メインメニューを開く

マルフリート・ファン・オラニエ=ナッサウ

マルフリート・フランシスカ・ファン・オラニエ=ナッサウ(Margriet Francisca van Oranje-Nassau、1943年1月19日 - ) は、元オランダ女王ユリアナの三女。父は王配ベルンハルト。姉に前オランダ女王ベアトリクスイレーネ英語版、妹にクリスティーネ英語版がいる。現国王ウィレム=アレクサンダーの叔母であり、王位継承順位は最下位の8位である[1]

マルフリート・ファン・オラニエ=ナッサウ
Margriet Francisca van Oranje-Nassau
オラニエ=ナッサウ家
Prinses-margriet-okt-15-s.jpg
マルフリート王女(2015年)
全名 Margriet Francisca
マルフリート・フランシスカ
出生 (1943-01-19) 1943年1月19日(76歳)
カナダの旗 カナダ オンタリオ州オタワ オタワ市民病院英語版治外法権下)
配偶者 ピーテル・ファン・フォレンホーフェン英語版
子女 マウリッツ英語版
ベルンハルト英語版
ピーター=クリスティアーン英語版
フロリス英語版
父親 ベルンハルト
母親 オランダ女王ユリアナ
宗教 オランダ・プロテスタント教会英語版
テンプレートを表示
オランダ王室
Royal coat of arms of the Netherlands.svg

ウィレム=アレクサンダー国王
マクシマ王妃



目次

誕生編集

マルフリート王女は、オタワオタワ市民病院英語版[2]で、ユリアナとベルンハルトとの間に生まれた。ユリアナは女王ウィルヘルミナ推定相続人だった。

1940年6月にナチス・ドイツによってオランダが占領されて以来、オランダ王族はカナダに疎開していた。マルフリートが生まれるとき、オタワ市民病院のユリアナが滞在していた病室は、カナダ政府によって一時的に治外法権が宣言された[3][4][5]。これにより、病室はカナダの領域外ということにし、法的にどこの国にも属さない国際領土の扱いとした。これは、ユリアナが生んだ子供が、確実にオランダの国籍のみを有するようにするための措置であった。オランダは二重国籍を認めていないので、カナダ国籍を持っているとオランダ国籍を喪失することになる。当時のオランダの王位継承順位は男子優先だったため、生まれてくる子供が男子だった場合は王位継承順位が2人の姉よりも上になり、将来国王になる可能性が高くなる。

カナダ政府が病室をオランダ領と宣言したというのはよくある誤解である。オランダの国籍法は主に血統主義に基づいており、出生地がどこであってもオランダ国籍の者の子にはオランダ国籍が与えられるため、病室をオランダ領にする必要はなかった。カナダは出生地主義であり、カナダ領内で生まれた子供には自動的にカナダ国籍が与えられるため、一時的に「カナダ領ではない」と宣言することとなった。

マルフリートの名は、ナチス・ドイツへの抵抗の象徴として戦争中に身に着けられた花であるフランスギク英語版(margriet)にちなんで命名された。1943年6月29日、オタワのセント・アンドリュー長老派教会で洗礼を受けた。彼女の代父母は、アメリカ合衆国大統領フランクリン・D・ルーズベルト、イギリス王太后メアリー、ノルウェー王太子妃マッタと、ユリアナ王女のカナダでの女官のMartine Roellが務めた[6]

戦後編集

 
マルフリート王女(1964年)

オランダが解放された1945年8月、マルフリートは初めてオランダの地に立った。ユリアナとベルンハルトは、戦争前に住んでいたバールンスーストデイク宮殿英語版に戻った。

ライデン大学在学中に、将来の夫となるピーテル・ファン・フォレンホーフェン英語版と出会った。1965年3月10日に婚約が発表され、1967年1月10日にハーグ大聖ヤコブ教会英語版で結婚した[7]。このとき、2人の間の子供は「ファン・オラニエ=ナッサウ・ファン・フォレンホーフェン」(van Oranje-Nassau, Van Vollenhoven)の称号を名乗ると宣言された。2人の間にはマウリッツ王子英語版(1968年4月17日生)、ベルンハルト王子英語版(1969年12月25日生)、ピーター=クリスティアーン王子英語版(1972年3月22日生)、フロリス王子英語版(1975年4月10日生)の4人の子供がいる。

マルフリートの一家はアペルドールンヘット・ロー宮殿英語版に住んでいる。

活動編集

 
カナダ・チューリップ・フェスティバルに参加するためにオタワに到着したマルフリート王女(2002年5月)

1987年から2011年までオランダ赤十字社の副総裁を務めていた。オランダ赤十字社では、マルフリート王女基金を設立している。彼女は国際赤十字赤新月社連盟の理事である。

1984年から2007年までヨーロッパ文化財団英語版の会長を務めていた。財団では、彼女の業績に感謝してマルフリート王女文化多様性賞を設立した。

彼女は国際パラリンピック委員会の名誉委員である[8]

脚注編集

  1. ^ Current line of succession Archived 25 January 2011 at the Wayback Machine. – Official website of the Dutch Royal House
  2. ^ Princess Margriet Archived 12 December 2013 at the Wayback Machine.. koninklijkhuis.nl
  3. ^ Proclamation”. Canada Gazette (1942年12月26日). 2013年7月23日閲覧。
  4. ^ Second World War – 1943: Netherlands' Princess Margriet born in Ottawa. cbc.ca
  5. ^ 飛び地もどき?の地区”. 世界飛び地領土研究会. 2018年12月10日閲覧。
  6. ^ The Gift of Tulips. canadascapital.gc.ca
  7. ^ Orange Wedding 1967 (video). britishpathe.com
  8. ^ Honorary Board”. IPC. 2018年12月10日閲覧。

外部リンク編集

上位:
レオノール令嬢
オランダ王位継承権者
継承順位第 8
下位:
(最下位)