本来の表記は「臨⃝計画(臨の○囲み)」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

マル臨計画(まるりんけいかく)は、日本海軍の戦備計画。正式名称は「情勢ニ応ズル軍備欠陥補充」だが、通称として漢字の「臨」のまわりをマルで囲って「マル臨計画」と呼ばれた。艦艇55隻の建造が計画され52隻が竣工した。

概要編集

1940年(昭和15年)のヨーロッパ情勢の急変に伴い、対米開戦への対応の施策の一部として計画された[1]1938年(昭和13年)10月28日付け軍令部「支那事変に関連する第三次戦備促進」と、1940年8月の海軍省、軍令部とで決定した「急迫せる世界情勢に即応する戦備促進要領」において示された艦船の建造計画の一部を、「情勢ニ応ズル軍備欠陥補充」(マル臨計画)と呼び計画が進められた[1][2]。その内訳は潜水艦18隻、駆潜艇12隻、魚雷艇6隻、航空揮発油運搬艦6隻、掃海特務艇6隻、敷設特務艇4隻、運送艦3隻であり、合計55隻、5万7765トンである[1]。マル臨計画には、⑤計画の練習航空隊の内、7箇所17隊の繰上整備が含まれていた[2]

艦艇予算の総額は2億1167万3千円で、魚雷艇の建造予算は第74帝国議会より昭和14年度臨時軍事費として、駆潜艇・潜水艦・航空揮発油運搬艦の建造予算は第76帝国議会より昭和16年度艦艇製造費として、運送艦・掃海特務艦・敷設特務艦の建造予算は同第76帝国議会より昭和16年度臨時軍事費として承認された。

計画艦艇編集

  • 魚雷艇 - 6隻(120トン、58万0千円×6)
    第241号艦(第1号魚雷艇)、第242号艦(第2号魚雷艇)、第243号艦(第3号魚雷艇)、第244号艦(第4号魚雷艇)、第245号艦(第5号魚雷艇)、第246号艦(第6号魚雷艇)
  • 駆潜艇 - 12隻(5280トン、231万5千円×12)
    第221号艦(第28号駆潜艇)、第222号艦(第29号駆潜艇)、第223号艦(第30号駆潜艇)、第224号艦(第31号駆潜艇)、第225号艦(第32号駆潜艇)、第226号艦(第33号駆潜艇)、第227号艦(第34号駆潜艇)、第228号艦(第35号駆潜艇)、第229号艦(第36号駆潜艇)、第230号艦(第37号駆潜艇)、第231号艦(第38号駆潜艇)、第232号艦(第39号駆潜艇)
  • 潜水艦(中) - 9隻(8730トン、740万0千円×9)
    第201号艦(呂35)、第202号艦(呂36)、第203号艦(呂37)、第204号艦(呂38)、第205号艦(呂39)、第206号艦(呂40)、第207号艦(呂41)、第208号艦(呂42)、第209号艦(呂43
  • 潜水艦(小) - 9隻(4725トン、435万9千円×9)
    第210号艦(呂100)、第211号艦(呂101)、第212号艦(呂102)、第213号艦(呂103)、第214号艦(呂104)、第215号艦(呂105)、第216号艦(呂106)、第217号艦(呂107)、第218号艦(呂108
  • 給油艦(中) - 2隻(1万5900トン、1217万6千円×2)
    第219号艦(足摺)、第220号艦(塩屋
  • 給油艦(小) - 4隻(1万7840トン、730万0千円×4)※建造中止
    第233号艦(高崎)、※第234号艦(剣埼)、※第235号艦(神埼)、※第236号艦(聖埼)
  • 給糧艦 - 3隻(2760トン、211万0千円×3)
    第261号艦(早埼)、第262号艦(白埼)、第263号艦(荒埼
  • 掃海特務艇 - 6隻(1290トン、105万0千円×12)
    第251号艦(第1号掃海特務艇)、第252号艦(第2号掃海特務艇)、第253号艦(第3号掃海特務艇)、第254号艦(第4号掃海特務艇)、第255号艦(第5号掃海特務艇)、第256号艦(第6号掃海特務艇)
  • 敷設特務艇 - 4隻(1120トン、210万0千円×4)
    第257号艦(第1号敷設特務艇)、第258号艦(第2号敷設特務艇)、第259号艦(第3号敷設特務艇)、第260号艦(第4号敷設特務艇)

脚注編集

  1. ^ a b c 『日本海軍史』第4巻、52–53頁。
  2. ^ a b 『戦史叢書 軍戦備<1>』803ページ。

参考文献編集

関連項目編集

  • 戦備計画
マル臨 - マル急 - マル追 - マル戦