メインメニューを開く

マルトゥニ地区 (ナゴルノ・カラバフ自治州)

Мартунинский район
Մարտունու շրջան
Мартуни рајону
マルトゥニ地区
Flag of the Azerbaijan Soviet Socialist Republic (1956–1991).svg アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国領内ナゴルノ・カラバフ自治州地区
1930年 - 1991年 Blank.png
 
Blank.png
マルトゥニ地区の位置
東端の領域
首都 マルトゥニロシア語版
歴史
 - 創立 1930年8月8日
 - 自治州の廃止とともに「ホジャヴェンド県アゼルバイジャン語版」に改称 1991年11月26日
人口
 - 1979 22,742 
現在 法令上アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン領のホジャヴェンド県であるが、「マルトゥニ地区ロシア語版」としてアルツァフ共和国の旗 アルツァフ共和国の実効支配下

マルトゥニ地区(マルトゥニちく、ロシア語: Мартунинский район, アルメニア語: Մարտունու շրջան, アゼルバイジャン語: Мартуни рајону)はアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国ナゴルノ・カラバフ自治州1930年から1991年まで存在した地区

沿革編集

1930年8月8日に設置[1]1991年の「ナゴルノ・カラバフ共和国」成立に伴いアルメニア人勢力はここをその行政区画マルトゥニ地区ロシア語版」としたが、一方のアゼルバイジャン最高会議 (ru) は同年11月26日の自治州解体に伴いマルトゥニ地区を「ホジャヴェンド県アゼルバイジャン語版」と改称することを決定した (s:az)。

人口推移編集

地区の民族別人口は以下のように推移している[2]

10,000
20,000
30,000
40,000
1939年
1959年
1970年
1979年
  •   総人口
  •   アルメニア人
  •   アゼルバイジャン人
  •   ロシア人

行政区分編集

1977年の時点で、地区にはマルトゥニ、クラスヌィー・バザールロシア語版の2と38の村、そしてそれらを管轄する2つの集落ソビエトタラシケヴィツァ版と16の村ソビエトロシア語版が存在した[3]。以下はその一部。

脚注編集

参考文献編集