アドルフ王太子、母方伯父であるヴェステルボッテン公グスタフ・アドルフ、母方曽祖父コノート公アーサーであった。

推定相続人に編集

フレゼリク9世とイングリッドの間には、女子3人が誕生したものの男子は授からなかった。この時点では、フレゼリクの弟クヌーズ王子とその息子たちに王位継承がなされるはずであったが、大戦中にナチス寄りだったクヌーズ王子より、フレゼリク9世国王とその娘たちの国民的人気が非常に高かったことから、フレゼリクに男子が授かる事が望み薄になるにつれて、王位継承の変更を求める国民の声が高まった。これに後押しされる形で、1953年に行なわれたデンマーク王国憲法と王位継承法の改定により、男子優先ながら、男子が不在の場合には女子に王位継承権が認められ、弟のいないマルグレーテは13歳で推定相続人となった。

1958年4月16日、18歳となり国家評議会の議席を与えられた。父王の不在時には議長を務めた。

ケンブリッジ大学パリ大学(ソルボンヌ)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで学んだ。 オーフス大学 (: Aarhus Universitet) にも在籍した。

1967年6月10日フランスのモンペザ伯爵家出身で外交官のアンリ・マリ・ジャン・アンドレ・ド・ラボルドゥ・ド・モンペザ(Henri Marie Jean André de Laborde de Monpezat)と結婚。結婚に際し、アンリには「王子」の称号が与えられた(以後、デンマーク語読みの「ヘンリック」と記す)。披露宴はフレゼンスボー城で行なわれた。

即位編集

1972年1月14日、父王フレゼリク9世の崩御(72歳没)に伴い女王に即位した。以降、国家元首として公務に取り組む。デンマークでは初の女王(女性君主)であり、実質的な女王であった摂政マルグレーテ1世からでも560年ぶりである。また、クリスチャン2世以来デンマーク王の名前はクリスチャンフレゼリクであり、これら以外の名前の王は459年ぶりとなる。

2000年11月7日、母のイングリッド王太后と死別(90歳没)。

2018年2月13日、夫のヘンリック王配と死別(83歳没)。

40年以上の在位に至る現在でも、民意への配慮を欠かさないことで国民に敬慕されている。

人物・エピソードなど編集

 
1966年撮影、婚約中のアンリと
  • モットーは、「神のご加護、国民の愛、デンマークの強さ(英:God's help, the Love of the People, Denmark's strength)」である。
  • 誕生当初は将来のデンマーク女王になるつもりはなかったのにも関わらず、13歳にしていきなり次期王位継承者となったマルグレーテ王女の戸惑いは小さくなかったという。女王になるのを嫌って「私は普通の女の子のように大きくなって、そして普通の結婚をして、普通に暮らしたい」と泣いて叫んだといわれる[4]
  • デンマーク語を母語とするが、フランス語スウェーデン語英語ドイツ語も堪能である。30代の頃にはJ・R・R・トールキン指輪物語』のデンマーク語訳の作業に参加し、挿絵も担当した[5]
  • 身長180cmの長身で、柔道の心得がある。美人で才能豊か、気さくな人柄で国民に絶対的な人気がある[6]。海外のメディア(テレビ、新聞を問わず)へのインタビューも国家元首という立場でありながら気さくに応じている。
  • ヘビースモーカー(愛煙家)である、コペンハーゲン市内の書店で立ち読みしていた、訪問先のフェロー諸島民俗舞踊の輪に飛び入りで加わった、などのエピソードがある。また服飾デザイナーとしての顔も合わせ持つ。
  • 毎年大晦日12月31日)の18時から約10分間、国民へ向けテレビを介してスピーチをしている。その内容は形式的で中身の無いパフォーマンスチックなものではなく、その時々の世界情勢や国民生活などを考慮した現実的で、かつ前向きなメッセージが込められたもの[独自研究?]となっている。「これを観ないと年を越せない」という国民がいるほど、デンマークの大晦日には欠かせないものとなっている。

訪日歴編集

王女時代編集

  • 1963年(昭和38年)12月:非公式訪問。
  • 1970年(昭和45年)4月:日本万国博覧会に列席のため訪日。

女王時代編集

  • 1981年(昭和56年)4月:公式訪問(国賓)。
  • 1990年(平成2年)11月:第125代天皇(現:上皇)の即位の礼参列のため。

王子と孫たち編集

夫のヘンリック王配との間に、二男をもうけた。また、8人の孫がいる。デンマーク王族は18歳になると政府から歳費を受け取っていたが、世論の批判が高まったため、王室は2016年、「8人いる女王の孫のうち、クリスチャン王子フレデリック王太子の長男)のみ確実な王位継承予定者として歳費が支給される」と発表した[7]

系譜編集

マルグレーテ2世 父:
デンマーク国王
フレゼリク9世
祖父:
デンマーク国王
クリスチャン10世[6]
曾祖父:
デンマーク国王
フレゼリク8世
曾祖母:
スウェーデン王女ルイーセ[1]
祖母:
アレクサンドリーヌ
曾祖父:
メクレンブルク=シュヴェリーン大公
フリードリヒ・フランツ3世
曽祖母:
ロシア大公女
アナスタシア・ミハイロヴナ[2]
母:
イングリッド
祖父:
スウェーデン国王
グスタフ6世アドルフ
曾祖父:
スウェーデン国王
グスタフ5世
曾祖母:
バーデン大公女
ヴィクトリア[3]
祖母:
マルガレータ
曾祖父:
コノート公アーサー[4]
曾祖母:
ルイーズ[5]
  1. スウェーデンノルウェー国王カール15世と王妃ロヴィーサの長女、母方の祖父はプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世
  2. ミハイル・ニコラエヴィチ大公ロシア皇帝ニコライ1世の末子)と妃オリガ・フョードロヴナバーデン大公女)の長女
  3. バーデン大公フリードリヒ1世と妃ルイーゼ・フォン・プロイセンドイツ皇帝ヴィルヘルム1世の長女)の長女
  4. イギリス女王ヴィクトリア王配アルバートの三男
  5. プロイセン王子フリードリヒ・カール(父方の祖父はプロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世)と妃マリア・アンナの四女
  6. 弟はノルウェー国王ホーコン7世、妹のインゲボー王女の娘であるマッタ王女はノルウェー国王オーラヴ5世妃、同じくアストリッド王女ベルギー国王レオポルド3世
祖父スウェーデン国王グスタフ6世アドルフを同じくする。

系図編集

クリスチャン9世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレゼリク8世(ギリシャ国王)
ゲオルギオス1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(グリクシンブルグ朝)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリスチャン10世(ノルウェー国王)
ホーコン7世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フレゼリク9世(グリュクスボー朝)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルグレーテ2世
 
 
 
 
 


ギャラリー編集

栄典・勲章編集

デンマーク王国編集

外国編集

など

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Dronning Margrethe - alt om Danmarks dronning”. alt.dk. en:Egmont Publishing. 21. maj 2019閲覧。
  2. ^ “Ny bog om Margrethe med udslået hår: Sådan er Daisy”. en:B.T.. (9. maj 2013). https://www.bt.dk/royale/ny-bog-om-margrethe-med-udslaaet-haar-saadan-er-daisy 21. maj 2019閲覧。 
  3. ^ "Those Apprentice Kings and Queens Who May -- One Day -- Ascend a Throne," New York Times. 14 November 1971.
  4. ^ 13歳で継承者になったデンマーク王女の戸惑い――日本の皇位継承議論は?【皇室コラム(下)】(日本テレビ系(NNN))”. Yahoo!ニュース (2020年11月25日). 2020年11月26日閲覧。
  5. ^ 関東学院大教授・君塚直隆:【世界王室物語-ノブレス・オブリージュ】デンマーク 多才な女王の挑戦 (2/4ページ)産経新聞
  6. ^ マイケル・ブース『ありのままのアンデルセン ヨーロッパ独り旅を追う』晶文社、2017年、12頁。ISBN 978-4-7949-6950-7
  7. ^ 【世界のロイヤル】デンマークマルグレーテ女王(79)『読売新聞』朝刊2019年5月4日(特別面)
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n Dekorationer”. Kongehuset.dk. 2020年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集