マーク・ナーラブ

マーク・レオン・ナーラブナーロヴナーローヴ、Marc Leon Nerlove、1933年10月12日- )は、農業経済学計量経済学を専門研究するアメリカ合衆国経済学者メリーランド大学にて農業経済学および資源経済学の教授を現在務めている。

マーク・L・ナーラブ
Marc L. Nerlove
生誕 (1933-10-12) 1933年10月12日(87歳)
国籍 アメリカ合衆国
研究機関 メリーランド大学
研究分野 農業経済学, 計量経済学
母校 ジョンズ・ホプキンズ大学 (Ph.D., M.A.)
シカゴ大学 (B.A.)
博士課程
指導教員
カール・クリスト
博士課程
指導学生
フランシス・X・ディボールド
ダニエル・S・ハマーメッシュ
受賞 ジョン・ベイツ・クラーク賞 (1969)
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

彼は1964年に、アメリカ統計学会フェローに選出された[1]。1969年には、経済学への貢献からジョン・ベイツ・クラーク賞を受賞。2012年には、アメリカ経済学会の特別フェローに選出された。

ナーラブの父親サミュエル・ヘンリー・ナーラブはヴィテプスク出身のロシア移民の息子だった[2]。マーク・ナーラブは 1952年にシカゴ大学から数学でオナーズ(非常に成績優秀)認定がついた学士(B.A.)を取得した。彼は大学院の研究でジョンズ・ホプキンス大学に移り、経済学で1955年に修士号(M.A.)を、1956年に価格への農民の対応に関する論文で博士号(Ph.D.)を取得した[3]。彼はミネソタ大学(1959-60)、スタンフォード大学(1960-65)、イェール大学(1965-69)、シカゴ大学(1969-74)、ノースウェスタン大学(1974-82)、 ペンシルバニア大学(1982-93)で教鞭を執り、1993年以降はメリーランド大学教授陣の一員である。

広く知られている計量経済学分野におけるナーラブの貢献としては、パネルデータ分析におけるランダム効果モデルの推定法があり、これは大部分の計量経済学ソフトウェアに実装されている[4]

代表的な出版物編集

  • Balestra, Pietro; Nerlove, Marc (1966). “Pooling Cross Section and Time Series Data in the Estimation of a Dynamic Model: The Demand for Natural Gas”. Econometrica 34 (3): 585-612. JSTOR 1909771. 
  • Nerlove, Marc (1971). “Further evidence on the estimation of dynamic economic relations from a time-series of cross-sections”. Econometrica 39 (2): 359-382. JSTOR 1913350. 

脚注編集

  1. ^ View/Search Fellows of the ASA, accessed 2016-07-23.
  2. ^ “The ET Interview”. Econometric Theory 9 (1): 117-143. (1993). doi:10.1017/S0266466600007386. 
  3. ^ Qin, Duo (1993). The Formation of Econometrics: A Historical Perspective. New York: Oxford University Press. pp. 163-164. ISBN 0-19-828388-1. https://books.google.com/books?id=NIqMd5EX-CgC&pg=PA163 
  4. ^ Dupont-Kieffer, Ariane; Pirotte, Alain (2011). “The Early Years of Panel Data Econometrics”. History of Political Economy 43 (Suppl 1): 258-282. doi:10.1215/00182702-1158754. 

外部リンク編集