マーガレット・キーン

マーガレット・D・H・キーン(Margaret D. H. Keane、ペギー・ドリス・ホーキンス、1927年9月15日 - 2022年6月26日[1][2]は、目の大きな人物の絵画で知られているアメリカ合衆国のアーティスト。1960年代に活躍した画家ウォルター・キーンの妻であったが、離婚後に自分が真の作者であると告白し、今日においてはマーガレットの主張が認められている。

マーガレット・キーン
生誕ペギー・ドリス・ホーキンス(Peggy Doris Hawkins)
(1927-09-15) 1927年9月15日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル
死没 (2022-06-26) 2022年6月26日(94歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カルフォルニア州ナパ
住居カリフォルニア州ナパ郡
職業アーティスト
子供1人
公式サイトwww.keane-eyes.com

2014年、ティム・バートンは彼女の伝記映画 『ビッグ・アイズ』を監督した。

参考文献編集

  1. ^ Margaret Keane Biography”. Biography.com. 2019年10月27日閲覧。
  2. ^ “Margaret Keane, Painter of Sad-Eyed Waifs, Dies at 94” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (2022年6月28日). https://www.nytimes.com/2022/06/28/arts/margaret-keane-dead.html 2022年6月29日閲覧。 

外部リンク編集