メインメニューを開く

マーク・イングリスMark Joseph InglisONZM1959年9月27日 - )は、ニュージーランド出身の登山家環境学者ワイン醸造家演説家

目次

来歴編集

ハンマースプリングス生まれ。 リンカーン大学生化学を専攻。同大学にて学士号を取得後、白血病の研究を行う。

1982年11月、アオラキ/マウント・クック国立公園クック山を登山中、吹雪のために登山パートナーのフィリップ・ドゥールと共に氷窟に14日間立ち往生、ドゥールと共に両足が凍傷になり、救助後に膝から下を肢切断する。

2000年シドニーパラリンピックトラック1,000m自転車競技で銀メダルを獲得。

2002年1月7日、クック山に両足義足で再挑戦し登頂。この模様はドキュメンタリー映画"No Mean Feat: The Mark Inglis Story"で記録され公開された。

2003年ニュージーランド・メリット勲章を授与される。

2004年9月27日チョ・オユー登頂、両足義足者史上2人目の8,000m超登頂。

2006年5月15日エヴェレスト登頂、史上最初の両足義足者登頂成功。(デイヴィッド・シャープ項目参照)

2009年4月、リンカーン大学より名誉博士号(天然資源学)を授与される。

著書編集

  • No Mean Feat documents his entrapment and rescue from Mt. Cook, his successful summit of the same mountain in 2002, and his efforts in the Paralympics
  • To the Max: a Teen Reader's Version of No Mean Feat
  • Off The Front Foot offers views on coping with positive and negative aspects of life.

参照編集

外部リンク編集