マーガリー事件は、1875年に起きたイギリス人外交官オーガスタス・レイモンド・マーガリー (Augustus Raymond Margary)の殺害事件に端を発する、中英関係英語版の危機である[1][2]

マーガリー事件
各種表記
繁体字 馬嘉理事件
簡体字 马嘉理事件
拼音 Mǎjiālǐ Shìjiàn
英文 Margary Affair
テンプレートを表示

イギリス駐華公使館員だった下級外交官のマーガリーは、英領インド中国を結ぶ陸路の貿易ルートを探るため、上海から中国西南部を経て上ビルマバモーに派遣され、そこでホレス・ブラウン大佐に会うことになっていた[3][4]。マーガリーは、四川省貴州省雲南省を経由する約2,900キロメートルの行程を半年かけて移動し[5]1874年末にバモーでブラウンと面会した。上海への帰路、マーガリーは往路に通った道が安全ではないという噂を聞き、雲南省騰衝を経由するルートに変更した。しかし、現地の役人に到着を知らせていなかったため、現地住民と対立してしまったのである。1875年2月21日ビルマの境界付近の蛮允(マンユン、現在の雲南省徳宏タイ族チンポー族自治州盈江県太平鎮芒允)で起きた衝突で、彼と4人の中国人スタッフが現地住民のチンポー族に殺害された[6]

この事件は外交上の危機を招き、イギリス当局が清国政府に圧力をかける格好の口実となった。イギリス側は清に厳重な抗議を行った。この危機は、翌1876年にイギリス公使トーマス・ウェード李鴻章が、事件に無関係の条件も含まれた芝罘条約(煙台条約)に調印することによって、一応の解決を見た。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Correspondence Respecting the Attack on the Indian Expedition to Western China, and the Murder of Mr. Margary. Chinese Materials Center. (1876). p. 46. https://books.google.com/books?id=cEE6AQAAMAAJ&q=horace+browne+manwyne+chinese&pg=PA46 
  2. ^ http://www.mekong.ne.jp/directory/history/margary.htm
  3. ^ Great Britain. Parliament. House of Commons (1876). Parliamentary Papers, House of Commons and Command. H.M. Stationery Office. p. 4. https://books.google.com/books?id=-EcTAAAAYAAJ&q=horace+browne+manwyne+chinese&pg=RA4-PA46 
  4. ^ Great Britain. Parliament. House of Commons (1877). Accounts and Papers of the House of Commons. Ordered to be printed. p. 1. https://books.google.com/books?id=lTlcAAAAQAAJ&q=horace+browne+manwyne+chinese&pg=RA1-PA86 
  5. ^ John Anderson (1876). Mandalay to Momien: A Narrative of the Two Expeditions to Western China of 1868 and 1875, Under Colonel Edward B. Sladen and Colonel Horace Browne. Macmillan. p. 417. https://books.google.com/books?id=aGMdAAAAMAAJ&q=horace+browne+manwyne+chinese&pg=PA417 
  6. ^ Thomas Humphry Ward (1885). Men of the Reign: A Biographical Dictionary of Eminent Persons of British and Colonial Birth who Have Died During the Reign of Queen Victoria; Ed. by Thomas Humphry Ward. G. Routledge and sons. p. 600. https://books.google.com/books?id=8-dFAQAAIAAJ&q=horace+browne+manwyne+chinese&pg=PA600  The British Quarterly Review. L. Scott Publishing Company. (1876). p. 261. https://books.google.com/books?id=JrBHAQAAMAAJ&q=horace+browne+manwyne+chinese&pg=PA261 

参考文献編集

関連項目編集