マンハッタン・ミュニシパル・ビルディング

マンハッタン・ミュニシパル・ビルディング英語:Manhattan Municipal Building)は、ニューヨーク市マンハッタンシヴィック・センターに位置するニューヨーク市営のビルである。ミュニシパルとは「自治体の」という意味である。

マンハッタン・ミュニシパル・ビルディング
Municipal Building - New York City.jpg
所在地アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区
センター通り1号
座標北緯40度42分47秒 西経74度00分14秒 / 北緯40.71296389度 西経74.00388611度 / 40.71296389; -74.00388611
建設1909 - 1914年[2][3]
建築家ウィリアム・M・ケンダル
建築様式ルネサンス他
NRHP登録番号72000879 [1]
指定・解除日
NRHP指定日1972年10月18日
NYCL指定日:1966年2月1日

概要編集

マンハッタン・ミュニシパル・ビルは、1898年に周辺自治体と合併したニューヨーク市政府の組織が巨大化して足りなくなったオフィススペースを補うために建設された。1909年に建設が始まり、ニューヨークの都市美運動の最後として1914年に完成した[2][3]。有名な建築事務所であるマッキム・ミード・アンド・ホワイトウィリアム・M・ケンダルが設計している[2]。建物は、他のアメリカの都市の建築物にも大きな影響を与えている。そのボザール様式は、クリーブランドターミナル・タワーシカゴリグレー・ビルディング、スターリン時代のソ連のセブン・シスターズの建築の見本となっている。

建物は、チェンバーズ通りセンター通りの交差点に位置しており、住所はセンター通り1号である。ニューヨーク市地下鉄の駅と接続しており、周囲はシヴィック・センターと呼ばれる地区である。40階建ての高さは580フィート (180 m)で、世界最大の公共建築の1つである。ビルには、ニューヨーク市の13の機関が入っている。また、2009年にマンハッタン結婚局 (Manhattan Marriage Bureau) がセンター通り80号にある別の建物に移転する[4][5]まで、毎年1万8,000人[6]が2階のチャペルで結婚していた。

建物は、1966年にニューヨーク市歴史建造物に選ばれ[3]、1972年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録された。

1912年に建設中のビル
コリン・キャンベル・クーパーの描いた「チェンバーズ・ストリートと市営ビル」(1922年)

歴史編集

1884年のニューヨーク市の年次報告で、ニューヨーク市長フランクリン・エドソンは、事務所の拡張が必要であることに言及した。しかし、ニューヨーク市庁舎(シティ・ホール)を増築することは、外観の美を損なうので不可能であるとも述べた。

市の機関が増加するにつれ、ダウンタウンミッドタウンなどの民間の事務所ビルのスペースが使われるようになっていた。市政府は賃料の支払いを避けることを望んでおり、多くの機関を収容できる大型の事務所ビルの計画が浮上した。このため、建物の設計競技を開催することになった。

アブラム・ヒューイット市長は、1888年に、建設用地を検討する委員会を設立した。当時4つの案が提案されており、この競技が1888年から1907年まで続いた。用地の最終的な競技は、橋の理事たちによって開催された。彼は、ブルックリン橋のマンハッタン側の拠点となるトロリー・ハブの土地を既に所有していた。

設計競技は、最後に12の建築事務所が残っていた。採用されたのは、ウィリアム・ミッチェル・ケンダルとマッキム・ミード・アンド・ホワイトの若いパートナーだった[6]。彼らは、ジョージ・B・マクレラン市長からコンテストに出場するよう促されていた[6]。マッキム・ミードは、そのとき100人以上のスタッフを持つ世界最大級の建築事務所であった。マンハッタン市営ビルの設計は、この事務所にとって初めて手がける超高層ビルだった。

建設工事は1909年に開始され、1913年1月、ビルは建設中であったが一部使用が開始された。そして、1914年には全体が完成した。

現在のビルは、床面積100万平方フィート(90,000㎡)で、2,000人が働く13の機関を収容している。

建築編集

頂点にたつ「市民の栄誉の像」
南のアーケードのグアスタヴィーノ・タイル
コンスタンティヌスの凱旋門と似た中央のアーチ

ビル内では様々な彫刻やレリーフが使われている。ビルの中央のアーチは、コンスタンティヌスの凱旋門に似ており、建物もローマ建築のようなつくりである。現在のチェンバーズ・ストリートは、短くなっていて、東側に通り抜けできないが、昔はアーチの下を自動車が通り抜けることができた。円柱のコンクリートのスクリーンは、アーチの側面を補強している[3]

テラコッタヴォールトは、イタリア・ローマのファルネーゼ宮殿入口がモデルとなっている。また、南のアーケードの天井は、白いグアスタヴィーノ・タイルでできている[3]

建物のファサードは、1990年にワンク・アダムス・スラヴィンが復元している[2]

尖塔編集

1913年3月に取り付けられたビルの上に建つ「市民の栄誉の像」は、アドルフ・A・ウェインマンが制作した金めっきの像である。像は高さ25フィート(8メートル)で、マンハッタンで2番目に大きい。中心部のくぼんだ銅のシートのウェインマンのモデルからつくられ、その点は自由の女神像と似ている。像は、球体の上に裸足で建っており、栄誉を示すため、なだらかな服を着用し、王冠をかぶっている。彼女の左手には、ニューヨーク市の5つの行政区(マンハッタン、ブルックリン、ブロンクス、クイーンズ、スタテンアイランド)を表す5つに分かれた城壁冠を持っている。また、右手には勝利を表す盾を持つ。5つの丸屋根も、市の5つの行政区を表す。

オードリー・マンソン(1891 - 1996)は、ダニエル・チェスター・フレンチのモデルで、像のモデルともなった[7][8]アレクサンダー・ハミルトン税関の前にもたっている。また、彼女は恐らく、ペンシルヴァニア駅前の「Day」と「Night」の彫刻のモデルでもある。

ウェインマンはさらに、ビルの土台にあるパネルの寓話の彫刻もしている[3][7]

 
背後にあるサーグッド・マーシャル裁判所から撮影。

ビル内の機関編集

マンハッタン市営ビル内にあるニューヨーク市の公共機関には、次のようなものがある。

主な文化編集

ギャラリー編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ National Park Service (15 March 2006). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 2020年10月12日閲覧
  2. ^ a b c d White, Norval & Willensky, Elliot (2000). AIA Guide to New York City (英語) (4th ed.). New York: Three Rivers Press. ISBN 978-0-8129-3107-5, p.71
  3. ^ a b c d e f New York City Landmarks Preservation Commission; Dolkart, Andrew S.; Postal, Matthew A. (2009), Postal, Matthew A. (ed.), Guide to New York City Landmarks (4th ed.), New York: John Wiley & Sons, ISBN 978-0-470-28963-1, p.33
  4. ^ Chung, Jen (2008年10月5日). “Manhattan Marriage Bureau Gets Ready to Move”. Gothamist. http://gothamist.com/2008/10/05/manhattan_marriage_bureau_gets_read.php 2010年8月7日閲覧。 
  5. ^ Del Signore, John (2009年1月8日). “Manhattan Marriage Bureau Gets Makeover”. Gothamist. http://gothamist.com/2009/01/08/manhattan_marriage_bureau_gets_make.php 2009年6月9日閲覧。 
  6. ^ a b c Willis, Carol. "Municipal Building" in Jackson, Kenneth T., ed. (2010), The Encyclopedia of New York City (2nd ed.), New Haven: Yale University Press, ISBN 978-0-300-11465-2, p. 863-864
  7. ^ a b "Civic Fame"
  8. ^ "The Big Apple: Audrey Munson"

外部リンク編集

先代:
ハドソン・ターミナル
世界最大のオフィス
(床面積)
1913-1915
次代:
エクイタブル・ビル (マンハッタン)