マーク・ジョンソン (ミュージシャン)

マーク・ジョンソンMarc Johnson、1953年10月21日 - 、ネブラスカ州オマハ生まれ)は、アメリカのジャズ・ベース奏者、作曲家、バンド・リーダーである。ジョンソンはネブラスカ生まれのテキサス育ち。ブラジルのジャズ・ピアニストで歌手イリアーヌ・イリアスと結婚している[1]

マーク・ジョンソン
Marc Johnson
出生名 Marc Alan Johnson
生誕 (1953-10-21) 1953年10月21日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ネブラスカ州オマハ
職業 ミュージシャン
音楽プロデューサー
担当楽器 コントラバス
レーベル ヴァーヴ・レコード
ECMレコード
JMTレコード
マイルストーン・レコード
ブルーノート・レコード
コンコード・レコード
共同作業者 ビル・エヴァンス
ベース・ディザイアーズ
ライト・ブレイン・パトロール
イリアーヌ・イリアス
エンリコ・ピエラヌンツィ
ジョン・アバークロンビー
ジョン・スコフィールド
ビル・フリゼール
パット・メセニー
ステップス・アヘッド
チャールズ・ロイド
トゥーツ・シールマンス
スタン・ゲッツ
ウディ・ハーマン
ポール・モチアン
ピーター・アースキン
チェット・ベイカー
マイケル・ブレッカー

略歴編集

19歳の時に、ジョンソンはフォート・ワース交響楽団でプロとして働き、北テキサス大学では「One O'Clock Lab Band」で演奏し、NTSU交響楽団のプリンシパル・ベーシストも務めた。

1978年、ジョンソンはピアニストであるビル・エヴァンスのバンドに加わり、エヴァンス最後のトリオのメンバーとなった。ジョンソンは、1980年にエヴァンスが亡くなるまで一緒にツアーを行い、レコーディングを行った[1]。2007年、彼はトリビュート・アルバム『サムシング・フォー・ビル・エヴァンス』を、妻でピアニストのイリアーヌ・イリアスと共にリリースしている[2]

その後の彼は、ジョー・ロヴァーノマイケル・ブレッカースタン・ゲッツボブ・ブルックマイヤーゲイリー・バートンジョン・アバークロンビービル・フリゼールパット・メセニー、イリアーヌ・イリアス、エンリコ・ピエラヌンツィジョーイ・バロンフィリー・ジョー・ジョーンズジャック・ディジョネットピーター・アースキンポール・モチアンの他、多くのミュージシャンのアルバムでクレジットされている。彼はまた、自身のバンドを率いるリーダーとしても登場した。エレクトリック・ギターにビル・フリゼールとジョン・スコフィールド、ドラムにピーター・アースキンをフィーチャーしたカルテットであるベース・ディザイアーズは、1980年代半ばにECMからの2枚のアルバムを録音したことで国際的な認知を得ることとなった。また、JMTレコードのグループ、ライト・ブレイン・パトロールとして2枚のアルバムを録音。続いてヴァーヴ・レコードから『ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング』をリリースした。ECMからリリースしたアルバム『シェイズ・オブ・ジェイド』は、2005年10月17日の『タイム (雑誌)|タイム』誌による、その時期のトップ・ジャズ・リリース5枚のうちの1枚として「5 CDs That Really Swing」という記事で掲載された。『シカゴ・トリビューン』紙による2005年のジャズ・レコーディング・ベスト10の1枚にも選ばれ、2005年にはデンマーク音楽賞の最優秀外国人リリース賞も受賞した。ピアノには妻のイリアーヌ・イリアス、テナーサックスにはジョー・ロヴァーノ、ギターにはジョン・スコフィールド、ドラムにはジョーイ・バロンをフィーチャーしている[1]

『シェイズ・オブ・ジェイド』に続く作品として、2012年にECMから『Swept Away』がリリースされた。このアルバムはピアニストで作曲家のイリアーヌ・イリアスとのコラボレーションとなっている。前回同様、テナーサックスのジョー・ロヴァーノとドラムのジョーイ・バロンも含まれている。音楽はすべてのオリジナルの楽曲で構成されている。ジョンソンはプロデューサーとして、コンコード・レコードからのイリアーヌ・イリアスのアルバム『メイド・イン・ブラジル』(2016年)と『ダンス・オブ・タイム』(2017年)を共同プロデュースしたことで2つのグラミー賞を受賞した。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • ベース・ディザイアーズ』 - Bass Desires (1985年、ECM)
  • 『セカンド・サイト』 - Second Sight (1987年、ECM) ※マーク・ジョンソン=ベース・ディザイアーズ名義
  • 『2X4』 - Two by Four (1989年、Verve/EmArcy) ※トゥーツ・シールマンス小曽根真ゲイリー・バートン、ルーシー・クレインとのデュオ集
  • 『ライト・ブレイン・パトロール』 - Right Brain Patrol (1991年、JMT) ※ベン・モンダー、アルト・トゥンチボヤズヤンとのトリオ
  • 『マジック・ラビリンス』 - Magic Labyrinth (1995年、JMT) ※マーク・ジョンソン・ライト・ブレイン・パトロール名義。ウォルフガング・ムースピール、アルト・トゥンチボヤズヤンとのトリオ
  • 『ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング』 - The Sound of Summer Running (1998年、Verve) ※ビル・フリゼールパット・メセニージョーイ・バロンとのカルテット
  • If Trees Could Fly (1999年、Intuition Music) ※エリック・ロングスワース(チェロ)とのデュオ
  • 『ベース&チェロ』 - Bass and Cello (2004年、King Japan) ※エリック・ロングスワース(チェロ)とのデュオ
  • 『シェイズ・オブ・ジェイド』 - Shades of Jade (2005年、ECM) ※イリアーヌ・イリアスジョー・ロヴァーノジョン・スコフィールド、ジョーイ・バロンとのカルテット
  • Swept Away (2012年、ECM) ※With イリアーヌ・イリアス

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Marc Johnson Biography”. All About Jazz. 2012年11月16日閲覧。
  2. ^ Prasad, Anil (2008年). “Marc Johnson: Underpinning genius”. InnerViews.org. 2013年10月11日閲覧。

外部リンク編集