マルタ・メードル

マルタ・メードルドイツ語Martha Mödl、1912年3月22日 - 2001年12月17日)は、ドイツオペラ歌手メゾソプラノ、後にドラマティックソプラノ)。二つの宮廷歌手の称号の持ち主[1]アストリッド・ヴァルナイビルギット・ニルソンと彼女は「戦後の3大ワーグナープリマドンナ」であった[2]。また、リヒャルト・シュトラウスエレクトラ』の最高のクリュテムネストラと謳われた。

マルタ・メードル
Martha Mödl
生誕 (1912-03-22) 1912年3月22日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国 ニュルンベルク
死没 (2001-12-17) 2001年12月17日(89歳没)
ドイツの旗 ドイツ シュトゥットガルト
ジャンル クラシック音楽
職業 声楽家メゾソプラノ
(ドラマティックソプラノ
オペラ歌手
マルタ・メードルの墓;ミュンヘン、東部墓地

生涯編集

ニュルンベルクで生まれる。カトリックではあるが世俗的な高等女学校であるイギリス修道会女学校(Congregatio Jesu)に通い、高校卒業資格を得た。彼女は12年間ピアノのレッスンを受けた。事務員として長く働いた後、地元の後援者のおかげで28歳のときに故郷で歌を学び始め、戦後に世界の主要な歌手の一人となった。

彼女は1943年にレムシャイトで歌手としての活動を開始し、ヘンゼルミニョンケルビーノカルメンなどの典型的なメゾソプラノ役を歌った。第二次大戦の最後の数か月間、彼女は砲弾を撃たなければならなかったが、レムシャイトでの契約はまだ有効だったので、戦後すぐに活動を再開することができた。1945年に彼女はライン・ドイツ・オペラに移籍し、 デュッセルドルフデュイスブルク(彼女はこのオペラハウスを死去までほとんど拠点とした)で、カルメンでデビューした。その後、ハンブルクミュンヘン[3]ローマミラノウィーンブエノスアイレステアトロ・コロンニューヨークメトロポリタン・オペラ[4] に相次いで出演した。

戦後のバイロイト音楽祭[5] で、彼女はドラマティックソプラノの役柄である『トリスタンとイゾルデ』イゾルデ、『ニーベルングの指輪』ブリュンヒルデ、『パルジファル』クンドリーに転向し、高名な同僚のアストリッド・ヴァルナイビルギット・ニルソンと代わるがわる演じた。1960年代にメゾソプラノに戻り、次第に個性的な役柄に専念し、いわゆる「新しい音楽(現代音楽)」にも積極的に取り組んだ。ハンス・ヴェルナー・ヘンツェギゼルハー・クレーベヴァルター・ハウプトヴィルフリート・ヒラーアリベルト・ライマンなどの作曲家は、特に彼女の演技力を高く評価していた。

1978年のガンダースハイマー大聖堂祭で、彼女はフェデリコ・ガルシーア・ロルカ原作、アリベルト・ライマン作曲の『ベルナルダ・アルバの家』でタイトルロールを務めた。これにより、彼女は1980年に最も優れた女優として「ロスヴィタ=リング」を受賞した。1988年には劇作家協会の「銀の葉」を受賞し、1999年にはバイエルンマクシミリアン科学芸術連盟勲章を受賞している。

2001年の初めまで、彼女はザールブリュッケンザールラント州立劇場ジェリー・ボック『アナテヴカ(屋根の上のヴァイオリン弾き)』ゴールデとしてデュッセルドルフ、チャイコフスキースペードの女王伯爵夫人としてケルン歌劇場ウィーン国立歌劇場マンハイム国立歌劇場で舞台に上がった。2000年の終わりに、彼女のために作曲されたアリベルト・ライマンのオペラ『幽霊ソナタ』の新制作版を歌っている。

2001年12月17日シュトゥットガルトで死去。89歳没。

彼女の墓はミュンヘンの東部墓地にある。

受賞歴編集

レパートリー/役柄(主なもの)編集

ディスコグラフィー(主なもの)編集

TV収録(主なもの)編集

参考文献(主なもの)編集

外部リンク編集

インタビュー

出典編集

  1. ^ Karl-Josef Kutsch、Leo Riemens:Großes Sängerlexikon. 3.、erweiterte Auflage. 6. Band、2000、S. 529. (CD-ROM-Version).
  2. ^ Walter Herrmann、Adrian Hollaender:Legenden und Stars der Oper. Von Gigli über Callas bis Domingo und Netrebko. Graz 2007、ISBN 978-3-7011-7571-0、S. 42.
  3. ^ Cornelia Hofmann、Katharina Meinel:Dokumentation der Premieren von 1653 bis 1992. In:Hans Zehetmair、Jürgen Schläder (Hrsg.):Nationaltheater. Die Bayerische Staatsoper. München 1992、ISBN 3-7654-2551-6 (Premieren mit Martha Mödl、S. 315、318、323–325、327、329、334–335、Foto S. 108).
  4. ^ Aufführungen mit Martha Mödl an der Metropolitan Opera in New York.(英語)
  5. ^ Aufführungen mit Martha Mödl bei den Bayreuther Festspielen.(ドイツ語)
  6. ^ Uwe Harten:Mödl、Martha. In:Österreichisches Musiklexikon online. 2001年5月6日、2018年11月2日閲覧(ドイツ語)
  7. ^ Ein langes Bühnenleben(ドイツ語)”. KLASSIK.com. 2020年7月19日閲覧。