マルゲリータ・ディ・サヴォイア (1420-1479)

マルゲリータ・ディ・サヴォイア(イタリア語:Margherita di Savoia, 1420年8月7日 - 1479年9月30日)は、サヴォイア公アメデーオ8世マリー・ド・ブルゴーニュの娘。3回の結婚により、アンジュー公妃、カラブリア公妃、メーヌ伯妃、プファルツ選帝侯妃およびヴュルテンベルク伯妃となった。サヴォイア公ルドヴィーコの妹である。

マルゲリータ・ディ・サヴォイア
Margherita di Savoia
プファルツ選帝侯
41Ulrich vielgeliebt.jpg
マルゲリータ(右端)、ヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世およびその妃たち
在位 1445年 - 1449年
別称号 アンジュー公妃
カラブリア公妃
メーヌ伯妃
ヴュルテンベルク伯妃

出生 (1420-08-07) 1420年8月7日
Flag of Savoie.svg サヴォイア伯領モルジュ
死去 (1479-09-30) 1479年9月30日(59歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Wuerttemberg Banner.svg ヴュルテンベルク伯領、シュトゥットガルト
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Wuerttemberg Banner.svg ヴュルテンベルク伯領、シュトゥットガルト参事会教会
結婚 1432年8月31日
1445年10月18日 ハイデルベルク聖霊教会
1453年11月11日 シュトゥットガルト
配偶者 アンジュー公ルイ3世
  プファルツ選帝侯ルートヴィヒ4世
  ヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世
子女 フィリップ
マルガレーテ
フィリピーネ
ヘレネ
家名 サヴォイア家
父親 サヴォイア公アメデーオ8世
母親 マリー・ド・ブルゴーニュ
テンプレートを表示

生涯編集

最初の結婚編集

マルゲリータは、最初にナポリ対立王であったアンジュー公ルイ3世と結婚した[1]。ルイ3世はルイ2世ヨランド・ダラゴンの息子である。婚姻契約は1431年3月31日に結ばれた。この結婚では子供を得られないまま、ルイ3世は1434年に死去した。

2度目の結婚編集

1445年、マルゲリータはプファルツ選帝侯ルートヴィヒ4世と再婚した[2]。ルートヴィヒ4世はルートヴィヒ3世とその2番目の妃マティルデ・ディ・サヴォイアの息子である。ルートヴィヒ4世は結婚から4年後の1449年8月13日に死去した。この結婚で以下の1人の息子をもうけた。

  • フィリップ(1448年 - 1508年) - プファルツ選帝侯(1476年 - 1508年)

3度目の結婚編集

3度目にマルゲリータは1453年11月11日シュトゥットガルトヴュルテンベルク伯ウルリヒ5世と結婚した。双方ともこれが3度目の結婚であった。この結婚で以下の子女をもうけた。

マルゲリータは1479年9月30日に死去した。

脚注編集

  1. ^ Kekewich 2008, p. 54.
  2. ^ Kekewich 2008, p. 214.
  3. ^ a b c Detlev Schwennicke: Europaische Stammtafeln, New Series, Vol. I/2, Tafel 257.

参考文献編集

  • Kekewich, Margaret L. (2008). The Good King: René of Anjou and Fifteenth Century Europe. Palgrave Macmillan