マンスール・アブー=バクル

マンスール・アブー=バクルアラビア語 الملك المنصور سيف الدين أبو بكر بن الملك الناصر محمّد بن الملك المنصور قلاوون الألفي الصالحي النجي al-Malik al-Manṣūr Sayf al-Dīn Abu-Bakr b. al-Malik al-Nāṣir Muhammad b. al-Malik al-Manṣār Qalāwūn al-Alfī al-Ṣālihī al-Najmī, 1321年頃 - 1341年)は、バフリー・マムルーク朝の第16代スルターン(在位:1341年)。

マンスール・アブー=バクル
سيف الدين أبو بكر
マムルーク朝第16代スルターン
在位 1341年
出生 1321年
死去 1341年
王家 カラーウーン家
王朝 バフリー・マムルーク朝
父親 ナースィル・ムハンマド
テンプレートを表示

生涯編集

1331年に父ナースィル・ムハンマドはアブー=バクルの弟アーヌークを後継者に指名していたが、1340年にアーヌークが没したため、アブー=バクルが後継者に指名された[1]

1341年6月7日にアブー=バクルはスルターンに即位する[2]。翌7月に若年のアブー=バクルを補佐するためにナースィルの治世に廃止されていたスルターンの代理職であるエジプト総督と財務を司るワズィール職が再び設けられた[2]。同年8月にアブー=バクルは執政のカウスーンによって廃位され、上エジプトに移された後に殺害された[2]。カウスーンはアブー=バクルの母親の夫であるエジプト総督トゥクズダムルを失脚させ、5歳のクジュクをスルターンに擁立した[2]

脚注編集

  1. ^ 大原『エジプト マムルーク王朝』、75-76頁
  2. ^ a b c d 五十嵐『中世イスラーム国家の財政と寄進 後期マムルーク朝の研究』、22,25-26頁

参考文献編集

  • 五十嵐大介 『中世イスラーム国家の財政と寄進 後期マムルーク朝の研究』(刀水書房, 2011年1月)
  • 大原与一郎 『エジプト マムルーク王朝』(近藤出版社, 1976年10月)