この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はジョレンテ第二姓(母方の)はモレノです。(Template:スペイン語圏の姓名

マルコス・ジョレンテ・モレノ(Marcos Llorente Moreno、1995年1月30日 - )は、スペインマドリード州マドリード出身のサッカー選手アトレティコ・マドリード所属。ポジションはミッドフィールダーフォワードディフェンダースペイン代表

マルコス・ジョレンテ Football pictogram.svg
Marcos Llorente 2019.jpg
アトレティコ・マドリードでのジョレンテ(2019年)
名前
本名 マルコス・ジョレンテ・モレノ
Marcos Llorente Moreno
ラテン文字 Marcos LLORENTE
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1995-01-30) 1995年1月30日(26歳)
出身地 マドリード
身長 183cm
体重 85kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 アトレティコ・マドリード
ポジション MF / FW / DF
背番号 14
利き足 右足
ユース
2002-2006 スペインの旗 CDラス・ロサス
2006-2007 スペインの旗 ロセーニャ
2007-2008 スペインの旗 ラージョ・マハダオンダ
2008-2014 スペインの旗 レアル・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2016 スペインの旗 レアル・マドリードB 62 (3)
2015-2019 スペインの旗 レアル・マドリード 22 (0)
2016-2017 スペインの旗 アラベス (loan) 32 (0)
2019- スペインの旗 アトレティコ・マドリード 66 (15)
代表歴2
2014  スペイン U-19 4 (0)
2016-2017  スペイン U-21 9 (0)
2020- スペインの旗 スペイン 7 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年5月30日現在。
2. 2021年6月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

ユース編集

ラス・ロサス、 ロセーニャでキャリアをスタートさせた後、ラージョ・マハダオンダに入団した。アトレティコ・マドリードの選手としていくつかのユースの大会でプレーした[1]後、2008年にレアル・マドリードのユースに入った。 洗練されたテクニックを持つ組織的なミッドフィルダーとして、2013-14シーズンまで昇格を続け、UEFAユースリーグでプレーしたが、準決勝でベンフィカに敗れ敗退した。2014-15シーズンでは、ジネディーヌ・ジダンが監督を務めるレアル・マドリード・カスティージャでプレーした。2014年8月24日、アトレティコ・マドリードBとの試合でプロデビューを果たした。2シーズン目はチームに残り、主力選手として活躍した。

レアル・マドリード編集

カスティージャでの活躍が認められ、カルロ・アンチェロッティ監督の指揮の下、2014年のプレシーズンにはトップチームの一員となった。1年後の2015年10月17日、プリメーラ・ディビシオンレバンテ戦でレアル・マドリードのトップチームデビューした。その後、コパ・デル・レイではカディス戦で先発デビューを果たした。

アラベス編集

2016年8月11日、昇格したばかりのアラベスにレンタル移籍した[2]。加入直後からレギュラーに定着し、ゲームメイクから守備まで縦横無尽の活躍を見せた。特に守備ではリーグトップとなる88回のタックルを成功させ、アラベスのリーグ戦9位躍進、コパ・デル・レイ準優勝に大きく貢献した[3]

レアル・マドリード復帰編集

アラベスでの活躍が認められ、2017年7月1日、レアル・マドリードに復帰し、18番を着けた。 12月6日、ボルシア・ドルトムント戦でチャンピオンズリーグデビューを果たした。 9月23日、契約を2021年まで延長した[4]サンティアゴ・ソラーリの監督就任と、カゼミーロの怪我の影響でスタメン起用が続き、カゼミーロ復帰後のクラブワールドカップでもスタメンとして出場し、2018年12月22日、クラブワールドカップ決勝のアル・アイン戦ではエリア外からのボレーシュートでゴールを決め、プレイヤーズ・オブ・ザ・マッチに選出された[5]。しかし、その3ヶ月後にソラーリが解任されジダンが復帰すると、ジョレンテは自身の怪我もあり出場機会が激減、シーズン終了前にジダンに戦力外通告を受け、クラブはレンタル移籍を勧めた[6]

アトレティコ・マドリード編集

2019年6月20日、ライバルのアトレティコ・マドリードに5年契約で移籍し、14番を着けた[7]。シーズン前半戦ではトーマス・パーテイサウールからポジションを奪えず、1月1日の第21節まで1試合もフル出場出来ず、前半のみでの交代は3試合もあった[8]。その後は右サイドハーフとして出場機会を増やしていき[9]、2020年3月11日、チャンピオンズリーグラウンド16、リヴァプール戦セカンドレグでは後半56分にジエゴ・コスタに代わって右サイドハーフに入ると、延長戦にペナルティーエリア外からの2つのミドルシュートとアルバロ・モラタへのアシストをし、チームの逆転勝利、準々決勝進出に貢献した[10]。リーグ戦の中断を挟み、シメオネによって攻撃的なポジションにコンバートされ、主にセカンドトップとしてリーグ戦全11試合に出場。2ゴール4アシストを記録し、 チームのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した[11]

2020-21シーズンはセカンドトップやサイドハーフ、更にはサイドバックや元々のポジションである中盤と様々なポジションで起用されると、このシーズンはリーグ戦12ゴール10アシストを記録しリーグ優勝に貢献した[12]。ラ・リーガにおいてイアゴ・アスパスとジョレンテだけがリーグ2桁ゴール・アシストを達成している。

代表経歴編集

U-19代表では公式戦8試合、U-21代表では公式戦3試合に出場した[8]

2020年11月7日、ルイス・エンリケ率いる、フル代表に初選出された[13]。2020年11月11日、オランダ代表戦で代表デビューを果たした。2021年5月24日、UEFA EURO 2020に臨むスペイン代表にDF登録で選出された[14]

プレースタイル編集

元々は守備的なミッドフィールダーとして、あるいは4バックの前でのプレーメーカーとして活躍し、セントラルやボックス・トゥ・ボックスミッドフィールダーなど、より高いポジションでもプレーすることができる。ディエゴ・シメオネ監督の下、アトレティコ・マドリードでは、最初は4-4-2のフォーメーションで中盤の右サイドで、後には同じシステムでセカンドトップとしてプレーした[15]

2019-20シーズン終了時点で、最高時速35.09km/hを記録しており、これはリーグ6位の速さだった[16]。ペース、身長、体力、スタミナなどの身体的属性以外にも、優れたボール奪取能力、短距離・長距離を問わない先見性のあるパス、ドリブル、ファーストタッチ、ペナルティエリアのすぐ外からのシュートなどが強みとなっており、複数の得点につながっていた。

トレーニング態度と忍耐力でシメオネホルヘ・バルダーノから称賛された[17][18]

家系編集

ジョレンテの家系は、レアル・マドリードと密接に結びついており、サッカー選手とバスケットボール選手を多く輩出してきた[19]

父親はアトレティコ・マドリードでデビューし、レアル・マドリードでプレーしたパコ・ジョレンテで、おじにはレアル・マドリードに所属したフリオ・ジョレンテがいる。また、おじにはジョー・ジョレンテトニーン・ジョレンテがおり、いずれもレアル・マドリード・バスケットボールでプレーした。大叔父(父方)は、レアル・マドリードの伝説的選手であり、名誉会長を務めているパコ・ヘント、バレンシアなどでプレーしたフリオ・ヘントラシン・サンタンデールなどでプレーしたアントニオ・ヘントがいる。母方の祖父はパコ・ヘントと同年代にレアル・マドリードでプレーし、黄金世代の一員であり、アトレティコ・マドリードでもプレーしたラモン・グロッソである[20]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントニオ・ヘントフリオ・ヘントパコ・ヘントアントニア・ヘント
 
 
 
ホセルイス・ジョレンテラモン・グロッソ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フリオ・ジョレンテトニーン・ジョレンテホエ・ジョレンテパコ・ジョレンテ
 
 
 
ヘル・モレノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セルヒオ・ジョレンテフアン・ジョレンテマルコス・ジョレンテ
  プロサッカー選手
  プロバスケットボール選手

個人成績編集

クラブ編集

2021年5月30日現在[21]
クラブ シーズン リーグ戦 国内カップ戦 欧州カップ戦 その他 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
レアル・マドリードB 2014-15 25 0 25 0
2015–16 33 3 4 0 37 3
合計 58 3 4 0 62 3
レアル・マドリード 2015–16 2 0 1 0 0 0 3 0
アラベス(ローン) 2016–17 32 0 6 0 38 0
レアル・マドリード 2017–18 13 0 6 0 1 0 0 0 20 0
2018–19 7 0 5 1 2 0 2 1 16 2
合計 22 0 12 1 3 0 2 1 39 2
アトレティコ・マドリード 2019–20 29 3 1 0 3 2 2 0 35 5
2020-21 37 12 0 0 8 1 - 45 13
クラブ通算 66 15 1 0 12 3 2 0 81 18
キャリア合計 178 18 19 1 15 3 8 1 220 23

タイトル編集

クラブ編集

レアル・マドリード
アトレティコ・マドリード

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 4試合 0得点(2020年- )


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2020 1 0
2021 3 0
通算 4 0

脚注編集

  1. ^ Cuando Marcos Llorente jugó con el Atlético de Madrid” (スペイン語). Marca.com (2019年6月20日). 2020年12月24日閲覧。
  2. ^ アラベス、レアル・マドリーの有望株を獲得 M・ジョレンテをレンタル Goal.com、2016年8月11日
  3. ^ 「2016-17!最も成長した若手ベストイレブンはこうなった」 Qoly、2017年6月3日
  4. ^ レアル、M・ジョレンテと2021年まで契約延長…武者修行経て今夏帰還サッカーキング(2017年9月24日)
  5. ^ Pérez, Gorka Rodrigálvarez (2018年12月26日). “Marcos Llorente vuelve a sonreír” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/deportes/2018/12/23/actualidad/1545586338_268605.html 2020年12月24日閲覧。 
  6. ^ Zidane empieza los cara a cara: ya le ha dicho a Bale que no cuenta con él” (スペイン語). Marca.com (2019年5月6日). 2020年12月24日閲覧。
  7. ^ Acuerdo para el traspaso de Marcos LlorenteAtlético de Madrid(2019年6月20日)
  8. ^ a b Marcos Llorente - Player profile 20/21” (英語). _. 2020年11月6日閲覧。
  9. ^ Marcos Llorente - Stats 20/21” (英語). _. 2020年12月24日閲覧。
  10. ^ 王者リバプール、CL16強で衝撃敗戦の戦犯は? 各英メディアが最低評価 最悪の大失態”. FOOTBALL ZONE WEB. 12 March 2020閲覧。
  11. ^ ジエゴ・コスタの決勝点で勝利したアトレティコが来季CLの出場権を獲得” (日本語). スポーツブル (スポブル). 2020年7月22日閲覧。
  12. ^ なぜ突然覚醒した? 昨季3得点のMFが“12得点10アシスト”と大暴れ” (2021年5月20日). 2021年5月30日閲覧。
  13. ^ ラモス、ファティ、モラタらスペイン代表25人発表 - 海外サッカー : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年11月6日閲覧。
  14. ^ “Oficial | Convocatoria de la Selección española para la EURO 2020” (スペイン語). スペインサッカー連盟. (2021年5月24日). https://sefutbol.com/oficial-convocatoria-seleccion-espanola-euro-2020 2021年5月24日閲覧。 
  15. ^ Atlético's Marcos Llorente enjoying new role and relishing Liverpool clash” (英語). AS.com (2020年2月15日). 2020年12月24日閲覧。
  16. ^ marcos-llorente-in-the-top-10-league-sprinters”. 2020年12月24日閲覧。
  17. ^ Valdano, Jorge (2018年12月30日). “Columna | Marcos Llorente, marine y monje” (スペイン語). El País. ISSN 1134-6582. https://elpais.com/deportes/2018/12/28/actualidad/1545993223_461399.html 2020年12月24日閲覧。 
  18. ^ Dunne, Robbie (2020年6月19日). “Marcos Llorente and the virtue of patience” (英語). Into the Calderon. 2020年12月24日閲覧。
  19. ^ Duque, N. (2016年11月15日). “Liga Endesa: Sociedad Deportiva Gento: el mejor árbol genealógico del deporte español” (スペイン語). Marca.com. 2020年12月24日閲覧。
  20. ^ 名門一家出身…レアルの20歳MFがデビュー「普段通りのプレーできた」 ワールドサッカーキング、2015年10月20日
  21. ^ Marcos Llorente”. Soccerway. 2017年4月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集