マルハール・ラーオ・ホールカル

マルハール・ラーオ・ホールカル(Malhar Rao Holkar, 1693年3月16日 - 1766年5月20日)は、インドマラーター同盟ホールカル家の当主(在位:1731年 - 1766年)。

マルハール・ラーオ・ホールカル
Malhar Rao Holkar
ホールカル家当主
Maharaja Malhar Rao Holkar.png
マルハール・ラーオ・ホールカル
在位 1731年 - 1766年
別号 サルダール
マハーラージャ

出生 1693年3月16日
プネー近郊
死去 1766年5月20日
アーラムプル
子女 カンデー・ラーオ・ホールカル
家名 ホールカル家
父親 カンドゥージー・ホールカル
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

マラーター王国の武将として編集

1693年3月16日、マルハール・ラーオはカンドゥージー・ホールカルの息子として生まれた[1]

1717年、マルハール・ラーオはマラーター王国の遠征に従軍した[1]

1724年、マルハール・ラーオはサルダールに任命され、宰相バージー・ラーオの命により、ラーノージー・ラーオ・シンディアとともにチャウタサルデーシュムキーを徴収するためマールワー地方への遠征を行った[1]

1726年には、マールワーに12のジャーギールを与えられたばかりか、1728年には騎兵5000の指揮官となった[1]

マールワー地方の統治編集

 
マルハール・ラーオ・ホールカル

1731年11月2日、マルハール・ラーオはマールワー2州の支配を宰相から委ねられ、マラーター同盟の諸侯となった[1]1734年までにその支配はインドールマヘーシュワルにまで及んだ[1]

その後、マルハール・ラーオはバージー・ラーオの軍勢に随行し、1738年3月デリーの戦いでムガル帝国を破り、同年12月にはボーパールの戦いニザーム王国をはじめとする軍勢を破った。翌1738年1月に結ばれたボーパール条約では、ニザーム王国はマールワー地方を割譲せざるを得なかった。

また、ニザーム王国からのマールワーの割譲をムガル帝国に認めさせるため、1740年から1741年にかけて、王国宰相バーラージー・バージー・ラーオは帝国の首都デリーに向けて遠征を行い、同年7 月にその割譲と支配を認めさせた[2][2][3]。これにより、マラーター勢力のホールカル家の支配がマールワーに確立するところとなった。

1743年ジャイプル王国の内乱に介入し、マードー・シングに味方し、ラームプラバーンプラトーンクを割譲された[1]

1747年、マルハール・ラーオはインドールに巨大な宮殿ラージワーダーの建設を始めた[1]

ムガル帝国への介入とアフガン勢力との交戦編集

その後、マルハール・ラーオ・ホールカルはインドールを中心に勢力を広げ、1754年にはシンディア家とともに皇帝アフマド・シャーの廃位とアーラムギール2世の擁立に関与するなど、帝位継承を左右するほどとなった。だが、アフガン勢力ドゥッラーニー朝が頻繁に侵入してくるようになり、北進するマラーター勢力と南下するアフガン勢力の衝突は避けることが出来なかった[4]

1757年1月、アフガン王アフマド・シャー・ドゥッラーニーは帝国の首都デリーを占領し[4]、2月にデリーで虐殺・略奪を行い、その近郊マトゥラーヴリンダーヴァンでも同様に虐殺を行った。

これに対し、王国宰相バーラージー・バージー・ラーオは弟ラグナート・ラーオをデリーへと派遣し、マルハール・ラーオもこれに随行した。同年8月デリーの戦いでアフガン勢力を破ったのち、パンジャーブ地方への遠征に赴き、翌年5月の遠征終了までマラーター軍の一角として活動した[4]

1759年末、アフマド・シャー・ドゥッラーニーがラホールを奪うと、1760年にマラーター王国はヴィシュヴァース・ラーオサダーシヴ・ラーオ・バーウを指揮官にデリーへ軍勢を派遣、マルハール・ラーオもこれに合流し、8月にデリーを占拠した[4]。その後、11月にパーニーパトにおいて両軍は対峙した。

しかし、1761年1月14日第三次パーニーパトの戦いでマラーター同盟軍は大敗し[5]、マルハール・ラーオは辛くも逃げ延びることが出来た[1]。この大敗で同盟の結束は緩み、諸侯の独立性が強くなった。

編集

1766年5月20日、マルハール・ラーオ・ホールカルは死亡した。息子のカンデー・ラーオ・ホールカルは戦死していたため、孫のマーレー・ラーオ・ホールカルが当主位を継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Indore 3
  2. ^ a b 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p216
  3. ^ Peshwas (Part 3) : Peak of the Peshwas and their debacle at Panipat
  4. ^ a b c d 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p218
  5. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p219

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』山川出版社、2007年。 

関連項目編集