マンノウォーMan O' War1917年 - 1947年)は、アメリカ合衆国競走馬種牡馬セクレタリアトと並ぶアメリカを代表する名馬である。『20世紀米国の100名馬ブラッド・ホース誌)』第1位。『20世紀のトップアスリートベスト100 (ESPN) 』第84位。全弟ジョッキークラブゴールドカップの勝ち馬のマイプレイがいる。

マンノウォー
Manowar1920.jpg
- Man O' War, 1920年 -
欧字表記 Man O' War
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1917年3月29日
死没 1947年11月1日(30歳没)
Fair Play
Mahubah
母の父 Rock Sand
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州
生産 オーガスト・ベルモントII世
馬主 サムエル D.リドル
調教師 ルイ・フューステル(アメリカ)
競走成績
生涯成績 21戦20勝
獲得賞金 249,465ドル
テンプレートを表示

現在に至るまで「アメリカ競馬史上最高の馬」の座を不動のものとしている馬であり、単に「優れた競走馬」ではなくベーブ・ルースと共に「時代を代表する英雄」として語られる存在である[1]

経歴編集

馬名編集

マンノウォーは1917年3月、ニューヨークジョッキークラブ会長のオーガスト・ベルモントII世が所有するナーサリー牧場で生まれた。

オーガスト・ベルモントII世の生産馬の馬名は、妻で元女優のエレノアが命名していた[2][注 1]。4月にアメリカが第一次世界大戦参戦を決めると、ベルモントII世は65歳ながら陸軍に志願し、補給担当官となってパリに出征した[2]。これをうけ、エレノア夫人は「My Man O' War」(私の戦争専門家[2])と命名した[2][注 2]

しかしまもなく、ベルモントII世は、軍務に集中するため当年うまれの子馬をすべて競りで売り払うように指示、1918年サラトガ・スプリングズで開催されたファシグ・ティプトンのスプリングセールに出品されたときには単に「Man O'War」という馬名になっていた[2]

愛称は赤味がかった栗毛の馬体に由来する「Big Red(ビッグレッド)」で、必要な場合をのぞきほとんどこの名前で呼ばれていた。

競走馬時代編集

マンノウォーは、サムエル D.リドルによって5000ドルで落札された。この落札はのちに「リドルの幸運はベルモントの不運」と称されることになる。

マンノウォーは1919年6月にデビューし、8月にかけて6連勝を飾った。7戦目のサンフォードメモリアルステークスでマンノウォーはスタートで出遅れ、第4コーナーで大きく外側を通ったあと内側によれ、ゴール前で今度は外側によれるという走りを見せ、2着に敗れた。このレースの優勝馬は番狂わせという競走馬名を持つアップセットで、のちに「マンノウォーに勝った唯一の馬」として知られるようになった。サンフォードメモリアルステークスのあと3連勝したマンノウォーは10戦9勝でこの年のシーズンを終えた。

1920年、マンノウォーはアメリカクラシック三冠第2戦のプリークネスステークスでレースに復帰した(第1戦のケンタッキーダービーに出走しなかった理由は不明である[3])。マンノウォーは同レースを優勝すると11日後にはウィザーズステークスにも優勝した。6月に行われたクラシック第3戦のベルモントステークスはドンナコーナとのマッチレースとなったが、ダート2200メートルのアメリカレコードを記録し、ドンナコーナに20馬身の着差をつけて優勝した。このマッチレースは当時の新聞によって「ダチョウガチョウの駆け比べ」と評されるほど一方的なものであった。

その後もマンノウォーは8戦8勝、うち6つのレースでレコードを更新するという非常に優秀な成績を収めた。中でもフードウィンクに100馬身もの着差をつけたローレンスリアライゼーションステークスでのマッチレースと、ジョンピーグライアーと接戦となり、直線で一瞬前に出られたもののゴール前で抜き返し1馬身半差で勝利したドワイヤーステークスでのマッチレースが有名である。10月にアメリカ競馬史上初の三冠馬・サーバートンとのマッチレースで7馬身差の勝利を収めたのを最後にマンノウォーは競走馬を引退し、種牡馬となった。獲得賞金は24万9465ドルで、アメリカ史上初めて獲得賞金が20万ドルを超えた競走馬となった。なお、マンノウォーの活躍を受けて馬主のリドルのもとには2回、それぞれ50万ドルと100万ドルという金額が提示されて購買の申し込みがあったが、リドルはこれを断っている。

種牡馬時代編集

 
スタイヴェサントハンデキャップ(1920年)

種牡馬となったマンノウォーはケンタッキー州にある牧場[4]で繋養された。リドルはマンノウォーの年間交配頭数を25頭に制限した[5]ため、マンノウォーの産駒はもっとも多い年でも23頭しか生まれなかった。それでも1926年にはアメリカのリーディングサイアーを獲得し、リーディングサイアー10位以内を10回記録した。

晩年は心臓に疾患を抱え、1947年11月1日、激しい疝痛を起こし心機能が低下したことを受けて安楽死処分された。おもな活躍馬にアメリカクラシック三冠馬ウォーアドミラルや後継種牡馬となったウォーレリックなどがいる。日本では直仔の月友が種牡馬として活躍し、さらに直系種牡馬のヴェンチアリンボーなども活躍を見せた。なお死後の1957年アメリカ競馬殿堂入りを果たした。

年度別競走成績編集

  • 1919年(10戦9勝、アメリカ最優秀2歳牡馬)
  • 1920年(11戦11勝、アメリカ年度代表馬、アメリカ最優秀3歳牡馬)
    • ベルモントステークス、ウィザーズステークス、ローレンスリアライゼーションステークス、プリークネスステークス、トラヴァーズステークス、ジョッキークラブステークス、ケニルワースパークゴールドカップ

主な産駒編集

ブルードメアサイアーとしての主な産駒編集

  • ドウバー(プリークネスステークス)
  • パボット(ベルモントステークス、ジョッキークラブゴールドカップステークス)

血統表編集

マンノウォー(Man O' War)血統マッチェム系 / Hermit5×5=6.25% Galopin5×5=6.25%) (血統表の出典)

Fair Play
1905 鹿毛
父の父
Hastings
1893 青鹿毛
Spendthrift Australian
Aerolite
Cinderella Tomahawk
Manna
父の母
Fairy Gold
1896 栗毛
Bend Or Doncaster
Rouge Rose
Dame Masham Galliard
Pauline

Mahubah
1910 鹿毛
Rock Sand
1900 黒鹿毛
Sainfoin Springfield
Sanda
Roquebrune St. Simon
St.Marguerite
母の母
Merry Token
1891 鹿毛
Merry Hampton Hampton
Doll Tearshieet
Mizpar Mangretor
Underhand Mare F-No.4-c


脚注編集

注釈編集

  1. ^ マンノウォーの母馬の「Mahubah(マフバー)」はアラビア語で「良いことがありそう」[2]
  2. ^ 山野浩一は、エレノア夫人によるこの命名「My Man O' War」は、夫のベルモントII世を称賛する意図なのか、それとも揶揄するものなのかははっきりしないとしている[2]

出典編集

  1. ^ SPORT SCALES NEW HEIGHTS IN 1920” (1920年12月26日). 2020年4月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 山野浩一、『伝説の名馬 partIV』、中央競馬ピーアール・センタ、平成9年。ISBN 4-924426-55-5。p138「私の戦争専門家」
  3. ^ 当時は現在と三冠体系が異なり、ウィザースステークス・ベルモントステークス・ローレンスリアライゼーションステークスがクラシック三冠に相当するレースであったとされ、ケンタッキーダービーは現在ほどの権威を持っていなかったと言われる。なお、この「旧」三冠体系に従えば、マンノウォーは「アメリカ三冠馬」と呼べる実績を持っている。
  4. ^ 1年目はリドルの知人の牧場、2年目以降はリドルが所有する牧場。
  5. ^ なぜ馬主が種付け数を制限したかについては諸説あるが、おもに言われているものとしては産駒の希少価値を出すことにより、産駒の価値、そして種牡馬としてのマンノウォーの価値をより高めようと意図したためであるといわれている。

参考文献編集

  • 原田俊治『世界の名馬』 サラブレッド血統センター、1970年

関連項目編集

外部リンク編集