メインメニューを開く

マレーシア・スーパーリーグ

マレーシア・スーパーリーグ (マレー語: Liga Super Malaysia)、: Malaysian Super League)とは、2004年に創設された、マレーシアにおける国内最高峰のサッカーリーグである。

マレーシア・スーパーリーグ
加盟国 マレーシアの旗 マレーシア
大陸連盟 AFC
創立 2004年
ディビジョン 1
参加クラブ 12
リーグレベル 第1部
下位リーグ マレーシア・プレミアリーグ
国内大会 マレーシアカップ
マレーシアFAカップ
スルタン・ハジ・アフマド・シャー・カップ
国際大会 AFCチャンピオンズリーグ (プレーオフ)
AFCカップ
最新優勝クラブ ジョホール・ダルル・タクジムFC (2017)
最多優勝クラブ ジョホール・ダルル・タクジムFC(4回)
テレビ局 Media Prima
公式サイト 公式サイト
マレーシア・スーパーリーグ2018

マレーシア・スーパーリーグは、タイ・プレミアリーグと並んで東南アジアでトップクラスの地位と歴史を誇っている。

目次

概要編集

スーパーリーグ優勝チーム、及びマレーシアカップ優勝チームには、AFCカップ(アジアにおけるUEFAヨーロッパリーグ)の出場権が与えられる。

1921年から「マレーシアカップ」の名称でスタート。当初はカップ戦のみであったが、1979年にリーグ戦がスタート。

以前はシンガポールFA[1] も参加した例もあるが、八百長疑惑が持たれた影響で1994年を最後に撤退(追放)している。その後シンガポールでは国内リーグ「Sリーグ」を立ち上げるが、2012年からマレーシアとシンガポールのサッカー協会の相互の若手育成策の一環で、「シンガポール・ライオンズXII」がSリーグではなく、マレーリーグに招待加盟。18年ぶりにシンガポールからの参加クラブが誕生した[2]

2003年までは、通称Mリーグとして大会1部リーグ(プレミア1)にはマレーシア14州を代表するクラブチーム(実質的には州サッカー連盟が運営するため、州選抜)と警察、軍隊などの国家機関のサッカー部4クラブを加えた18クラブの総当り2回制でリーグ戦を行い、1部リーグ戦上位12クラブと2部リーグ(プレミア2)の上位4クラブの16クラブが日本天皇杯に相当するトーナメント戦・「マレーシアカップ」に進出した。また1部17,18位と2部1,2位が翌年度入れ替わった。

これを2004年から再編してより密度の濃い試合を提供することになった。これにより1部(スーパーリーグ)8クラブ、2部(プレミアリーグ)18クラブとし、1部リーグ所属全クラブは成績無関係でもれなくマレーシアカップの出場権を得るようになった。2部はA,Bの2グループ制(各9クラブずつ)となった。また1部の7,8位クラブと2部の各組1位クラブが翌年度の自動入れ替えとなった。

その後チーム数が増えて、現在1部14・2部12の26チームで構成されているが、2013年から1部12・2部14に変更される[3]

1部は1月上旬に開幕し、その前週にマレーシアカップ王者とスーパーリーグ王者によるスーパーカップ(Charity Shield)が開催される。リーグ戦は7月上旬または中旬で終了し、優勝クラブが決定する。その後、マレーシアカップが8月~10月の日程で行われる。また、1月下旬よりFAカップマレーシアが行われ、6月までリーグ戦と並行して試合が行われる。

参加クラブ(2017シーズン)編集

歴代優勝クラブ編集

  • 2004 パハンFA
  • 2005 ペルリスFA
  • 2005-06 ネグリ・スンビランFA
  • 2006-07 ケダFA
  • 2007-08 ケダFA
  • 2009 セランゴールFA
  • 2010 セランゴールFA
  • 2011 ケランタンFA
  • 2012 ケランタンFA
  • 2013 シンガポール・ライオンズXII
  • 2014 ジョホール・ダルル・タクジムFC
  • 2015 ジョホール・ダルル・タクジムFC
  • 2016 ジョホール・ダルル・タクジムFC
  • 2017 ジョホール・ダルル・タクジムFC

歴代得点王編集

シーズン 選手 所属 得点
1989   ザイナル・アビディン・ハッサン セランゴールFA 12
1990   アリスター・エドワーズ シンガポールFA 13
1991   アッバス・サード ジョホールFA 11
1992   ザイナル・アビディン・ハッサン パハンFA 12
1993   モハマド・ハシム・ムスタファ ケランタンFA 13
1994   モハマド・ハシム・ムスタファ ケランタンFA 25
1995   スコット・オルレンショー サバFA 22
1996   スコット・オルレンショー サバFA 18
1997   レーパーシ・ラースロー ペラFA 19
1998   ヴヤチェスラフ・メルニコフ パハンFA 17
1999   アズマン・アドナン ペナンFA 13
2000   アジズル・カマルディン パハンFA 12
2001   ノリザム・アリ・ハッサン ペラFA 13
2002   ムハマド・カリド・ジャムルス ペラFA 17
2003   フィリモン・チェピタ プルリスFA 23
2004   インドラ・プトラ・マハユディン パハンFA 15
2005   ジュリオ・セーザル・ロドリゲス
  ザカリア・シムコンダ
サバFA
プルリスFA
18
2005-06    マンジョウ・ケイタ ペラFA 17
2006-07    マンジョウ・ケイタ
  モハマド・シャーラーゼン・サイード
ペラFA
ブルネイDPMM FC
21
2007-08   マーロン・アレックス・ジェームズ ケダFA 23
2009   モハマド・ニザルディン・ユソフ プルリスFA 18
2010   アシャーリ・サムスディン トレンガヌFA 18
2011   アブドゥル・ハジ・ヤハヤ トレンガヌFA 20
2012   ジャン=エマニュエル・エッファ・オウォナ
  フランシス・ドー
ヌグリ・スンビランFA
トレンガヌFA
15
2013   マーロン・アレックス・ジェームズ ATM FA 16
2014   パウロ・ランゲル セランゴールFA 16
2015   ドラマネ・トラオレ PDRM FA 19
2016   ホルヘ・ペレイラ・ディアス ジョホール・ダルル・タクジムFC 18
2017   モハマド・ガダル ジョホール・ダルル・タクジムFC/ケランタンFA 23

主な日本人選手編集

国外提携リーグ編集

2015年2月日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)とパートナーシップ提携を結んだ[4]

脚注編集

  1. ^ サッカーシンガポール代表とは必ずしも同一ではなく、シンガポール協会運営のクラブチームという位置づけだった。
  2. ^ 逆に、マレーシアからはハリマウ・ムダ(ヤング・タイガース)がSリーグに派遣されている
  3. ^ シンガポールサッカーの探求「シンガポールライオンズXIIとマレーシアリーグ」(2012年3月13日。2012年6月12日閲覧)
  4. ^ Jリーグ、マレーシアリーグと協定締結(2015年2月6日 日刊スポーツ 2015年2月13日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集