マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ

この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフェレイラ第二姓(父方の)はデ・ソウザです。

ラフィーニャ(Rafinha)こと、マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザMárcio Rafael Ferreira de Souza1985年9月7日 - )は、ブラジルパラナ州ロンドリーナ出身のサッカー選手ブラジルセリエAフラメンゴ所属。ポジションはディフェンダー

ラフィーニャ Football pictogram.svg
Rafinha 2016.jpg
2016年のラフィーニャ
名前
本名 マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ
Márcio Rafael Ferreira de Souza
ラテン文字 RAFINHA
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1985-09-07) 1985年9月7日(34歳)
出身地 ロンドリーナ
身長 172cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 フラメンゴ
ポジション DF (RSB, CB) / MF (RWB)
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2005 ブラジルの旗 コリチーバ 37 (3)
2005-2010 ドイツの旗 シャルケ04 153 (7)
2010-2011 イタリアの旗 ジェノア 34 (2)
2011-2019 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 163 (4)
2019- ブラジルの旗 フラメンゴ 20 (0)
代表歴2
2002-2005 ブラジルの旗 ブラジル U-20 8 (2)
2008  ブラジル U-23 8 (0)
2008- ブラジルの旗 ブラジル 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年12月14日現在。
2. 2019年3月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

北京オリンピックブラジル代表。2008年にブラジル代表に選出された。

経歴編集

クラブ編集

17歳でコリチーバFCにてプロデビュー。2シーズンで37試合出場し、3得点を記録した。

2005年8月21日コリチーバFCから移籍金500万ユーロでドイツシャルケ04へ移籍[1]。2010-11年シーズンはセリエAのジェノアでプレー[2]

2011年、バイエルン・ミュンヘンに移籍、完全なレギュラーではないもののある程度の出場機会を得て、2018-19年までプレーし、UEFAチャンピオンズリーグや7度のリーグ優勝など数々のタイトルを獲得した。

2019年6月からCRフラメンゴに移籍[3] 、11月には決勝でアルゼンチンのリーベルを2-1で下し、リベルタドーレスカップに優勝した。

代表編集

2005年に行われたFIFA U-20ワールドカップでは2得点を記録。シリア戦とドイツ戦で共に勝ち越しゴールをあげ、ブラジル代表の3位獲得に貢献した。

2008年3月26日スウェーデン戦の73分にダニエウ・アウヴェスとの交代でピッチに立ち、セレソンデビューを果たした[4]。 それ以降は代表から遠ざかり、ドイツ市民権を取得したこともあり、ドイツ代表に鞍替えする可能性が取り沙汰されていたが、クラブでの活躍が評価され、2014年に6年ぶりに代表招集された。

タイトル編集

クラブ編集

バイエルン・ミュンヘン
CRフラメンゴ

記録編集

代表歴編集

出場大会など編集

脚注編集

  1. ^ uefa.com (2005年8月22日). “ラフィーニャがシャルケに加入”. 2009年2月21日閲覧。
  2. ^ Genoa refit continues with Rafinha”. UEFA.com (2010年8月4日). 2011年7月14日閲覧。
  3. ^ Official: Bayern Munich’s Rafinha has signed with Flamengo”. bavarianfootballworks.com (2019年6月10日). 2019年6月10日閲覧。
  4. ^ ワールドカップのデータベース【WorldCup's world】. “国際親善試合結果(2008/3/26)”. 2009年2月21日閲覧。

外部リンク編集