マンサード屋根

二段階の勾配を持つ寄棟屋根

マンサード屋根(マンサードやね、: Mansard roof)とは、屋根の形態の一種である。

マンサード屋根
マンサード屋根の宮城県知事公館

概要編集

17世紀のフランス建築家フランソワ・マンサールが考案したとされる屋根で、寄棟屋根の、外側の4方向に向けて2段階に勾配がきつくなる外側四面寄棟二段勾配屋根である。天井高を大きくとったり、屋根裏部屋を設置したりするのに適している。マンサード様式などとも呼称される。

ギャンブレル屋根との違い編集

 
ギャンブレル屋根

マンサード屋根は腰折屋根とも訳されるが、腰折屋根は切妻ギャンブレル屋根である。混同されるケースが多い。