メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグラノリェルス第二姓(母方の)はプジョルです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マルセル・グラノジェルス

マルセル・グラノリェルス・プジョルMarcel Granollers Pujol, 1986年4月12日 - )は、スペインバルセロナ出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス4勝、ダブルス15勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス19位、ダブルス4位。「グラノジェルス」の表記揺れも多い。

マルセル・グラノリェルス
Marcel Granollers
Tennis pictogram.svg
Granollers MA14 (15) (14239566018).jpg
マルセル・グラノリェルス
基本情報
フルネーム Marcel Granollers Pujol
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 カタルーニャ州バルセロナ
生年月日 (1986-04-12) 1986年4月12日(33歳)
身長 190cm
体重 77kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2003年
ツアー通算 19勝
シングルス 4勝
ダブルス 15勝
生涯獲得賞金 10,516,457 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2009-10・12-13)
全仏 4回戦(2012・14・16)
全英 2回戦(2009-10・14-16・19)
全米 4回戦(2013)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2013・16)
全仏 準優勝(2014)
全英 ベスト8(2008・10)
全米 準優勝(2014)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 19位(2012年7月23日)
ダブルス 4位(2013年2月25日)
2017年12月9日現在

2014年全仏オープン男子ダブルス2014年全米オープン男子ダブルス準優勝。2012年ATPワールドツアー・ファイナル男子ダブルス優勝。マスターズ1000では優勝1回・準優勝4回。

来歴編集

グラノリェルスは5歳でテニスを始め、2003年にプロに転向。しばらくは下部ツアーを転戦した。4大大会では2006年ウィンブルドンで予選を勝ち上がり初出場した。

2008年4月のヒューストン大会で初めての決勝に進出しジェームズ・ブレークを6–4, 1–6, 7–5で破りツアー初優勝する[1]

グラノリェルスは4大大会では1、2回戦での敗退が続いていたが、2011年全米オープンで初めて3回戦に進出した、しかし3回戦のフアン・カルロス・フェレーロとの試合を途中棄権した。2011年はスイス・オープン・グシュタードバレンシア・オープンで2勝を挙げ、最終ランキング27位となりトップ30入りを果たした。

2012年全仏オープンで初めて4大大会で4回戦に進出した。ロンドン五輪でオリンピックに初出場した。マルク・ロペスと組んだダブルスの1回戦でイスラエルのジョナサン・エルリック/アンディ・ラム組に6–7(5), 6–7(3)で敗退した。最終戦のATPワールドツアー・ファイナルにもマルク・ロペスとのペアで決勝に進出しマヘシュ・ブパシ/ロハン・ボパンナ組を7-5, 3–6, [10-3]で破り優勝した。チェコとのデビスカップ決勝にも第3試合のダブルスにマルク・ロペスとのペアで出場したがトマーシュ・ベルディハ/ラデク・ステパネク組に6-3, 5-7, 5-7, 3-6で敗れた。スペインも通算2勝3敗で連覇を逃した。

2013年8月のオーストリア・オープンのシングルス決勝でフアン・モナコを0-6, 7–6(3), 6–4で破り1年9カ月ぶりのシングルスツアー4勝目を挙げた。全米オープンでは2度目の4大大会シングルス4回戦に進出した。4回戦では第1シードのノバク・ジョコビッチに3-6, 0-6, 0-6で完敗している。

2014年全仏オープン男子ダブルスではマルク・ロペスとのダブルスで初めて4大大会ダブルスの決勝に進出した。ジュリアン・ベネトー/エドゥアール・ロジェ=バセラン組に3-6, 6-7(1)で敗れ準優勝となった。全米オープンでもマルク・ロペスとのペアで決勝に進出したがブライアン兄弟に3-6, 4-6で敗れた。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 7回 (4勝3敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (1-1)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3–2)
サーフェス別タイトル
ハード (1–1)
クレー (3-2)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2008年4月20日   ヒューストン クレー   ジェームズ・ブレーク 6–4, 1–6, 7–5
準優勝 1. 2010年11月7日   バレンシア ハード (室内)   ダビド・フェレール 5–7, 3–6
優勝 2. 2011年7月31日   グシュタード クレー   フェルナンド・ベルダスコ 6–4, 3–6, 6–3
優勝 3. 2011年11月6日   バレンシア ハード (室内)   フアン・モナコ 6–2, 4–6, 7–6(3)
準優勝 2. 2012年7月15日   ウマグ クレー   マリン・チリッチ 4–6, 2–6
優勝 4. 2013年8月3日   キッツビュール クレー   フアン・モナコ 0-6, 7–6(3), 6–4
準優勝 3. 2014年4月13日   カサブランカ クレー   ギリェルモ・ガルシア=ロペス 7–5, 4–6, 3–6

ダブルス: 34回 (15勝19敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2008年4月20日   ヒューストン クレー   パブロ・クエバス   エルネスツ・ガルビス
  ライナー・シュットラー
5–7, 6–7(3)
優勝 1. 2009年2月14日   コスタ・ド・サイペ クレー   トミー・ロブレド   ルーカス・アーノルド・カー
  フアン・モナコ
6–4, 7–5
優勝 2. 2009年2月22日   ブエノスアイレス クレー   アルベルト・マルティン   ニコラス・アルマグロ
  サンティアゴ・ベントゥーラ
6–3, 5–7, [10–8]
優勝 3. 2009年10月22日   モスクワ ハード
(室内)
  パブロ・クエバス   フランティシェク・チェルマク
  ミハル・メルティナク
4–6, 7–5, [10–8]
準優勝 2. 2009年11月8日   バレンシア ハード
(室内)
  トミー・ロブレド   フランティシェク・チェルマク
  ミハル・メルティナク
4–6, 3–6
準優勝 3. 2009年11月15日   パリ ハード
(室内)
  トミー・ロブレド   ダニエル・ネスター
  ネナド・ジモニッチ
3–6, 4–6
優勝 4. 2010年1月10日   チェンナイ ハード   サンティアゴ・ベントゥーラ   盧彦勲
  ヤンコ・ティプサレビッチ
7–5, 6–2
優勝 5. 2010年2月14日   コスタ・ド・サイペ クレー   パブロ・クエバス   ルカシュ・クボット
  オリバー・マラチ
7–5, 6–4
準優勝 4. 2010年5月9日   エストリル クレー   パブロ・クエバス   マルク・ロペス
  ダビド・マレーロ
7–6(1), 4–6, [4–10]
準優勝 5. 2010年9月26日   ブカレスト クレー   サンティアゴ・ベントゥーラ   フアン・イグナシオ・チェラ
  ルカシュ・クボット
2–6, 7–5, [11–13]
優勝 6. 2011年1月15日   オークランド ハード   トミー・ロブレド   ヨハン・ブランシュトロム
  ステファン・フース
6–4, 7–6(6)
準優勝 6. 2011年2月6日   ザグレブ ハード
(室内)
  マルク・ロペス   ディック・ノーマン
  ホリア・テカウ
3–6, 4–6
準優勝 7. 2011年7月16日   シュトゥットガルト クレー   マルク・ロペス   ユルゲン・メルツァー
  フィリップ・ペッシュナー
3–6, 4–6
準優勝 8. 2012年3月3日   アカプルコ クレー   マルク・ロペス   ダビド・マレーロ
  フェルナンド・ベルダスコ
3–6, 4–6
準優勝 9. 2012年4月29日   バルセロナ クレー   マルク・ロペス   マリウシュ・フィルステンベルク
  マルチン・マトコフスキ
6-2, 6-7(7), [8-10]
優勝 7. 2012年5月20日   ローマ クレー   マルク・ロペス   ルカシュ・クボット
  ヤンコ・ティプサレビッチ
6-3, 6-2
準優勝 10. 2012年7月14日   ウマグ クレー   マルク・ロペス   ダビド・マレーロ
  フェルナンド・ベルダスコ
3–6, 6–7(4)
優勝 8. 2012年7月22日   グシュタード クレー   マルク・ロペス   ロベルト・ファラ
  サンティアゴ・ヒラルド
6–4, 7–6(9)
準優勝 11. 2012年8月12日   トロント ハード   マルク・ロペス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
1–6, 6–4, [10–12]
優勝 9. 2012年11月12日   ロンドン ハード
(室内)
  マルク・ロペス   マヘシュ・ブパシ
  ロハン・ボパンナ
7-5, 3–6, [10-3]
準優勝 12. 2013年8月18日   シンシナティ ハード   マルク・ロペス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
4–6, 6–4, [4–10]
優勝 10. 2014年2月16日   ブエノスアイレス クレー   マルク・ロペス   パブロ・クエバス
  オラシオ・セバジョス
7–5, 6–4
準優勝 13. 2014年6月2日   全仏オープン クレー   マルク・ロペス   ジュリアン・ベネトー
  エドゥアール・ロジェ=バセラン
3-6, 6-7(1)
準優勝 14. 2014年9月1日   全米オープン ハード   マルク・ロペス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
3-6, 4-6
準優勝 15. 2015年5月11日   ローマ クレー   マルク・ロペス   パブロ・クエバス
  ダビド・マレーロ
4-6, 5–7
準優勝 16. 2016年4月29日   バルセロナ クレー   パブロ・クエバス   ボブ・ブライアン
  マイク・ブライアン
5–7, 5–7
優勝 11. 2016年7月11日   ボースタード クレー   ダビド・マレーロ   マーカス・ダニエル
  マルセル・デモリネル
6–2, 6–3
優勝 12. 2016年10月10日   東京 ハード   マルチン・マトコフスキ   レイベン・クラーセン
  ラジーブ・ラム
6–2, 7–6(7–4)
優勝 13. 2016年10月24日   バーゼル ハード
(室内)
  ジャック・ソック   ロベルト・リンドステット
  マイケル・ヴィーナス
6−3, 6−4
優勝 14. 2017年2月24日   ロッテルダム ハード
(室内)
  イワン・ドディグ   ヴェスレイ・コールホフ
  マトウェー・ミッデルコープ
7–6(7–5), 6–3
準優勝 17. 2017年4月14日   マラケシュ クレー   マルク・ロペス   ドミニク・イングロット
  マテ・パビッチ
4–6, 6–2, [9–11]
準優勝 18. 2017年5月11日   ローマ クレー   イワン・ドディグ   ピエール=ユーグ・エルベール
  ニコラ・マユ
6–4, 4–6, [3–10]
優勝 15. 2017年10月24日   バーゼル ハード
(室内)
  イワン・ドディグ   ファブリス・マルタン
  エドゥアール・ロジェ=バセラン
7–5, 7–6(6)
準優勝 19. 2017年11月15日   パリ ハード
(室内)
  イワン・ドディグ   ルカシュ・クボット
  マルセロ・メロ
6–7(3), 6–3, [6–10]

デビスカップ編集

優勝(2)編集

  スペインチーム ラウンド/相手
2011年 ラファエル・ナダル
ダビド・フェレール
フェルナンド・ベルダスコ
フェリシアーノ・ロペス
マルセル・グラノリェルス
1R: ベルギー 1–4 スペイン
QF: アメリカ 1–3 スペイン
SF: スペイン 4–1 フランス
FN: スペイン 3–1 アルゼンチン

※2008年優勝時も選出されていたが出場せず。

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン LQ A 1R 2R 2R 1R 2R 2R 1R 2R 2R 1R A 1R 6–11
全仏オープン A LQ 2R 1R 2R 2R 4R 1R 4R 2R 4R 1R LQ A 13–10
ウィンブルドン 1R LQ 1R 2R 2R 1R 1R 1R 2R 2R 2R 1R LQ 2R 6–12
全米オープン LQ LQ 1R 2R 2R 3R 2R 4R 3R 2R 1R A 1R 1R 11–11

脚注編集

外部リンク編集