メインメニューを開く

マンデラ 自由への長い道』(原題: Mandela: Long Walk to Freedom)は、ジャスティン・チャドウィック監督、ウィリアム・ニコルソン英語版脚本、イドリス・エルバナオミ・ハリス出演による2013年イギリス南アフリカ伝記映画である。反アパルトヘイト運動家英語版で元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラの著書『自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝英語版』(1995年)を原作としている[5]

マンデラ 自由への長い道
Mandela: Long Walk to Freedom
監督 ジャスティン・チャドウィック
脚本 ウィリアム・ニコルソン英語版
原作 ネルソン・マンデラ
自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝英語版
製作 アナント・シン
デヴィッド・M・トンプソン英語版
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインスタイン
サンジーヴ・シン
スディール・プラグジー
キャメロン・マクラッケン
フランソワ・イヴェルネル
出演者 イドリス・エルバ
ナオミ・ハリス
音楽 アレックス・ヘッフェス英語版
主題歌 U2
オーディナリー・ラヴ英語版
撮影 ロル・クロウリー
編集 リック・ラッセル
製作会社 Videovision Entertainment
Distant Horizon
Origin Pictures
配給 イギリスの旗 パテ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公開 カナダの旗 2013年9月7日TIFF
南アフリカ共和国の旗 2013年11月28日
イギリスの旗 2014年1月3日
日本の旗 2014年5月24日
上映時間 139分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
 南アフリカ共和国[2]
言語 英語
製作費 $35,000,000 [3]
興行収入 $27,333,835[1]
1億2700万円[4] 日本の旗
テンプレートを表示

ストーリー編集

父親から「問題児」という意味のロリシュラシュラと名付けられた少年時代のネルソン・マンデラは、7歳で親元を離れ一人前の男になるための儀式に参加させられる。そこでマンデラは数々の試練を乗り越えたあと、民衆の力は強いという教えを受けて一人前の男と認められ、故郷を離れる。

それから数年後の1942年、白人によって支配されていた南アフリカヨハネスブルグオリバー・タンボとともに弁護士事務所を開いているマンデラは、弱い立場の黒人たちを助けるため弁護を引き受けていた。彼は何度もANCのウォルター・シスルから会議への参加を勧誘されていたが、抗議活動以外の方法があると考えているマンデラは彼の申し出を固辞し続けていた。その夜、マンデラの知り合いのジャクソンが酔っ払って歩いているとき警官に止められ、パスを忘れていたジャクソンは彼らに連行され、警察署で暴行を受けて死亡する。しかし警察は事件を隠蔽するため、ジャクソンの死因を病死とする報告書を作成し、そのことにマンデラは判事に抗議するが取り合ってもらえない。黒人のための法律がないと憤ったマンデラは、シスルやアーメッド・カトラダたちと話し合った末、ANCに参加することを決める。

エヴリン・マセと結婚したマンデラは、シスルからバスボイコットを持ちかけられる。彼からただ理想を語るだけでは民衆が振り向いてくれないと言われ、まず生活に密着したバス料金の値上げの抗議活動を行うという。マンデラ自身もANCの活動にのめり込んでいたため、彼が活動に参加することを心配しているエヴリンに冷たく当たってしまう。シスルが予告通りにバスボイコットをしているのを見たマンデラは、止めるエヴリンに心配ないと話しボイコットへと加わる。時が過ぎ1948年、白人政権がアパルトヘイトを推し進めるなかマンデラとエヴリンの間に男の子のテンビが生まれ、3人はソウェトのオーランド・タウンシップに引っ越す。その後ANCの活動も活発になり、マンデラは家族に会わない日が多くなる。

ある日黒人たちの前で演説をしたマンデラは、演説終了後そのなかにいた女性と関係を持つ。彼が久しぶりに帰宅すると、家庭を顧みない夫に対して積もり積もった怒りを爆発させたエヴリンが調理器具で殴りかかり、彼女を組み伏せたマンデラはもう一緒には暮らせないと話し離婚を決める。広場に集まった黒人の群衆の前でマンデラは、ボーア人ばかり優遇する政権に対して抗議を示そうと群衆に奮起を促し、集団で白人用の駅構内に乗り込む。拘留されたのち釈放されたマンデラは1人で会いに来たテンビと話した後、故郷の村を訪れ母親に近況を話す。その後マンデラは病院のソーシャルワーカーであるウィニー・マディキゼラと知り合い、彼女に惹かれたマンデラはプロポーズしウィニーもそれを受け入れる。 1960年、ANCの活動もむなしく白人政権はアパルトヘイトを推し進め、そのことを抗議しに来た黒人たちへ警察は発砲し多くの死傷者を出す。丸腰の民衆に発砲するという行為に激怒したマンデラは、今までは非暴力だった運動を暴力も伴う運動に変えることを決意する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ネルソン・マンデラ イドリス・エルバ 江原正士
ウィニー・マンデラ ナオミ・ハリス 樋口あかり
ウォルター・シスル トニー・キゴロギ 三宅健太
アーメッド・カトラダ英語版 リアード・ムーサ英語版 各務立基
レイモンド・ムラバ英語版 ゾラニ・ムキヴァ
アンドリュー・ムランゲニ シモ・モグワザ
ゴヴァン・ムベキ英語版 ファナ・モコエナ
エリアス・モツォアレディ英語版 タペロ・モコエナ
ジェイムズ・グレゴリー ジェイミー・バートレット英語版 尾花かんじ
コビー・クッツェー ディオン・ロッツ 武田幸史
エヴリン・マセ テリー・フェト英語版 慶長佑香
アルバート・ルツーリ セロ・マーク
パトリック・レコタ ゼンゾ・ンゴーベ
F・W・デクラーク ジス・ドゥ・ヴィリエ
ニール・バーナード英語版 カール・ベウクス
ジンジ・マンデラ リンディウェ・マチキザ 合田絵利
裁判長 ルイス・ヴァン・ニーカーク 伊藤和晃
看守長 ロバート・ホッブズ 田原正治
ブラム・フィッシャー アンドレ・ジェイコブス 山岸治雄
デ・コック夫人 ミシェル・スコット 水野千夏
ブライアン・ウィドレイク テオ・ランディ 野沢聡

スタッフ編集

日本語版スタッフ

  • 日本語字幕:松浦美奈
  • 吹替翻訳:いずみつかさ
  • 吹替演出:高田浩光
  • 吹替録音・調整:戸島聡
  • 吹替製作:スタジオ・エコー
  • 吹替製作監修:船橋美里
  • 日本語版製作:DISNEY CHARACTER VOICES INTERNATIONAL, INC.

製作編集

『マンデラ 自由への長い道』は南アフリカの反アパルトヘイト活動家で政治家のネルソン・マンデラの自伝『自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝』に基づいている。プロジェクトはプロデューサーのアナント・シンが投獄中のマンデラにインタビューした際に始まった[6]

音楽編集

2013年10月17日、U2が本作のために「オーディナリー・ラヴ英語版」を書き下ろしていることが明らかとなった[7]。バンドの公式ウェブサイトでは最初の短いスニペットを聞くことができた[8]

公開編集

ワールド・プレミアは2013年9月7日に第38回トロント国際映画祭で行われた[9][6]

ロンドンでは2013年12月5日にRoyal Film Performanceでプレミアが行われ、ウィリアム王子キャサリン妃がマンデラの娘のジンジとゼナニと一緒に出席した。本作の上映中にネルソン・マンデラの死が報告された。ウィリアム王子とキャサリン妃にはすぐにマンデラの死が伝えられ、エンドクレジット中にプロデューサーのアナント・シンとイドリス・エルバはステージへ上がってマンデラの死を観客に知らせ、黙祷を捧げた。劇場を出る際にウィリアム王子は記者にコメントし、「非常に悲しく悲劇的な知らせだ。私たちはネルソン・マンデラが非凡で勇ましさを持つ人物であることに気付かされた。今は彼と彼の家族のことを思い祈っている」と述べた。翌日南アフリカでは敬意を表して一時的に公開を取りやめたが、2013年12月7日に公開が再開された。[10][11][12]

批評家の反応編集

Rotten Tomatoesでは117件の批評家レビューで支持率は57%となった。「礼儀正しすぎるが、本作がイドリス・エルバの印象的な作品であること、命を鼓舞する力を示していることは否定しない」と総意が出された[13]Metacriticでは60件のレビューで加重平均値は60/100となった[14]

バラエティのスコット・フォンダスは「マンデラの自伝は軽い表現を使っていない」と述べたが、エルバの演技は賞賛し「マンデラの生涯を演じたエルバの演技力は際立っている」と話した[15]

USAトゥデイのクラウディア・ピュイグはエルバの演技についてはパワフルだったと褒めたが作品自体は強さがないと感じたと言い、「熱心と野心は、本作が南アフリカのアパルトヘイトを終わらせるため尽力したネルソン・マンデラの長い人生で起こった、あまりにも多くの事件を詰め込もうとしたために損なわれている。しかし主演俳優たちの才能、特にマンデラ役のイドリス・エルバの威厳ある演技は重厚さを加えている」と述べた[16]

Film.comのジョーダン・ホフマンは否定的な評価をし、「『マンデラ 自由への長い道』は蓄えておくべきだった。征服に対してつのる怒り、感動的な演説、不当な仕打ちに激怒するイドリス・エルバ、1人の人物の犠牲によって世界によりよい場所ができるまでを描写している。おかしく不快に聞こえるかもしれないが、本作を観た人は『パシフィック・リム』でキャンセリング・ジ・アポカリプスについてのエルバのばかばかしい演説以上に寒気を覚え、数ある退屈な映画よりも退屈に感じるだろう」とレビューを書いた[17]

一方で、ローリング・ストーンピーター・トラヴァースは星2個と半分の概ね肯定的な評価を下し、好評価の大部分は演技についてだった[18]

歴史考証編集

キングス・カレッジ・ロンドンで世界史の講師をしているDr.ヴィンセント・ヒリバレンはBBCヒストリー・マガジンのHistory Extraでのレビューで「(本作は)アパルトヘイト時代のマンデラの理解についてはっきり描いている。少なくとも彼が私達に知って欲しいことが示されている。本作はマンデラの人生をベースにしたものではなくマンデラ自身の言葉に基づいていて、批評家の自伝についての批判は本作に向けることもできる」と話している[19]

受賞とノミネート編集

受賞とノミネート一覧
部門 候補 結果
アカデミー賞[20] 歌曲賞 U2 - 「オーディナリー・ラヴ英語版 ノミネート
英国アカデミー賞[21] 英国作品賞 ジャスティン・チャドウィック、アナント・シン、デヴィッド・M・トンプソン、ウィリアム・ニコルソン ノミネート
ゴールデングローブ賞[22] 主演男優賞 (ドラマ部門) イドリス・エルバ ノミネート
作曲賞 アレックス・ヘッフェス英語版 ノミネート
主題歌賞 U2 & デンジャー・マウス英語版 - 「オーディナリー・ラヴ英語版 受賞
放送映画批評家協会賞[23] 歌曲賞 U2 - 「オーディナリー・ラヴ英語版 ノミネート

参考文献編集

  1. ^ a b Mandela: Long Walk to Freedom (2013)”. Box Office Mojo. 2014年1月13日閲覧。
  2. ^ Mandela Long Walk to Freedom”. British Film Institute. 2013年12月2日閲覧。
  3. ^ Mandela: Long Walk to Freedom, Dark Horizons”. Dark Horizons. 2014年7月26日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 98頁
  5. ^ Weinstein Company to release ‘Mandela: Long Walk to Freedom’”. Yahoo! (2013年2月22日). 2013年3月20日閲覧。
  6. ^ a b Nelson Mandela Biopic Explores What Makes a Fearless Leader Tick”. ローリング・ストーン (2013年9月14日). 2013年11月20日閲覧。
  7. ^ ‘Mandela: Long Walk to Freedom’ Trailer Features New U2 Song ‘Ordinary Love’”. The Wall Street Journal (2013年10月17日). 2013年10月18日閲覧。
  8. ^ Ordinary Love”. Live Nation (2013年10月17日). 2013年10月18日閲覧。
  9. ^ Nelson Mandela biopic to have world premiere at Toronto”. BBC News (2013年7月23日). 2013年8月24日閲覧。
  10. ^ Nelson Mandela death announced at Long Walk to Freedom film premiere”. The Guardian. 2014年7月26日閲覧。
  11. ^ Nelson Mandela Mourned By William and Kate at Royal Film Performance”. Variety. 2014年7月26日閲覧。
  12. ^ How 'Mandela' Royal Premiere Audience Reacted to News of Leader's Death (Exclusive Video)”. The Hollywood Reporter. 2014年7月26日閲覧。
  13. ^ Mandela: Long Walk to Freedom”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2014年1月13日閲覧。
  14. ^ Mandela: Long Walk to Freedom Reviews”. Metacritic. 2014年1月13日閲覧。
  15. ^ Leydon, Joe (2013年9月17日). “Toronto Film Review: ‘Mandela: Long Walk to Freedom’”. Variety. バラエティ. 2014年7月26日閲覧。
  16. ^ 'Long Walk to Freedom' doesn't do Mandela's journey justice”. Usatoday.com (2013年11月28日). 2014年7月26日閲覧。
  17. ^ The 100 Best Movie Scenes of 2013 (2013年11月29日). “Review: ‘Mandela: Long Walk to Freedom’”. Film.com. 2014年7月26日閲覧。
  18. ^ By Peter Travers (2013年11月27日). “'Mandela: Long Walk to Freedom' Movie Review | Movie Reviews”. Rolling Stone. 2014年7月26日閲覧。
  19. ^ Historian at the Movies: Mandela: Long Walk to Freedom reviewed”. History Extra. 2014年7月26日閲覧。
  20. ^ Nominees for the 86th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2014年1月17日閲覧。
  21. ^ 2013 Nominations”. BAFTA. 2014年1月8日閲覧。
  22. ^ “Golden Globe Awards Nominations: ‘12 Years A Slave’ & ‘American Hustle’ Lead Pack”. Deadline. (2013年12月12日). http://www.deadline.com/2013/12/golden-globe-awards-2014-nominations-full-list/ 2013年12月12日閲覧。 
  23. ^ Peter Gicas (2013年12月16日). “Critics' Choice Awards 2014: Complete List of Nominations”. E! Online. http://www.eonline.com/news/491238/critics-choice-awards-2014-complete-list-of-nominations 2013年12月16日閲覧。 

外部リンク編集