メインメニューを開く

マルトオリゴシルトレハローストレハロヒドロラーゼ

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • マルトオリゴシルトレハローストレハロヒドラーゼ

マルトオリゴシルトレハローストレハロヒドロラーゼ(Maltooligosyltrehalose trehalohydrolase、マルトオリゴシルトレハローストレハロ加水分解酵素、MTHase)は、トレハロース生合成経路で働く酵素。系統名は、4-α-D-{(1→4)-α-D-glucano}trehaose trehalohydrolase[1]EC 3.2.1.141。GH13ファミリー。

マルトオリゴシルトレハローストレハロヒドロラーゼ
識別子
EC番号 3.2.1.141
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
テンプレートを表示

概要編集

マルトオリゴシルトレハローストレハロヒドロラーゼは、アミロースマルトオリゴ糖からマルトオリゴシルトレハロースシンターゼにより生成したグリコシルトレハロースのグリコシル基とトレハロースの間のα-1,4結合を加水分解し、トレハロースを生成する。マルトオリゴ糖、アミロースに作用して、α-アノマー糖を生成する弱いα-アミラーゼ作用がある[2]

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • トレハロース生成に関与する新規な酵素
  • 新規酵素による澱粉からのトレハロース製造 NAID 10005156131