メインメニューを開く

デビュー前編集

セレクトセールでは1億3000万円で落札された。当初は「フサイチ」の冠号で知られる関口房朗がセレクトセールで落札したが、その後、西川清と社台ファームの吉田照哉の共同所有となった。そのため同馬は、市場取引馬に関する優遇が受けられなかった。

戦績編集

2001年編集

デビュー戦は2001年1月29日東京芝2000mの新馬戦に出走し、2番人気に支持されたが3着。初勝利は2戦目の同年2月11日、東京芝1800mの新馬戦で単勝1.7倍という断然の人気に応えて勝った。しかしこの頃は体質が弱く、続く弥生賞では馬体重を前走より20キロも減らして4着、続くアザレア賞でも更に馬体重を16キロも減らした末の11着となり、春のクラシックには出走できずに休養に入った。

休養明けの復帰戦は札幌の富良野特別。放牧明けで馬体重をアザレア賞の時から+46キロと大幅に増やした状態ながら1番人気に推されて勝利し、続く阿寒湖特別では古馬相手に1番人気で勝ち、秋の上がり馬として菊花賞戦線に名乗りを挙げる。トライアルセントライト記念では4着に敗れたが、菊花賞では、逃げたマイネルデスポットをゴール直前で差しきり優勝、GI初勝利となった。

続く有馬記念では、GI7勝のテイエムオペラオーや、そのライバルメイショウドトウらを破り、GI2連勝を果たした。有馬記念で記録した上がり3F33.9秒は中山競馬場の2500m戦で確認されていた当時の最速の上がりであるだけではなく、2005年の湾岸ステークスまでは中山競馬場の2500m戦で確認された唯一の上がり3F33秒台であった。なお、2着に最低人気のアメリカンボスが入って万馬券となり、『マンハッタン+アメリカン』と同年に起きた米国同時多発テロの時事問題に掛けた名前の馬2頭でサイン馬券だと話題となり[1]、翌年の有馬記念の予想でもこのことが大きく取り上げられていた。

GIを2勝したものの同世代で日本ダービージャパンカップを制したジャングルポケットが年度代表馬および最優秀3歳牡馬に選出され、JRA賞受賞はならなかった。

2002年編集

2002年の初戦は、有馬記念と同じ中山芝2500mの日経賞。単勝1.2倍と圧倒的支持を受けたが、アクティブバイオの6着に敗れた。この際には、元来弱かった蹄の状態が悪化したことから、蹄を保護するための鉄橋鉄と呼ばれる特殊な蹄鉄を装着して出走しており、もともとが通常の蹄鉄より走りにくい上に、良馬場発表ながら直前に雨が降って滑りやすい馬場となっていたことが敗因といわれる[誰?]。しかし、次走の天皇賞(春)では、ジャングルポケットや、2年連続天皇賞(春)3着の菊花賞優勝馬ナリタトップロードが出走し三強対決といわれていたが、マンハッタンカフェが優勝しGI3勝目を挙げた。結局、対ジャングルポケットでは2戦負けなしだった。管理調教師の小島太は、騎手時代にはついに菊花賞、有馬記念、天皇賞(春)を勝てなかったが、同馬をもって調教師として勝利を挙げたこととなった(なお、小島太はこの時のマンハッタンカフェに関して、蹄の状態が思わしくなく、回避するか否かをずっと悩んでいたとインタビューや自身の著書で語っている)。

同年秋にはヨーロッパに遠征し、10月6日ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞に出走。これは吉田照哉の「強い馬を世界で走らせたい」という希望によるもので、これに調教師の小島も同調。共同オーナーである西川は遠征に反対したものの「2対1じゃあ仕方ない」と最後には遠征に同意したという[2]。ただ同レースでは5番人気に支持されながらも13着に終わった[3]上、レース後に屈腱炎を発症したことが判明し、引退した。

同年は天皇賞(春)を制したことが決め手となり、JRA賞では最優秀4歳以上牡馬を受賞した。

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2001. 1. 29 東京 3歳新馬 15 5 9 4.0(2人) 3着 蛯名正義 55 芝2000m(重) 2:06.5 (34.9) 0.2 トレジャー
2. 11 東京 3歳新馬 16 3 5 1.7(1人) 1着 蛯名正義 55 芝1800m(良) 1:49.8 (35.5) -0.3 (イサオヒート)
3. 4 中山 弥生賞 GII 8 7 7 21.4(5人) 4着 蛯名正義 55 芝2000m(不) 2:06.8 (38.4) 1.1 アグネスタキオン
4. 7 阪神 アザレア賞 16 5 10 4.0(2人) 11着 河内洋 55 芝2000m(良) 2:03.7 (35.9) 1.2 シノグラフィー
8. 4 札幌 富良野特別 12 5 6 2.0(1人) 1着 蛯名正義 54 芝2600m(良) 2:43.5 (35.6) -0.3 (シュプリゲン)
8. 26 札幌 阿寒湖特別 12 3 3 1.8(1人) 1着 蛯名正義 54 芝2600m(良) 2:43.1 (35.8) -0.1 (トーセンサンダー)
9. 16 中山 セントライト記念 GII 16 7 14 5.3(3人) 4着 二本柳壮 56 芝2200m(稍) 2:13.8 (36.3) 0.7 シンコウカリド
10. 21 京都 菊花賞 GI 15 2 2 17.1(6人) 1着 蛯名正義 57 芝3000m(良) 3:07.2 (34.0) -0.1 (マイネルデスポット)
12. 23 中山 有馬記念 GI 13 4 4 7.1(3人) 1着 蛯名正義 55 芝2500m(良) 2:33.1 (33.9) -0.2 アメリカンボス
2002. 3. 23 中山 日経賞 GII 8 8 8 1.2(1人) 6着 蛯名正義 58 芝2500m(良) 2:37.5 (34.9) 0.5 アクティブバイオ
4. 28 京都 天皇賞(春) GI 11 4 4 2.9(2人) 1着 蛯名正義 58 芝3200m(良) 3:19.5 (34.1) 0.0 ジャングルポケット
10. 6 ロンシャン 凱旋門賞 GI 16 12 8 13着 蛯名正義 59.5 芝2400m(良) 2:29.7 3.0 Marienbard

種牡馬時代編集

2003年より社台スタリオンステーション種牡馬として供用されている。2006年に初年度産駒がデビューし、2007年には第2世代目にあたるオリエンタルロックが産駒初の重賞制覇、2009年には第3世代目のジョーカプチーノがGI初制覇を遂げた。サイアーランキングでは2008年にベストテン入り(9位)を果たし、翌2009年にはリーディングサイアーを獲得した。また、2歳リーディングの方でも2008年に5位、2009年に7位、2010年には10位と、3年連続でベストテン入りを果たした。

他のサンデーサイレンス直仔の種牡馬が短距離、長距離、ダートなど得意条件が明確化していたのに対し、本馬は短・中・長距離、芝・ダート・AW、牡馬・牝馬問わず活躍馬を排出し、父サンデーサイレンスの長所であった「配合相手の長所を引き出す和合性」[4][5]を受け継いだ数少ない存在であった。

2015年に入り体調を崩し、約80頭に種付けを行ったが夏以降は衰弱が著しく、8月13日、社台スタリオンステーションにて放牧中に腹腔内腫瘍のため死亡した[6]

2017年9月3日、小倉5Rをメイショウテッコンが勝利し、産駒が史上18頭目のJRA通算1000勝を達成[7]

年度別種牡馬成績(中央+地方)編集

出走 勝利 順位 AEI 収得賞金
頭数 回数 頭数 回数
2006年 56 149 12 15 102 0.75 1億6477万9000円
2007年 174 885 63 98 27 1.17 8億1952万8000円
2008年 279 1708 128 217 9 1.51 16億9759万2000円
2009年 327 2187 144 269 1 2.01 26億4617万7000円
2010年 340 2215 139 240 5 1.73 23億6354万8000円
2011年 315 2044 131 208 5 1.97 24億3639万4000円
2012年 307 2092 123 195 9 1.53 18億1272万3000円
2013年 316 2249 120 236 7 1.75 21億5811万8000円
2014年 362 2309 126 203 8 1.36 19億6165万8500円
2015年 344 2335 141 247 8 1.38 19億2717万500円
2016年 339 2181 147 251 8 1.38 19億8637万4500円
2017年 293 2162 128 219 9 1.60 20億411万8000円

GI級競走優勝馬編集

太字はGI競走

 
レッドディザイア(2006年産)
 
ジョーカプチーノ(2006年産)
 
ヒルノダムール(2007年産)
 
グレープブランデー(2008年産)
 
クイーンズリング(2012年産)

グレード制重賞優勝馬編集

地方重賞優勝馬編集

ドラマ出演編集

2004年に関西テレビで制作され、全国放送されたドラマ『運命の出会い〜サラブレッドにかけた夢〜』に、父親であるサンデーサイレンス役で出演した。

血統表編集

マンハッタンカフェ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイロー系
[§ 2]

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
アメリカ
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
アメリカ
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
アメリカ
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

*サトルチェンジ
Subtle Change
1988 黒鹿毛
アイルランド
Law Society
1982 黒鹿毛
アメリカ
Alleged Hoist the Flag
Princess Pout
Bold Bikini Boldnesian
Ran-Tan
母の母
Santa Luciana
1973 黒鹿毛
ドイツ
Luciano Henry the Seyenth
Light Arctic
Suleika Ticino
Schwarzblaurot F-No.16-c
母系(F-No.) 16号族(FN:16-c) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ マンハッタンカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  2. ^ netkeiba.com マンハッタンカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  3. ^ JBISサーチ マンハッタンカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。
  4. ^ JBISサーチ マンハッタンカフェ 5代血統表2017年8月30日閲覧。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ スポニチバックナンバー
  2. ^ 競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)2010年4月号・p.72
  3. ^ マンハッタンカフェ、凱旋門賞13着”. netkeiba.com. 2017年9月4日閲覧。
  4. ^ さらば最強種牡馬サンデーサイレンス(『優駿』2002年10月号、25頁。)
  5. ^ 河村2003、192頁。
  6. ^ マンハッタンカフェ死亡”. netkeiba.com. 2017年9月4日閲覧。
  7. ^ マンハッタンカフェ産駒、JRA通算1000勝達成”. netkeiba.com. 2017年9月4日閲覧。
  8. ^ ジョーカプチーノ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  9. ^ ジョーカプチーノ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  10. ^ ヒルノダムール|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  11. ^ グレープブランデー|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  12. ^ クイーンズリングが差し切り悲願のGI初制覇!/エリザベス女王杯 (netkeiba.com 2016.11.13)
  13. ^ クイーンズリング|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年11月13日閲覧。
  14. ^ アーバニティ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  15. ^ セラフィックロンプ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  16. ^ マンハッタンスカイ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  17. ^ メイショウクオリア|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  18. ^ レッドアゲート|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  19. ^ オリエンタルロック|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  20. ^ ベストメンバー|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  21. ^ イコピコ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  22. ^ アントニオバローズ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  23. ^ フミノイマージン|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月3日閲覧。
  24. ^ テイエムオーロラ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  25. ^ エーシンモアオバー|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  26. ^ ガルボ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  27. ^ ゲシュタルト|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  28. ^ アロマカフェ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  29. ^ ハンソデバンド|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  30. ^ サンディエゴシチー|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  31. ^ ショウナンマイティ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  32. ^ トレンドハンター|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2016年1月1日閲覧。
  33. ^ ラブイズブーシェ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBBA. 2015年12月31日閲覧。
  34. ^ 2014年兵庫ゴールドトロフィー結果 - JBIS、2014年12月25日閲覧
  35. ^ 2015年名古屋大賞典レース結果 - JBIS 2015年3月27日閲覧
  36. ^ ルージュバックが23年ぶりの牝馬V! いざGIへ!/毎日王冠 (netkeiba.com 2016.10.09)
  37. ^ ルージュバック - netkeiba、2016年10月9日閲覧
  38. ^ シングウィズジョイ - netkeiba、2017年3月11日閲覧
  39. ^ シャケトラ - netkeiba、2017年4月14日閲覧
  40. ^ アメリカズカップ - netkeiba、2017年4月14日閲覧
  41. ^ クイーンマンボ - netkeiba、2017年10月6日閲覧
  42. ^ メイショウテッコン - netkeiba、2018年9月26日閲覧
  43. ^ マルノマンハッタン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月3日閲覧。
  44. ^ タガノマツカゼ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月3日閲覧。
  45. ^ ボストンリョウマ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月26日閲覧。
  46. ^ アートサハラ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月3日閲覧。
  47. ^ レジェンドロック”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年8月3日閲覧。
  48. ^ ベルセルク”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年2月21日閲覧。

外部リンク編集