メインメニューを開く

マンシングウェアオープン KSBカップ

マンシングウェアオープン KSBカップは、2008年まで行われていた日本ゴルフツアー機構(JGTO)公認の男子プロゴルフトーナメントの一つである。

目次

大会概要編集

この大会の母体となったのは瀬戸内海放送(KSB)主催で開かれていた「KSB瀬戸内海オープンゴルフトーナメント」(1991年からはKSBオープンゴルフトーナメント)である。開始当初はツアー賞金ランキング対象外の後援競技だったが、1989年にツアー公認(賞金ランキング加算大会)に昇格。瀬戸内海放送の地元・香川県に本社を置くゴルフボールメーカーのキャスコや、ゴルフ用品メーカーのテーラーメイドゴルフ、パソコンソフトメーカーのジャストシステムノベルなどと協賛提携して開催してきた。

2000年からスポンサーデサントが就任し、それまで開催した「デサントクラシック マンシングウェアカップ」(1991年創設。それ以前は後援競技・「デサント大阪オープンゴルフ」として開催)と大会を統合して現在の大会となった。毎年瀬戸内海放送のサービスエリアである岡山県、香川県のゴルフコースが舞台となっているが、2001年2003年兵庫県神戸市北区の六甲国際ゴルフ倶楽部で開催された。2004年以降は岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズゴルフクラブに舞台を移しで開催されていた。

2007年大会では、当時高校1年のアマチュア選手である石川遼が、通算12アンダー(276ストローク)で優勝し、日本男子ゴルフツアーの最年少優勝記録を更新した。石川の15歳8カ月の優勝は、1977年日本オープンセベ・バレステロスが記録した日本男子ゴルフツアーの最年少優勝記録である20歳7カ月はおろか、日本女子ゴルフツアーで宮里藍がアマチュア時代の2003年に記録した最年少優勝記録である18歳101日を大きく更新する結果となった。

しかし冠スポンサーのデサントが経営不振を理由に2008年大会をもってスポンサーから撤退。新たなスポンサーを探していたが難航。2009年4月に発表されたJGTOの正式なツアー日程から漏れ、幕を下ろすことになった。

2008年実績、賞金総額1億円、優勝賞金2000万円。

歴代優勝者編集

デサントクラシック マンシングウエアカップ編集

開催年 優勝者名 開催地 開催ゴルフ場
1992年 金子柱憲 兵庫県三木市 センチュリー吉川ゴルフ倶楽部
1993年 西川哲 センチュリー三木ゴルフ倶楽部
1994年 ブライアン・ワッツ
1995年 東聡
1996年 木村政信 茨城県稲敷市 江戸崎カントリー倶楽部
1997年 ピーター・テラベイネン
1998年 ディネッシュ・チャンド 千葉県市原市 太平洋クラブ市原コース
1999年 河村雅之

1999年までのKSBカップ編集

開催年 優勝者名 スコア 開催地 開催ゴルフ場
1989年 尾崎直道 -7 香川県さぬき市 志度カントリークラブ
1990年 倉本昌弘 +7 岡山県赤磐市 山陽ゴルフ倶楽部・吉井コース
1991年 木村政信 -15 香川県さぬき市 志度カントリークラブ
1992年 奥田靖己 -6 岡山県赤磐市 山陽ゴルフ倶楽部・吉井コース
1993年 尾崎健夫 -12
1994年 高見和宏 -7 岡山県総社市 鬼ノ城ゴルフ倶楽部
1995年 リック・ギブソン -17
1996年 鈴木亨 -13
1997年 深堀圭一郎 -12
1998年 カルロス・フランコ -17 香川県高松市 鮎滝カントリークラブ
1999年 金子柱憲 -13 岡山県玉野市 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ

マンシングウェアオープン KSBカップ編集

開催年 優勝者名 スコア 開催地 開催ゴルフ場
2000年 片山晋呉 -14 岡山県玉野市 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ
2001年 ディネッシュ・チャンド -17 兵庫県神戸市北区 六甲国際ゴルフ倶楽部
2002年 久保谷健一 -11 香川県高松市 鮎滝カントリークラブ
2003年 宮瀬博文 -13 兵庫県神戸市北区 六甲国際ゴルフ倶楽部
2004年 三橋達也 -18 岡山県玉野市 東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ
2005年 藤田寛之 -18
2006年 武藤俊憲 -14
2007年 石川遼(当時アマチュア) -12
2008年 谷原秀人 -18

テレビ中継編集

テレビ中継に関しては、第1日目・第2日目は瀬戸内海放送のローカル番組として(以前は広島ホームテレビなど一部の局でも生放送で放送していた事があったが、現在は深夜枠での録画放送)、第3日目・最終日はテレビ朝日系列全国24局ネットで放送していたほか、CS放送のスカイ・A sports+でも午前中の競技を実況生中継していた。実況アナウンサーは、地上波は1990年代中頃までは当時瀬戸内海放送アナウンサーだった前川俊文が担当。前川が降板した後はテレビ朝日からアナウンサーを派遣(主に森下桂吉)していたが、2003年大会からは瀬戸内海放送アナウンサーの多賀公人が担当(それ以前には多賀が第3日目を、森下が最終日の実況をするパターンもあった)していた。またスカイ・A sports+では朝日放送のアナウンサーが実況していた。テレビ朝日と朝日放送の制作協力だった。

大会名称の変化編集

  • 1980年 - 1990年 テーラーメイド瀬戸内海オープン
  • 1991年 - 1993年 テーラーメイドKSBオープンゴルフトーナメント
  • 1994年 ユナイテッド航空KSBオープンゴルフトーナメント
  • 1995年 - 1996年 ノベルKSBオープンゴルフトーナメント
  • 1997年 ジャストシステムKSBオープンゴルフトーナメント
  • 1998年 KSBオープンゴルフトーナメント
  • 1999年 GEORGIA KSBカップ
  • 2000年 - 2008年 マンシングウェアオープンKSBカップ

アクセス編集

東児が丘マリンヒルズゴルフクラブに移った2004年から2008年までは、天満屋バスステーション岡山駅宇野線宇野駅、また会場から少し離れた位置にある臨時の無料駐車場から会場までの無料シャトルバスが運行されていた。

外部リンク編集