メインメニューを開く

マーカミア・ルテアMarkhamia lutea[3]ノウゼンカズラ科常緑高木である。西アフリカから東アフリカにかけて分布する(参照: #分布)。

マーカミア・ルテア
Markhamia lutea at Peravoor (2).jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク上群 superasterids
階級なし : キク類 asterids
階級なし : asterids I
: シソ目 Lamiales
: ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae
: マーカミア属 Markhamia
: マーカミア・ルテア M. lutea
学名
Markhamia lutea (Benth.) K.Schum.[2]
シノニム
  • Dolichandrone hildebrandtii Baker
  • Dolichandrone lutea (Benth.) & Hook.f. ex B.D.Jacks
  • Dolichandrone platycalyx Baker
  • Markhamia hildebrandtii (Baker) Sprague
  • Markhamia platycalyx (Baker) Sprague
  • Muenteria lutea (Benth.) Seem.
  • Spathodea lutea Benth.

分布編集

生態編集

ケニアでは(川沿いの)森林(跡地)に見られるが、恐らく植栽によると思われるものも見られる[5]

特徴編集

高さ6-30メートルの高木で、樹皮は赤茶色で細かく裂け、古い樹幹には縦溝が走る[5]

葉は7-11枚の小葉を伴い、その葉脈腋は無毛か小さな毛の房が見られ、先鋭形である[5]

花は黄色で腋生か頂生の円錐花序で10センチメートル以下、花冠は長さ5-8センチメートルである[5]

果実は茶色く線形でねじれ、長さ40-80センチメートルとなる[5]

利用編集

ケニアキクユ人は本種の挿し木を所有地内の細かい区割りを示したり、家屋敷の入り口に植えて木陰作りに利用したりするなどしてきた[6]。ケニア西部のルヒヤ語圏では様々な儀式に用いられる[7]

薬用編集

東アフリカでは歯痛の際に樹皮を噛む、喉の病気の際には若芽か葉を噛んで液を飲む、目の悩み(特に結膜炎の場合)には若葉か葉を噛んでから患者の目に吹いてやるといった利用法が知られている[8]。近年の調査ではニエリ・カウンティのキクユ人で歯痛の場合に就寝前に樹皮を噛んで口をすすぐと答えた者もいる[9]

諸言語における呼称編集

コートジボワール:

ウガンダ:

ケニア:

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ BGCI & IUCN SSC Global Tree Specialist Group (2019).
  2. ^ Ulloa (2019).
  3. ^ 坂﨑 (1998).
  4. ^ Hassler (2019).
  5. ^ a b c d e f g h i Beentje (1994).
  6. ^ a b Leakey (1977).
  7. ^ Shisanya (2017).
  8. ^ Kokwaro (1993).
  9. ^ Kamau et al. (2016:6).
  10. ^ a b c Kerharo & Bouquet (1950:227).
  11. ^ a b c d e f g h i j Katende, Birnie & Tengnäs (2000).
  12. ^ a b c d e f Maundu & Tengnäs (2005).
  13. ^ Benson (1964).
  14. ^ Creider & Creider (2001).
  15. ^ Kokwaro & Johns (1998).

参考文献編集

フランス語:

英語:

日本語:

  • 坂﨑信之『日本で育つ 熱帯花木植栽事典』アボック社、1998年、888-9頁。

関連項目編集