メインメニューを開く
本来の表記は「Marukatsu.gifPCエンジン」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

マル勝PCエンジン』(まるかつぴーしーえんじん)は、角川書店が刊行していたNECホームエレクトロニクスの家庭用ゲーム機・PCエンジン専門ゲーム雑誌

目次

沿革編集

マル勝ファミコン』の姉妹誌として1988年11月29日に創刊(同日、小学館も『月刊PCエンジン』を創刊している)。両誌は『マル勝ファミコン』が発行していたクーポン券「MAC(Marukatsu Attack Card)」を共通発行するなど、他社の機種別ゲーム雑誌と比べても特に強い結び付きが有った。

読者参加型ゲームファージアスの邪皇帝』や『女神スタジアム』を連載。ところが、編集を担当していた角川メディアオフィスの社員が一斉に退社して独立し、メディアワークス(現アスキー・メディアワークス)を設立して、1992年12月に『電撃PCエンジン(現『電撃G's magazine』)』を創刊。存続が危ぶまれたが、外部の編集プロダクションのマイクロデザイン第2編集部により編集が続けられた[1]。その際に、それまでの連載はほとんど打ち切られた。

『電撃PCエンジン』が事実上の『女神スタジアム』リニューアル企画である『女神天国』を開始したことなどもあり、それまでの読者をほとんど総ざらえに近い形で持って行かれ部数は低迷。1994年1月30日(月刊PCエンジン最終号と同日)発売の3月号で休刊した。

1990年8月号より、それまで誌上でイラストを担当していたイラストレーターの佐々木晃(TONG KING SHOW)が表紙デザインを行うようになり、1993年1月号まで毎号表紙のデザインを担当。そして、上記の角川メディアオフィスの社員の一斉退社が起こり、翌月1993年2月に電撃PCエンジンが新創刊されると、そのままスライドで移籍する形で表示デザインを担当することになる。ちなみにその後に続く電撃G'sマガジン1999年2月号まで氏のデザインのキャラクターが毎号表紙を飾っていた。

連載作品編集

読者参加企画編集

  • 水晶の王者(ゲームデザイン : 遊演体、シナリオ : 小泉雅也、絵 : 中村博文): 1989年1月号 - 1989年9月号
  • 黄昏狩人〈トワイライト・ハンター!〉(シナリオ : 姫崎せりか、絵 : 内田美奈子): 1989年11月号 - 1990年7月号(奇数月掲載)
  • さまよえる白金宮〈プラチナム・パレス〉(ゲームデザイン : 遊演体、シナリオ : 小泉雅也、絵 : 中村博文): 1989年12月号 - 1990年8月号(偶数月掲載)
  • ガイナウォーズ(企画・原案 : G/F PROJECT、システムデザイン・プログラム : ヒューマン、コミック : 高長歩): 1990年12月号 - 1991年12月号(偶数月掲載)
  • ファージアスの邪皇帝(企画・原案 : G/F PROJECT、システムデザイン・プログラム : ヒューマン、コミック : 薄葉士郎、絵 : 立神洋子・足立光): 1991年1月号 - 1992年1月号(奇数月掲載)
  • 女神スタジアム(キャラクターデザイン : 好実昭博・宮須弥、文芸 : きくたけ): 1992年5月号 - 1993年1月号
  • 大気圏突破アストロチャレンジ(監修 : 桐生那智、企画 : 楠原笑美・上原尚子・阪本良太・祥海、イラスト : 小林吏人・後藤隆之、制作 : GLAMS): 1993年2月号 - 1993年4月号
  • 宮廷狂想曲 ぷるぷるラプソディ(企画 : 菊池たけし、絵 : 桧月いかる・紗川麻理・思いあたる): 1993年3月号 - 1994年3月号
  • ブルーフォレスト神話(原作 : 伏見健二、絵 : 佐々野悟・相沢美良): 1993年4月号 - 1994年3月号

小説編集

漫画編集

  • ムッシュ・ゴリグリ鈴木・ド・ヤコペッティの優雅な生活(作 : しろー大野): 1989年9月号 - 1992年12月号
  • ロードス島戦記 ファリスの聖女(作 : 山田章博): 1991年6月号 - 1993年12月号
  • 正義の妖精 繁盛記(作 : 雛あびる): 1993年2月号 - 1993年11月号
  • イース 太陽の仮面(作 : 奥田ひとし): 1993年3月号 - 1994年3月号
  • RPGしませぅ(作 : フクちゃん): 1993年3月号
  • 爆裂ダイナマイトボディ(作 : 藤窪ひゃっほう): 1993年5月号

マル勝メガドライブ編集

1992年より『マル勝PCエンジン』(同誌の休刊後は『マル勝スーパファミコン』)増刊として刊行された隔月誌。『電撃メガドライブ』よりも刊行時期は長かったが、1994年3月に休刊。

出典編集

  1. ^ 『ゲームラボ』2010年10月号、三才ブックス、p.127