マーキュリー・フェニックス・トラスト

マーキュリー・フェニックス・トラストThe Mercury Phoenix Trust)は、世界規模でAIDSと戦うチャリティー財団である。

概要編集

HIV感染合併症によるニューモシスチス肺炎によってフレディ・マーキュリーが1991年にロンドンで死去した後、クイーンの残りのメンバーに彼らのマネージャーだったジム・ビーチ英語版を加えた4名は、エイズを意識するためのフレディ・マーキュリー追悼コンサートThe Freddie Mercury Tribute Concert for AIDS Awareness)を組織し、その収益がマーキュリー・フェニックス・トラストを始動させるための原資として使用された。この組織は、それ以来、現在に至るまでアクティヴに活動している。

現在の信託財産管理者は、ブライアン・メイ、ジム・ビーチ、メアリー・オースティン(フレディ・マーキュリーの長い友人でクイーンの楽曲・『ラヴ・オブ・マイ・ライフ』にて歌われた人物である)、そしてロジャー・テイラーの4名である。

外部リンク編集