マントヴァーニMantovani, 1905年11月15日 - 1980年3月29日)は、イギリス編曲者指揮者。本名はアンヌンツィオ・パオロ・マントヴァーニ (Annunzio Paolo Mantovani)。多くのミリオンセラーヒットを持つ。

マントヴァーニ (1970年)

イタリアヴェネツィア生まれ。父親はヴァイオリニスト。4歳の時に家族揃ってロンドンへ移住する。彼のプロ・ミュージシャンとしてのスタートは、ロンドンのメトロ・ポール・ホテルの小編成のサロン・オーケストラを率いてである。1940年にイギリスのレコード会社デッカと契約し、亡くなるまでの40年間に述べ767曲も録音し、『シャルメーヌ』『グリーンスリーヴス』『ムーランルージュのテーマ』『80日間世界一周』等の大ヒット曲を飛ばし、ストリングスを上手く駆使したイージーリスニングの第一人者の一人として君臨した。アメリカのビルボード誌にNo.1ヒットはなかったものの、チャートインした曲は12曲ほどある。また、1953年11月4日には、イギリス・デッカ初のステレオ実験録音も、彼の楽団の演奏により行われた。

カスケーディング・ストリングス編集

マントヴァーニ・オーケストラの大きな特徴は、カスケーディング・ストリングスと呼ばれる、滝が流れるような (=cascading) きらびやかな効果を得る編曲法で演奏されていることである。ヴァイオリン・セクションを4パート程度に分け[注 1]、メロディの一部分をそれぞれのヴァイオリン・パートが代わる代わる演奏する。つまり、この編曲法では完全な主旋律を演奏しているヴァイオリン・パートは1つもない[注 2]。こうして、電気的エフェクトを一切使わず生演奏だけでヴァイオリン・セクションにリバーブがかかったような効果を得る[1]。エフェクターを使っていないので、生演奏でも同様に聞こえる。専属編曲家でオルガン奏者のロナルド・ビンジが、教会のオルガンを演奏するときの残響から着想を得た。

代表曲編集

  • 「シャルメーヌ」Charmaine(全米ヒットチャート最高位:10位(1951年11月17日付))
  • 「ムーラン・ルージュのテーマ」The Moulin Rouge Theme(全米ヒットチャート最高位:8位(1953年5月16日付))
  • 「グリーンスリーヴス」Greenslleves(全米ヒットチャート最高位:25位(1952年3月15日付))
  • 80日間世界一周Around The World(全米ヒットチャート最高位:12位(1957年6月10日付))
  • 「スエディッシュ・ラプソディー」Swedish Rhapsody
  • 「歌は終わりぬ」(エフエム東海エフエム東京(東京FM)の放送終了時(現在は日曜付終了時の月曜2時過ぎのみ)に演奏されている)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ いくつのパートに分けるかは公表されておらず、音楽評論家により諸説ある。
  2. ^ 主旋律の断片を担当していないときは休んでいるのではなく、別の音符を演奏している。

出典編集

  1. ^ 長尾公介『MANTOVANI DELUXE』FLASH、2頁。(CMA-10002)

外部リンク編集