マレーシア工科大学

マレーシア工科大学マレー語: Universiti Teknologi Malaysia)は、マレーシアジョホール州に本部がある理工系の公立大学(国立大学)。略称はUTM。

マレーシア工科大学
Universiti Teknologi Malaysia
UTM maingate.jpg
別名 UTM
旧称 Technical School
モットー Kerana Tuhan Untuk Manusia
モットー (英語) In the Name of God for Mankind
種別 公立大学
設立年 1904年
所在地 マレーシア
ジョホール州スクダイ
公式サイト www.utm.my/
テンプレートを表示

マレーシアで最も古い理工系大学である。メインキャンパスはジョホールバル郊外のスクダイに、分校は首都のクアラルンプールに位置する。

歴史編集

1904年にマレー連合州の鉄道、測量、公共事業に関する技術アシスタントを育成する目的でトリーチャー・テクニカルスクール(Treacher Technical School)として創立された。[1]

1972年に、1971年大学法に基づき、国立工科大学(Institut Teknologi Kebangsaan)として設立された。1975年に現在の名称となった。

2020年のQS世界大学ランキングでは、アジア46位、マレーシア国内で5位であった。また、2019年のTHE世界大学ランキングではアジア125位、マレーシア国内で4位であった。[2][3]

脚注編集

関連項目編集