メインメニューを開く

マルセロ・サラス

チリのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサラス第二姓(母方の)はメリナオです。

ホセ・マルセロ・サラス・メリナオ(José Marcelo Salas Melinao, 1974年12月24日 - )は、チリ共和国テムコ出身の元サッカー選手チリ代表の歴代最多得点の記録保持者。インディオマプチェ族から派生したアラウカナ族にルーツを持つ[2]

マルセロ・サラス Football pictogram.svg
Marcelo Salas 2015.jpg
2015年
名前
本名 ホセ・マルセロ・サラス・メリナオ
José Marcelo Salas Melinao
愛称 エル・マタドール(闘牛士)
ラテン文字 Marcelo SALAS
基本情報
国籍  チリ
生年月日 (1974-12-24) 1974年12月24日(44歳)
出身地 テムコ
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1996 チリの旗 ウニベルシダ・デ・チリ 77 (50)
1996-1998 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 53 (24)
1998-2001 イタリアの旗 ラツィオ 79 (34)
2001-2006 イタリアの旗 ユヴェントス 18 (2)
2003-2005 アルゼンチンの旗 リーベルプレート (loan) 32 (10)
2005-2006 チリの旗 ウニベルシダ・デ・チリ (loan)
2007-2008 チリの旗 ウニベルシダ・デ・チリ
代表歴
1994-2008[1] チリの旗 チリ 70 (37)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

1994年、ウニベルシダ・デ・チリでデビューを飾り、25試合で27得点を挙げる活躍を見せた。同年5月18日のアルゼンチン戦でチリ代表デビューを果たすと、いきなり得点を挙げた。ボールコントロールや精度の高いシュートなどで名を上げ、1996年にアルゼンチンのCAリーベル・プレートへ移籍。翌年にはフランスW杯南米予選では11得点を挙げてチリを4大会ぶりのワールドカップ出場に導き、自身も南米最優秀選手に選ばれた。1998年のフランスW杯では主将のイバン・サモラーノと2トップを組み、「ZaSaコンビ(サ・サコンビ)」として活躍して、チリの決勝トーナメント進出に貢献した。

その後、1998年にセリエASSラツィオへ移籍。翌1999-2000シーズンの同チームの優勝に貢献した。その活躍によって2001-02シーズンにユヴェントスFCへ移籍するも故障がちで活躍できず、2003年にリーベルプレートへ復帰した。さらに2005年からはキャリアをスタートさせたウニベルシダ・デ・チリでプレーした。同年、代表にも復帰し、サモラーノの持つ代表最多得点記録34得点を更新した。

2006年末、ウニベルシダ・デ・チリを退団。その後、MLSシカゴ・ファイアーのキャンプに参加し入団テストを受けたが合意に至らず、結局、2007年7月にウニベルシダ・デ・チリと再契約した。

敬虔なカトリック信者であり、ゴールを決めるたびに十字を切るパフォーマンスを披露する[要出典]

個人成績編集

代表での成績編集

出典[1]


チリ代表国際Aマッチ
出場得点
1994 3 1
1995 12 4
1996 11 6
1997 7 9
1998 10 10
1999 5 0
2000 7 2
2001 2 2
2002 0 0
2003 0 0
2004 4 0
2005 3 1
2006 0 0
2007 6 2
通算 70 37

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b José Marcelo Salas - Goals in International Matches”. rsssf.com. 2019年6月20日閲覧。
  2. ^ 金子義仁『ワールドサッカーすごいヤツ全集』フットワーク出版、1999年、p.51-57。ISBN 4-87689-330-6