マージョリー・テイラー・グリーン

マージョリー・テイラー・グリーンMarjorie Taylor Greene, 1974年5月27日 - )は、アメリカ合衆国の極右[2]政治家、実業家、陰謀論者である[3]ジョージア州第14選挙区英語版選出の下院議員である[4]共和党員ドナルド・トランプの支持者であるグリーンは2020年11月に当選し、2021年1月3日に就任宣誓を行った。

マージョリー・テイラー・グリーン
Marjorie Taylor Greene
Rep. Marjorie Taylor Greene official photo, 117th Congress.jpg
アメリカ合衆国下院議員
ジョージア州第14選挙区選出
就任
2021年1月3日
前任者トム・グレイヴス英語版
個人情報
生誕Marjorie Taylorr[1]
(1974-05-27) 1974年5月27日(46歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ジョージア州ミレッジビル英語版
政党共和党
配偶者
ペリー・グリーン (m. 1995)
子供3人
教育ジョージア大学 (BBA)

グリーンはピザゲート[5]Qアノン[6]偽旗の銃乱射事件[7][8]アメリカ同時多発テロ事件陰謀説といった反証済み極右陰謀論の支持者であった[7]。さらに議員立候補前には著名な民主党政治家たちの処刑を支持していた[9]2020年大統領選挙ではジョー・バイデンに敗れたトランプが結果を覆そうとする試み英語版を支持した。

選挙人団票の集計英語版の際、グリーンはバイデンが獲得した票の承認に異議を申し立てた共和党議員グループの1人であったが、却下された[10]。トランプが圧勝したにもかかわらず選挙はバイデンによって盗まれたという虚偽の主張をするグリーンは大統領就任の翌日に彼の権力の乱用を主張して弾劾条項を提出した[11][12]。下院はグリーンが以前に行った一連の扇動的で暴力的な発言を理由に全ての委員会の役割からグリーンを除名することを決議した。2021年2月4日の投票で11人の共和党議員が除名に賛成した[13]

生い立ちと教育と政界入り前のキャリア編集

ジョージア州ミレッジビル英語版でロバート・テイラーの娘として生まれる[14][1]。1992年にジョージア州カミング英語版サウス・フォーサイス高校英語版を卒業し[15][16]、1996年にジョージア大学経営学士号を得て卒業する[15][17]

2019年の声名[18]と2021年2月4日の下院での銃の権利と学校での銃撃に関する自身の立場を説明するスピーチでグリーンは1990年9月に発生した武装した学生による5時間に及ぶ人質事件の影響があることをほのめかした。彼女は「私が11年生の16歳のとき、私の学校は銃禁止区域で、私の学友1人が銃を学校に持ち込んで学校全体を人質に取ったので、それがどれほど酷いことか理解している」と語った"[19][20]

グリーンの父のロバート・テイラーはジョージア州アルフレッタ英語版を拠点とする建設会社テイラー・コマーシャルの創設者であり[1][16]、2002年に彼女とその夫のペリーに会社を売却した[1]。夫婦はそれぞれ会社の副社長と社長を務めている[16]。グリーンは2007年から2011年まで会社のC.F.O.であった[1]

テイラー・コマーシャルは住宅のリフォームおよびサイディング請負業者として区分されており[21]、2020年の新型コロナウィルス流行の際は給与保護プログラム英語版(PPP)により中小企業庁英語版(SBA)から12万2300ドルを受け取った[22][23]。SBAはテイラー・コマーシャルがこの資金で12人の雇用を維持できることを示した[24]。2020年7月の共和党の討論会でグリーンの対立候補である脳神経外科医のジョン・コーワンはパンデミック中の救済基金の充当に反対していた彼女がPPPを利用したことに疑問を呈した[25][26]

2011年にテイラー・コーマーシャルのC.F.O.を辞任したグリーンはクロスフィットを始め、ソーシャルメディアへの投稿とポッドキャストの配信を開始した[27][27]。2012年までにグリーンはジム・チェンバーズが所有するアルファレッタのジムのクロスフィット・オン・ザ・ムービーでパートタイムコーチとして働いた[1]。2013年8月、グリーンはアルフレッタにクロスフィットのジムのクロスフィット・パッションを当時22歳のトラヴィス・メイヤーと共同で設立し、後に売却した[28][29]

2017年からグリーンは陰謀論系のニュースサイトである「アメリカン・トゥルース・シーカーズ」の「特派員」として59件の記事を執筆し[7]、また2018年からは「ロー・エンフォースメント・トゥデイ」で27件の記事を執筆した[30]。2017年にグリーンは共和党の銃規制の妥協に抗議するためにワシントンD.C.を訪れた[31]

グリーンは2018年1月に設立された保守系団体のファミリー・アメリカ・プロジェクトの幹部であった。彼女は民主党への脅迫、オバマ夫妻への偏見、アメリカ政府には共産党員が侵入しているというジョン・バーチ・ソサエティの主張を含む様々な陰謀論の支持などを表明する同団体のFacebookグループのモデレーターであった[32]

下院議員編集

2020年下院議員選挙戦編集

グリーンは当初はジョージア州第6選挙区英語版から立候補していた。2019年12月13日、第14選挙区英語版現職であったトム・グレイヴス英語版が再選を目指さないことを発表した後、グリーンは選挙戦をそちらに移した[33]。この地区はチャタヌーガ大都市圏英語版からアトランタ周辺までのジョージア州北西部の多くを含んでいる。2020年3月2日、ジョージア州共和党は選挙戦資金として5220ドルを提供した[34]

2020年2月29日、グリーンはジョージア州ラファイエットで開催された銃の権利集会にジョージア州共和党への影響力を浸透させようとする極右団体「アメリカン・パトリオッツ・U.S.A.」と共にに出席した[35]。同団体は極右団体「アメリカン・ブラザーフッド・オブ・パトリオッツ」やジョージア州のアメリカ合衆国からの離脱を提唱する極右民兵「ジョージア3%マーターズ英語版」と同盟している[36]。集会でグリーンはアメリカン・パトリオッツ・U.S.A.を掲げ、2度の収監歴があるクー・クラックス・クランのメンバーのチェスター・ドーレスと写真を撮った[37][38][39]

2020年9月19日、グリーンはジョージア州リングゴールドで開催された銃の権利集会に参加した。集会ではジョージア3%マーターズが警備を協力した[40][41]

グリーンはドナルド・トランプの強固な支持者として選挙運動を行い、「アメリカを救え、社会主義を食い止めろ!」("Save America, Stop Socialism!")というスローガンを掲げた[42][43]。予備選挙の数日前、Facebookは利用規約違反を理由にグリーンのビデオを削除した。ビデオで彼女はAR-15ライフル英語版を持って「アンティファのテロリストたち」に「ジョージア州北西部に近づくな」と警告していた[42]

最初の予備選挙を勝ち抜いたグリーンは決選投票でジョン・コーワンと対決した[44]。ウォーカー郡共和党が後援した7月14日の討論でグリーンは「アメリカで仕事をすることが全て」であり、事業主として「アメリカで数千もの仕事を生み出した」と主張した[45]

8月11日、グリーンは決選投票で勝利した。ジョージア州第14選挙区は共和党が強く、彼女は本選挙でも議席獲得が有力と見なされていた[46]。第14選挙区のクック・パルチザン・ヴォーティング・インデックス英語版は「R+27」であるが、これはアメリカ全土で10番目、東部時間地域では3番目、ジョージア州内では隣接する第9選挙区英語版に次いで共和党が強い地区である。また、2012年に割り振られて以来、第14選挙区で得票率が30%を超えた民主党候補者は存在しない[47]。トランプは2016年の選挙ではこの地区で75%の得票率だったが、これは全国で8位の成績であった[48]。グリーンの決選投票での勝利の翌日、トランプは彼女への支持をツイートし、彼女を「万事に強く、決して諦めない、本物の勝者」である「未来の共和党のスター」と評した[49]

グリーンは民主党候補のIT専門家のケヴィン・ヴァン・オースダルとの対決が予想されていたが、彼は2020年9月11日に選挙戦からの撤退を表明した。これによりグリーンは対抗馬無しで本選挙を迎えることとなった[50][51][52]

2020年9月3日、グリーンは自身のFacebookページでアレクサンドリア・オカシオ=コルテスイルハン・オマルラシダ・タリーブの隣にAR-15ライフルを持った自分を並べた画像を投稿した。彼女は「強い保守的なクリスチャンが私たちの国を引き裂こうとする彼女ら社会主義者に対して攻撃する時が来た」と描いた。画像の下のキャプションには「スクワッド英語版の最低の悪夢」と書かれていた[53]。下院議長のナンシー・ペロシはこのミームを「暴力の危険な脅威」と評し、オマルは殺害の脅迫を引き起こすと主張した後に削除を要求した[54]。ミームが脅威か否かであるかについての『フォーブス』の質問に応えたグリーンのスポークスマンは要求を「妄想的でばかげている」、「陰謀論」と評した[55]。後日、Facebookによって暴力扇動の規約違反を理由にミームが削除されるとグリーンは「(民主党員が)就任宣誓をする前に私を潰そうとした」と主張した[56]

本選挙でグリーンは得票率74%で勝利した。投票用紙に名前が残っていたヴァン・オースダルの得票率は25%であった[57]。グリーンは共和党員としては史上2人目となる女性のジョージア州選出下院議員となった。史上初であったカレン・ハンデル英語版2017年の特別選挙英語版で第6選挙区で勝利したものの[58]、2018年の通常選挙では敗れた。したがってグリーンはジョージア州で初めて通常選挙に勝利した女性の共和党員である。

2020年の選挙から数日後、グリーンは夫のペリーのフロイド郡の投票記録から「詐欺」が発覚しと主張し、ソーシャルメディア上に「私の夫は決して不在者投票を要求しなかったが、彼が投票所に行くと、既に不在者票を受理していると言われた。でも彼は不在者投票を要求したことも、投票に行ったことも、投票用紙を送ったこともない。(中略)もう1枚の投票用紙はなんだったの?」と書いた。フロイド郡の主任選挙管理官ロバート・ブレイディは『アトランタ・ジャーナル=コンスティチューション英語版』の記者に別の投票用紙は存在せず、手順に従って取り消されたと説明し、「彼(ペリー・グリーン)は23日に宣誓供述書に署名して投票を許可された。彼は1度だけ投票した」と述べた[59]

支援者編集

立候補したグリーンを支持した著名な共和党員には下院議員のジム・ジョーダン英語版アンディ・ビッグス英語版、トランプの補佐官のマーク・メドウズが含まれた[60][61][62][40]。メドウズの妻のデビー・メドウズもまた支援者であり、事務局長を務めるライト・ウーマン・パックは彼女の選挙戦に1万7500ドルを寄付した。その他の支援者にはヘリテージ財団理事長のハーブ・ヴァン・アンデル・ギャビーや弁護士で陰謀論者のL・リン・ウッドがいた[63]。グリーンはさらにフリーダム・コーカスの選挙資金調達部門であるハウス・フリーダム・ファンドの支援を受けた[61]

共和党予備選挙結果[64]
政党 候補者 得票数 得票率 (%)
共和党 マージョリー・テイラー・グリーン 43,892 40.3
共和党 ジョン・コーワン 22,862 21.0
共和党 ジョン・バージ英語版 9,619 8.8
共和党 クレイトン・フラー 7,433 6.8
共和党 ビル・ハンブリー英語版 6,988 6.4
共和党 ケヴィン・クック英語版 6,699 6.2
共和党 マット・ローリッジ 6,220 5.7
共和党 ベン・ブロック 3,883 3.6
共和党 アンディ・ガンザー 1,220 1.1
総得票数 108,816 100.0
共和党決選投票結果[65]
政党 候補者 得票数 得票率 (%)
共和党 マージョリー・テイラー・グリーン 43,813 57.1
共和党 ジョン・コーワン 32,982 42.9
総得票数 76,795 100.0
2020年ジョージア州第14選挙区結果
政党 候補者 得票数 得票率 (%)
共和党 マージョリー・テイラー・グリーン 229,827 74.7
民主党 ケヴィン・ヴァン・オースダル[注釈 1] 77,798 25.3
総得票数 307,625 100.0
共和党が議席維持

在勤期間編集

 
下院少数党院内総務のケビン・マッカーシーに宣誓をするグリーン。

グリーンは2020年大統領選挙でトランプがバイデンに敗れたにもかかわらず、就任当日に「トランプが勝った」("Trump Won")と書かれたフェイスマスクを着用して下院に出向いた[66]選挙人団票の集計英語版の際にグリーンはミシガン州の票の集計に異議を唱えたが、上院議員の署名を得ていなかったために却下された[67]

2021年1月6日のトランプ支持者たちによる議会議事堂襲撃に対してグリーンは暴力の終結とトランプ大統領への支持を呼びかけた[68][69]。グリーンは襲撃を受けて避難する際にはフェイスマスクの着用を拒否し、またトランプの弾劾英語版が議論されている間に「民主党は彼らのレトリックに触発された政治的暴力について責任を問われなければならない」とツイートした。これを受けて民主党下院議員のジェイソン・クロウ英語版(コロラド州)は彼女を「道徳的に破綻した」、「堕落した」、「率直に危険」と呼んだ[69]

グリーンはバイデンの就任翌日の2021年1月21日に権力の乱用を理由に彼の弾劾条項英語版を提出した[12]。『ニュースマックス』のグレッグ・ケリーとのインタビューでグリーンはバイデンが「大統領の権力を乱用し、外国政府、中国のエネルギー企業、そしてウクライナのエネルギー企業に簡単に買収されることをいとわない」と主張した[70]

2021年1月27日、下院議員のジミー・ゴメス英語版(民主党・カリフォルニア州)は以前にグリーンが民主党員に対する暴力を呼びかけていたという報告を受け、彼女を下院から除名英語版する決議案を起草したことを発表した[71]。下院議員のジェイク・オーキンクロス英語版(民主党・マサチューセッツ州)もまた議員仲間に対する暴力的な脅迫を理由にグリーンの辞職または除名を求めた[72]。2021年1月28日、下院の民主党議員に対するグリーンの脅威が明らかとなり、下院議長のナンシー・ペロシは「下院の敵」と安全対策強化の必要性に言及した[73]。さらにペロシはグリーンがアメリカ各地で発生した学校内銃乱射事件が捏造であると主張しているにもかかわらず、共和党指導部が彼女を下院教育労働委員会英語版に加えたことを批判した[74]

2021年1月29日、下院議員のニケマ・ウィリアムズ英語版(民主党・ジョージア州)とサラ・ジェイコブス英語版(民主党・カリフォルニア州)は民主党議員たちに脅迫的なコメントをしたグリーン対する非難決議を発表した。決議にはグリーンへの辞職勧告が含まれた[75]

所属する委員会編集

グリーンは選挙前の扇動的言動を理由に除名される以前は予算委員会英語版教育労働委員会英語版の一員であった[76]

2021年2月4日以降:

2021年2月4日以前:

コーカス編集

政治的立場編集

 
グリーンは2021年1月3日の就任初日に、議会のオフィススタッフである「チーム・グリーン」と過ごした。

2020年の共和党予備選挙での勝利後にグリーンはTwitterで「共和党エスタブリッシュメント、メディア、そして急進左派は数ヶ月と数百万ドルを費やして(私を)攻撃した」と主張した[80]。彼女は「(共和党を)右側に引っ張る」ことを続けるつもりであると述べた[81]

妊娠中絶編集

グリーンは妊娠中絶に反対している[43]。2020年8月のFOXニュースのインタビューで彼女はプランド・ペアレントフッドへの資金援助中止を主張した[82]

銃所持権編集

グリーンは2020年9月にジョージア州リングゴールド英語版で開催された憲法修正第2条英語版に賛成する集会に参加した。集会で彼女は銃所持者の権利を「常に」保護し、人々が銃を所持することを困難にする法案には賛成しないと述べた[83][84]。彼女は「政府は私が所有できる銃の数と誰かが私や子供を攻撃した場合に発射できる弾丸の数を教えることは決して無いだろう」と表明した[85]。2020年9月、グリーンはキャンペーン広告で使ったAR-15ライフルをプレゼントする意向をツイートした[86]

COVID-19編集

2020年7月、グリーンはTwitterで「子供はマスクを着用するべきでない」と述べ、疾病予防管理センターやそのほかの公衆衛生専門家らによる勧告を拒否した[87]。彼女はコロナウイルスのパンデミック対策のために合衆国議会議事堂に課せられた規則(フェイスマスク英語版の着用を含む)を「民主党の専制的な統制」であると主張した[88]。彼女はパンデミック対策のためのあらゆる形態のマスクの着用の義務化、予防接種の義務化、ロックダウンに反対している。グリーンはTwitterでマスク着用は「抑圧的」であると表現し、 彼女の態度を「不穏」と評したアメリカ国立アレルギー・感染症研究所所長のアンソニー・ファウチからの返答を促した[81]。グリーンは2021年の議事堂襲撃事件で他の議員たちと避難部屋に入る際はマスクの着用を拒否した[89]

人種・宗教・移民編集

グリーンはブラック・ライヴズ・マター(BLM)運動に否定的であり、彼らは「過激なマルクス主義者」の集団であると主張した[43]。ビデオで彼女はBLM活動家と2017年8月にバージニア州シャーロッツビルで開催されたユナイト・ザ・ライト・ラリーに参加した白人至上主義者を比較した。ビデオの1つの締めくくりでグリーンは「今日のアメリカで最も虐げられているグループは白人男性だ」とコメントした[90]

ポリティコ』が入手した音源でグリーンは「シャリーアを信じるムスリムは誰も(アメリカの)政府に属していない」と述べていた。彼女は「アフリカ系アメリカ人は「民主党の奴隷にされている」と主張した。黒人、ムスリム、ユダヤ人に関するグリーンのコメントは共和党下院指導部、全国共和党議会委員会英語版会長のトム・エマー英語版共和党ユダヤ人連合英語版から非難された[90]。グリーンは2018年の中間選挙英語版でムスリム系女性のイルハン・オマルラシダ・タリーブが当選したことについて、「我々の政府に対するイスラムの侵略」の一部であると主張した[80]

2019年2月、グリーンとその支持者たちはクルアーンを使って就任宣誓を行ったオマルとタリーブに対して聖書で宣誓をやり直させるために議会オフィスビル英語版を行進した。グリーンは宣誓の際は聖書を使うことが義務づけられているという誤った主張をした(実際には憲法修正第6条英語版で「いかなる官職または信任による職務に就く資格条件として、宗教上の審査を課してはならない」と規定されている)[91][92][93]

ドナルド・トランプとジョー・バイデン編集

グリーンはドナルド・トランプ元大統領の強力な支持者である。2021年1月4日、彼女はジョージア州における大統領選挙の結果英語版を「承認拒否」することを求めた[94]。グリーンはそうすることで(同じ投票で選出された)自分自身や他のジョージア州共和党員の議席に影響が及ぶことについて尋ねられると、「大統領選について話してるだけだ」と述べた[94]

ドナルド・トランプが2回目の弾劾訴追英語版を受けると、グリーンは大統領就任の翌日の1月21日にジョー・バイデンの弾劾条項英語版を提出した。グリーンに賛同した者は1人もいなかった[95][96][97]

論争を呼んだ言動編集

陰謀論の支持者であるグリーンは議員就任前から物議を醸す扇動的言動を繰り返していた。また彼女は、民兵グループと繋がっているほか、トランプと対立している「ディープステート」の一派である民主党政治家やFBI捜査官にの死刑執行を要求していたことが報じられている[98]

民兵グループとのかかわりと暴力的なレトリック編集

選挙の1週間前の2020年10月27日、銃活動家のクリス・ドールとのインタビューでグリーンは視聴者に対し、「自由を取り戻す唯一の方法は、地の代償を払うことだ」と語った[99]。2021年1月29日、『ニューヨーク・タイムズ』紙はスリー・パーセンターズ英語版オース・キーパーズ英語版を含む過激な民兵グループに対するグリーンの支援や過去の関係の詳細を報じた。そのグループのメンバーの一部は2021年アメリカ合衆国議会議事堂襲撃事件に参加していた[84]

民主党員とFBI捜査官の処刑を主張編集

グリーンは2019年1月のFacebookビデオで「死によって罰せられるのは反逆罪だ。ナンシー・ペロシは反逆罪で有罪だ」と述べた。グリーンはペロシが国境の壁に反対し、「アメリカ市民ではなく不法滞在者に奉仕している」ことを理由に彼女を反逆罪での弾劾を求めるホワイトハウスへの嘆願を宣伝するためにビデオを作成した。2019年2月のFacebookのライブ配信ビデオでグリーンは、ペロシが裁判にかけるまでもなく「反逆罪」で「死ぬか投獄される」ことを提案した。グリーンはその後、民主党の下院議員のマキシン・ウォーターズ英語版に対しても「ナンシー・ペロシと同様に反逆罪で有罪」であると主張した[9]

2018年と2019年のグリーンのFacebookアカウントで、バラク・オバマ元大統領、ヒラリー・クリントン元国務長官、ナンシー・ペロシ下院議長を含む主要な民主党員や連邦捜査局の捜査官の処刑の支持が表明されていたことが2021年1月にCNNによって報じられた[9][100]。例えば2018年4月の「今、私たちは彼らを吊すことができるか?」という投稿に対し、グリーンは「舞台は整っている。役者は配置されている。我々は忍耐強くなければならない。これらが完全に遂行されなければ、リベラルな裁判官たちは彼らを失望させる」と回答していた[9]。グリーンは報道内容の信憑性については否定せず、代わりにCNNの記事は「政界進出前の私の時代に焦点を当てたもの」、「私のページはチームで管理していた」と述べ、そしてCNNは「私の見解を示したものではない」コンテンツを報じたのであると主張した[9][100]。進歩的な擁護団体であるピープル・フォー・ザ・アメリカン・ウェイ英語版はグリーンの発言をめぐって彼女を下院から追放英語版することを正式に求めた。これを成し遂げるには下院の3分の2からの支持が必要となる[101]

陰謀論の支持編集

2020年の最初の予備選の後に『ポリティコ』はグリーンが投稿した人種差別主義、反ユダヤ主義イスラム恐怖症の見解の表明した動画を再公開した。グリーンの偏見とQアノン陰謀論への支持は共和党下院指導者のケビン・マッカーシーと共和党下院院内幹事のスティーブ・スカリス英語版から非難された[90][102]。グリーンのソーシャルメディア上への投稿や出版物のいくつかは2020年の選挙戦を通してウェブ上に残った[27]。グリーンの投稿は2021年1月に注目を浴びた後に彼女自身により削除された[103]

グリーンは「ヒラリー・クリントンは数々の殺人の首謀者」、「民主党エリートがサタニックな児童の性的人身売買を取り仕切っている」、「2017年ラスベガス銃乱射事件は政府が指揮した」、「フロリダ州パークランドストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件は銃規制推進を目的とした偽旗攻撃」、「サンディフック小学校銃乱射事件俳優による芝居」、「バラク・オバマ元大統領とその顧問のヴァレリー・ジャレット英語版実はイスラム教徒英語版」、「9・11事件におけるペンタゴンへの飛行機突撃は捏造」などの多くの根拠に乏しい陰謀論を支持している。グリーンはまた2018年のカリフォルニア州のキャンプ・ファイア英語版の原因はロスチャイルド社の「宇宙太陽光発電機」によるものであるという反ユダヤ主義の陰謀論も支持した[104][105]

ピザゲートとQアノン編集

グリーンはヒラリー・クリントンが小児性愛者および人身御供組織に関与していると主張し[1]、2017年にはピザゲート陰謀論が真実であるとして支持した[5]。さらにグリーンはヒラリーが政敵の暗殺を繰り返しているという「クリントン・キル・リスト英語版」陰謀論も主張した[7]。グリーンは2018年にYouTubeに投稿したビデオでヒラリー・クリントンがニューヨーク州での上院議員選挙でライバルとなる可能性があるジョン・F・ケネディ・ジュニア1999年に飛行機墜落事故死英語版にみせかけて殺害したと主張した[62]

2018年にグリーンは「フラズレドリップ」(Frazzledrip)と呼ばれる陰謀論を信じていることをFacebookで表明した[106]。「フラズレドリップ」とはヒラリー・クリントンと彼女の側近のフーマ・アベディンが悪魔的儀式で子供を殺害するビデオが存在し、クリントンが後にそれを隠蔽するために警察官を殺害したという主張である[107][108][109]。グリーンはメディア・マターズによるこの件の報道を「共産主義者のブロガー」の作品であるとして否定した[110]

グリーンは極右のQアノン陰謀論を支持しており、2017年のFacebookに投稿されたビデオで陰謀論を「聞く価値がある」と述べた[6][102]。彼女はビデオで「悪魔を崇拝する児童性愛者の世界的な陰謀団を暴き出せる唯一の機会があり、私たちにはそれを実行できる大統領がいると考える」と述べた[111]

グリーンは削除された陰謀論系のウェブサイトのアメリカン・トゥルース・シーカーズに民主党を「児童性交、サタニズム、オカルト」と結びつける内容を含む59件の記事を書いていた[7][5]。2020年に下院議員に立候補した際にはグリーンはその種の陰謀論から距離を置き、選挙戦中には「Q」またはQアノンに言及しなかったと述べた。2020年8月のFOXニュースのインタビューで彼女はもはやそれとは無関係であると主張し、「誤った情報」を知ったと述べた[112]

偽旗作戦や捏造説などの主張編集

2017年にFacebookに投稿したビデオでグリーンは2017年のラスベガス銃乱射事件が単独犯であることに疑問を呈し、武器を所有する権利を制限するために謀られたものであると主張した[113][7]。グリーンは2017年8月のシャーロッツビルの白人至上主義者の集会で反対運動者が自動車に轢殺英語版された事件は「内部の犯行」であると主張した[114]。2019年にニュージーランドで起こったクライストチャーチモスク銃乱射事件も同様に「偽旗作戦」であると考えた[16]

2018年のインタビューでグリーンは9・11同時多発テロ事件アメリカン航空77便ペンタゴンに衝突しなかったという陰謀説の支持を表明した。彼女は「ペンタゴンに墜落したいわゆる飛行機」に言及し、「ペンタゴンの飛行機について証拠がまったく示されていないのは奇妙だ」と述べた(実際には証拠は多数存在する)[115]。また、同年の保守系の集会で彼女は9・11事件はアメリカ政府による陰謀の一部であると発言した[7]。2020年8月にメディア・マターズ・フォー・アメリカ英語版で発言が報道されるとグリーンはTwitterで「ミサイルがペンタゴンに命中したと主張する人々もいる。私は今、それは正しくないことを知っている」と述べた。[7][115]。グリーンは民主党全国委員会のスタッフのセス・リッチ英語版はバラク・オバマの味方のストリートギャングのMS-13により殺されたと主張している[116]。さらにグリーンはオバマは実はイスラム教徒英語版であると主張している(実際はキリスト教徒)[62][117]

2019年2月のインタビューでグリーンは最高裁判所判事のルース・ベイダー・ギンズバーグが別人と入れ替えられて公の場に現れていることを示唆した[118]。Qアノン関係の陰謀論ではギンズバーグはその数年前に密かに死亡しており、民主党によってそれは隠蔽され、トランプ政権下で最高裁判所のリベラル席が失われないするようにするために影武者に成り代わられているとされていた[118]。ギンズバーグは実際にはトランプの任期中の2020年9月18日に死亡英語版し、トランプは彼女の後任を任命した[118][119]

スクールシューティング編集

2021年1月にメディア・マターズは2018年のFacebookの投稿でグリーンがフロリダ州パークランドで起こったストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件を組織的な「偽旗」作戦であると主張していたことを報じた。別の投稿では2012年のサンディフック小学校銃乱射事件も偽旗作戦であると主張していた。同年後半には「私はナンシー・ペロシがヒラリー・クリントンに月に数回、厳格な銃規制推進を国民に納得させるために『我々には別の学校での銃撃が必要だ』と言っていたと聞いている」と投稿した[120][121]フレッド・ガッテンバーグ英語版デヴィッド・ホッグ英語版キャメロン・カスキー英語版といった銃乱射事件の生存者たちはグリーンの発言を非難し、議会からの辞任を要求した[122][123]。パークランドの銃撃事件の生存者で銃規制賛成派であるホッグはグリーンによって「#リトルヒトラー」("#littleHitler")と呼ばれた[9]。2019年にジョージア州の銃の権利団体にインタビューを受けた彼女はホッグを「犬のように」訓練された「バカ」であると糾弾した[124]。2019年3月のビデオ[125]でグリーンはホッグを追いかけ回し、彼が自分の目的のために子供を利用していると非難している。ホッグに会ったグリーンは彼を「弱虫」と呼び、彼がジョージ・ソロスから資金提供を受けているという嘘の主張をした[126][127]。さらに『スノープス』はグリーンがホッグを狙ったもう1本のビデオが見つかったことを報じた。2本のビデオは2019年3月25日の内容であり、1本目はグリーンのFacebookアカウントでライブ配信されたもの、2本目は2020年1月にグリーンのYouTubeアカウントにアップロードされたものであった[125]

WRCB-TV英語版の記者のメレディス・アルディスは2021年1月27日にタウンホールイベントでグリーンがホッグに嫌がらせをしているビデオの件を質問しようとしたが、逮捕すると脅された[128]

一連の言動が明るみになった直後、サンディフックがある地区から選出された下院議員のジャハナ・ヘイズ英語版(民主党・コネチカット州)は、グリーンを教育労働委員会英語版に加えないように促す要望書を下院共和党指導部に提出した[129]。ホッグはNBCニュースの声明でグリーンは議会から除名されるべきであるという見解を表明し、「マージョリー・テイラー・グリーンを追放しないならば、マッカーシー少数党院内総務は彼女を支持したことになる」と宣言した[124]

反ユダヤ主義と「ホワイト・ジェノサイド」編集

2018年、グリーンは「シオニスト至上主義者たち」がネイティブの白人層に取って代わる移民でヨーロッパをあふれさせようと共謀しているという、反ユダヤ主義のホワイト・ジェノサイド陰謀論英語版をとなえるビデオ『With Open Gates: The Forced Collective Suicide of European Nations』をシェアした。メディア・マターズによって報じられたこのビデオは、難民支援者たちが「移民の歩兵」を利用して「人類史上最大の虐殺」を犯していると主張するものであった。グリーンはビデオをシェアする際に「これは国連が世界中で望んでいることだ」とコメントした[130]。彼女はまたユダヤ系の実業家でホロコースト生存者のジョージ・ソロスをナチス呼ばわりした[131]。彼女はソロスの家族がハンガリーのナチスと協力し、「未完了のことを続けようとしている」という陰謀論を主張した[90]

キャンプ・ファイア陰謀論編集

2021年1月、様々なメディアによって2018年11月にグリーンのFacebookアカウントがカリフォルニア州のキャンプ・ファイア英語版についての陰謀論をシェアしていたことを報じた。これはカリフォルニア州知事のジェリー・ブラウンPG&Eロスチャイルド&Coソーラーエン英語版が関与した「宇宙太陽光発電機」が原因で大火災が起こったという陰謀論である[132][133][134]ロスチャイルド家は「ユダヤ人銀行家の国際的な陰謀団」として遅くとも19世紀から数多くの反ユダヤ主義者の陰謀論の標的となっていた[135]アメリカ・ユダヤ人小機関代表者協議会英語版名誉毀損防止同盟といったユダヤ系団体はグリーンが反ユダヤ主義を帯びた陰謀論を支持していることを批判し[136]、コメンテイターなどからは彼女は嘲笑の的となった[137]。フレッド・ガッテンバーグはグリーンを批判し、「彼女は私の娘がパークランド(の銃乱射事件)で死んだことを否定している。(中略)それでも、私の名前がガッテンバーグで、ユダヤ人だから、彼女は私が森でレーザを発射して火事を起こしたと考えている」と述べた[138]

太陽エネルギー会社のソーラーエンは、宇宙太陽光発電電磁スペクトルの可視光部分を使って電力を発しなかったために陰謀論者が言う「青い光線」は観測できないこと、システムはレーザーを使っていないために「レーザービーム」は無いこと、ソーラーエンとPG&Eの契約は2015年に終わっていること、ソーラーエンは2021年までに太陽光発電衛星を宇宙に打ち上げことがないことなど、この陰謀論に関する根本的な問題を指摘した[139]

議会内の対応編集

グリーンの扇動的言動と陰謀論の推進は民主党員によって非難された。下院議員のデビー・ワッサーマン・シュルツ(民主党・フロリダ州)は全ての委員会の任務からグリーンを除名するように働きかけ[72][140]、「選挙前と任期中のグリーンのゾッとするような行動は国内テロリズムを助長し、同僚の命を危険にさらし、下院議会全体に恥をかかせた。(中略)彼女の行動と発言、そしてそれらを否認することに対する攻撃的な拒絶に基づき、これらの2つの影響力のある委員会の重要な仕事に参加することを許可されるべきではない」と述べた[141]。2021年2月1日、下院多数党内総務のステニー・ホイヤー英語版(民主党・メリーランド州)は少数党内総務のケビン・マッカーシーとその他の下院共和党指導者らに72時間以内にグリーンを委員会から降ろさなければ、民主党はワッサーマン・シュルツの決議案を下院で取り上げると伝えた[77][140]。マッカーサーはグリーンの発言を「非常に不穏」と評した[142]

共和党幹部がグリーンを非難する圧力を強めている中[75]、上院少数党内総務のミッチ・マコーネルは『ザ・ヒル』で声明を発表し、「愚かしい嘘と陰謀論」は「共和党のガン」であると言って攻撃した[143]。声明で名指しはされなかったものの、「まぎれもなく」グリーンが「明らかに標的」にされていると報道された[141][144][145][146][147][148]。マコーネルは翌日、グリーンについての自身のコメントを参照し、「私は自分の気持ちを十分に話したと思う」と加えてそれを認めた[149]。マコーネルはさらに「9・11事件でペンタゴンに飛行機が突っ込まなかったとか、数々の恐るべきスクールシューティング事件は仕組まれていたとか、JFKジュニアの飛行機事故はクリントン家の仕業だとか主張している者は現実世界を生きていない。こんなことはアメリカに住む家族が直面する課題とは何も関係が無いし、我々の党を強くすることができる中身ある活発な議論の対象でもない」と述べた[143]。これに対しグリーンは「共和党にとっての本当のガンは、カッコ良く負けることしかできない弱腰の共和党員たちだ。だからこそ、我々は自分たちの国を失いつつある」とTwitterで反論した[144][145]。マコーネルの声明に続いて他の複数の共和党上院議員もグリーンに対する批判を表明した[150]ミット・ロムニーは「(共和党の)大きなテントは保守派も狂人も両方収容できるほど大きくない」と述べた[142]ケヴィン・クレイマー英語版は「スクールシューティングは芝居であるとする彼女の見解」を引き合いに出して、「(グリーンが)教育委員会に所属することを支持するのは困難」と述べ、さらに「現実権限には道徳的権限がある」と付け加えた[150]。フロリダ州の上院議員両名はストーンマン・ダグラス高校銃乱射事件が現実ではなかったかもしれないという発想を非難し、特にマルコ・ルビオは偽旗作戦を主張する者は「混乱しているか、サディストだ」と述べた[124][150]。グリーンは批判を利用して新たな資金を調達し、自分の議席を守る必要があると述べた[149]

2021年2月2日、マッカーシーはグリーンと面会した後に共和党議員の委員会職務を担当する下院共和党運営委員会英語版の会合を開いた[151]。その当日は結論を下さなかったが[150]、グリーンは2月3日の共和党議員連盟会議でドナルド・トランプの2回目の弾劾英語版で賛成票を投じたリズ・チェイニー英語版議員の処遇と共に主要な議題となった[149]。グリーンはトランプ元大統領の支持を続けており[142]、マッカーシーは党の支持を保ちつつチェイニーとグリーンの処遇を決めるという問題を抱えた[149]

昔の発言に関する論争が過熱したため、グリーンはソーシャルメディア上の古い投稿を削除し[152]、2021年2月3日の下院共和党会議英語版の前に自身のソーシャルメディアのコンテンツは自身の人柄を反映していなかったと主張した。彼女のコメントの後に出席者の約半数が立ち上がり、拍手喝采を送った。同日に民主党が管理する下院議事規則委員会英語版はグリーンを委員会から除名するというワッサーマン・シュルツの決議案を通過させた[153]。一方でマッカーシーはグリーンに不利な行動はとらないと述べた[154][155]。下院議長のナンシー・ペロシはグリーンに黙従したとしてマッカーシーを非難し、彼を「マッカーシー(Q-CA)」と呼んだ[156]。2月4日、委員会からのグリーンの除名を問う投票が下院で行われた[13]。賛成は230票、反対は199票であり、民主党議員全員と共和党議員11人が賛成票を投じた[157]

議会外の反応編集

グリーンの発言はアメリカ・ユダヤ人小機関代表者協議会英語版共和党ユダヤ人連合英語版から非難された[75]

グリーンのTwitterアカウントは2021年1月17日に12時間にわたって凍結された。Twitterの広報はグリーンが「複数の違法行為」のために制裁を受けたと発表した[158]。Twitterの対応は議会議事堂襲撃事件後に数千のQアノン関連アカウントを削除する掲げた会社の方針に基づいていた[159]。凍結前のグリーンの投稿には不正選挙を巡る虚偽の主張とジョージア州の選挙管理人がその主張を相手にしなかったことを非難する声明が含まれていた[158][160][161][159]。翌日凍結が解除されるとグリーンはTwitter社を非難した[162]

2021年2月9日、10歳のダウン症の息子を持つショーン・ホームズはウィットフィールド郡で開催された共和党会議でグリーンと対峙した。グリーンはダウン症の人を指して「retard」(知恵遅れ)という言葉を使ったことを問い詰められると、「それは俗語であったと思われます。実際に辞書にも載っています」と前置きした上で「それについてお詫びします。誰にとっても不快です」と述べた"[163]

私生活編集

グリーンは第6選挙区にあるアルファレッタに長らく住んでいる。下院議員は自身が選出された州に住むことが義務づけられているが、必ずしも選挙区と同じ場所に住む必要は無く[164]、したがって地元アルファレッタから第14選挙区に出馬することは法的には問題なかった。しかしグリーンは第14地区からの出馬を検討した直後、実現すればそこへ移住するつもりであると述べた[165]。彼女はその後、ポールディング郡に家を購入した[166]。グリーンは宣誓までに同じく第14選挙区にあるロームに移った述べた。FECに提出された書類ではアルファレッタ在住となっている[167][168][要非一次資料]

2020年8月11日のFacebookへのと投稿でグリーンは1995年にペリー・グリーン(Perry Greene)と結婚したことを明かした[169]。夫婦は子供を3人もうけている。

2012年7月3日、グリーンはフルトン郡上級裁判所の家庭裁判部に離婚を申請した。夫婦はそれぞれ弁護士をつけたが、裁判所は申請を許可せず、2012年9月11日に棄却された[170]。グリーンには離婚届を提出する前に複数の不倫関係があったと報じられているが[1][171][172][173]、彼女自身はそれを否定している[171][172][173]

2011年のビデオでグリーンは幼少期から家族とともに教会に時々通い、7歳の時に初めて先例を受け、学校の授業で初聖体英語版を受けたと語った。彼女は結婚後に夫と通っていた教会が「とんでもないスキャンダルに遭遇した」と語った[174]。彼女はその後、アルファレッタを拠点とする福音派メガ・チャーチ・ネットワークであるノースポイント・コミュニティ教会英語版再洗礼英語版を受けた[175]。グリーンはその後自身の信仰について語り、「私の信仰と私の家族の価値観をワシントンにもたらしたい」と述べている[1]

脚注編集

  1. ^ 撤退したが、投票用紙に名前が残った。

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f g h i Bethea, Charles (2020年10月9日). “How the 'QAnon Candidate' Marjorie Taylor Greene Reached the Doorstep of Congress”. The New Yorker. https://www.newyorker.com/news/us-journal/how-the-qanon-candidate-marjorie-taylor-greene-reached-the-doorstep-of-congress 2021年1月13日閲覧. "Greene, on the other hand, had money. Her father, Robert Taylor, is the founder of Taylor Commercial, a successful construction company, which he sold to his daughter and her husband in 2002." 
  2. ^
  3. ^
  4. ^ Levin, Sam (2020年11月4日). “QAnon supporter Marjorie Taylor Greene wins seat in US House”. The Guardian. https://www.theguardian.com/us-news/2020/nov/03/qanon-marjorie-taylor-greene-wins-congress 2020年11月4日閲覧。 
  5. ^ a b c Kaczynski, Andrew; Steck, Em (2020年8月25日). “GOP candidate Marjorie Taylor Greene spread conspiracies about Charlottesville and 'Pizzagate'”. CNN. https://edition.cnn.com/2020/08/25/politics/kfile-marjorie-greene-spread-conspiracies/index.html 2021年1月13日閲覧。 
  6. ^ a b Sommer, Will (2020年6月11日). “HISTORY! Congress Poised to Get Its First QAnon Believer”. The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/marjorie-green-a-georgia-republican-is-poised-to-become-congress-first-qanon-believing-member 2020年8月13日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h Zadrozny, Brandy (2020年8月14日). “House GOP candidate known for QAnon support was 'correspondent' for conspiracy website”. NBC News. https://www.nbcnews.com/tech/tech-news/georgia-congressional-candidate-s-writings-highlight-qanon-support-n1236724 2021年1月13日閲覧。 
  8. ^ Lonas, Lexi (2021年1月18日). “GOP Rep Marjorie Taylor Greene referred to Parkland school shooting as 'false flag' event on Facebook”. The Hill. https://thehill.com/homenews/house/534833-gop-rep-marjorie-taylor-greene-referred-to-parkland-school-shooting-as-false 2021年1月20日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f Steck, Em; Kaczynski, Andrew (2021年1月26日). “Marjorie Taylor Greene indicated support for executing prominent Democrats in 2018 and 2019 before running for Congress”. CNN. https://edition.cnn.com/2021/01/26/politics/marjorie-taylor-greene-democrats-violence/index.html 2021年1月26日閲覧。 
  10. ^ Yourish, Karen; Buchanan, Larry; Lu, Denise (2021年1月7日). “The 147 Republicans Who Voted to Overturn Election Results” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/interactive/2021/01/07/us/elections/electoral-college-biden-objectors.html 2021年1月10日閲覧。 
  11. ^ Marjorie Taylor Greene (R-GA) Releases Video Statement from White House on Jan. 6 Electoral Objection | Representative Marjorie Greene”. greene.house.gov. 2021年2月19日閲覧。
  12. ^ a b Martin, Jeffery (13 January 2021). "QAnon-Linked Congresswoman to File Impeachment Articles Against Biden on January 21". Newsweek. 2021年1月14日閲覧
  13. ^ a b c Foran, Clare; Diaz, Daniella; Grayer, Annie (2021年2月4日). “House votes to remove Marjorie Taylor Greene from committee assignments”. CNN. https://www.cnn.com/2021/02/04/politics/house-vote-marjorie-taylor-greene-committee-assignments/index.html 2021年2月4日閲覧。 
  14. ^ Rodrigo, Chris Mills (2020年11月30日). “Rep.-elect Marjorie Taylor Greene (R-Ga.-14)” (英語). The Hill. https://thehill.com/new-members-guide-2020/527754-rep-elect-marjorie-taylor-greene-r-ga-14 2020年12月3日閲覧。 
  15. ^ a b Greene, Marjorie Taylor”. The Biographical Directory of the United States House of Representatives. The United States House of Representatives (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  16. ^ a b c d “Marjorie Taylor Greene: How an Outspoken MAGA Fan Built a Following in a World of Extremists” (英語). Southern Poverty Law Center. (2019年8月16日). https://www.splcenter.org/hatewatch/2019/08/16/marjorie-taylor-greene-how-outspoken-maga-fan-built-following-world-extremists 2020年8月12日閲覧。 
  17. ^ Dickson, E. J. (2020年8月12日). “Marjorie Taylor Greene, Trump's Favorite QAnon Candidate, Wins Georgia Primary”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/politics/politics-news/marjorie-taylor-greene-georgia-qanon-congress-1043129/ 2020年11月5日閲覧。 
  18. ^ Galloway, Jim (2019年7月29日). “Next year's Sixth District contest could be an in-your-face debate over guns”. The Atlanta Journal Constitution. https://www.ajc.com/blog/politics/next-year-sixth-district-contest-could-your-face-debate-over-guns/F8bEviF0ZwtQsVZ4tc1J6K/ 2005年2月5日閲覧。 
  19. ^ Tagami, Ty (2020年2月4日). “Greene references gun incident at her Georgia high school”. Atlanta Journal Constitution. https://www.ajc.com/education/greene-references-gun-incident-at-her-georgia-high-school/H4IJIIOFOJFFJAIW42LX7COHWE/ 2021年2月5日閲覧。 
  20. ^ Looney, Emily (1990年9月6日). “Teen Who Held Hostages In School in Georgia Surrenders After 5 Hours”. The Associated Press. https://apnews.com/article/b41718f3d339dabd4c7d1cf700cc8a45 2021年2月5日閲覧。 
  21. ^ Inc. Company Profile”. Inc.com. Inc. Magazine (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  22. ^ PPP loan data”. FederalPay.org. www.FederalPay.Org (2020年2月4日). 2020年2月4日閲覧。
  23. ^ PPP program funding list”. www.CNN.com. Cable News Network (CNN) (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  24. ^ Georgia Lawmakers' Businesses Among Coronavirus Relief Loan Recipients”. www.GPB.org. Georgia Public Broadcasting (2021年7月27日). 2021年2月4日閲覧。
  25. ^ Self-funding QAnon candidate gave own campaign $450,000 after getting PPP loan”. Salon.com. Salon.com (2020年10月9日). 2021年2月4日閲覧。
  26. ^ Cowan, John (2020年7月21日). “Greene should return company's PPP loan”. www.YouTube.com. YouTube (google). 2021年2月4日閲覧。
  27. ^ a b c Jacobs, Ben (30 January 2021). "Marjorie Taylor Greene Is 'the Worst Enemy for Most Causes That She Supposedly Supports'". New York Magazine.
  28. ^ Crossfit comeback: Alpharetta athlete (Travis Mayer) competes in national games”. NorthFulton.com. The Forsyth Herald newspaper (2013年8月6日). 2021年2月4日閲覧。
  29. ^ Crossfit comeback: Alpharetta athlete (Travis Mayer) competes in national games”. Issuu.com. The Forsyth Herald newspaper (2013年8月6日). 2021年2月4日閲覧。
  30. ^ Articles: Majorie Taylor Greene”. Law Enforcement Today. Captain Robert Greenberg (2018年). 2021年2月4日閲覧。
  31. ^ Bedard, Paul (2020年8月21日). “Marjorie Greene declares war on media ‘garbage’ and politically correct ‘poison’”. The Washington Examiner. https://www.washingtonexaminer.com/washington-secrets/marjorie-greene-declares-war-on-media-garbage-pc-poison 2021年2月7日閲覧。 
  32. ^ Corn, David. “Marjorie Taylor Greene was a moderator of a Facebook group featuring death threats and racist memes.”. 2021年2月19日閲覧。
  33. ^ Stilwell, Don (2019年12月13日). “Marjorie Greene officially shifts campaign to District 14 congressional seat”. Marietta Daily Journal. https://www.mdjonline.com/neighbor_newspapers/news/state/marjorie-greene-officially-shifts-campaign-to-district-congressional-seat/article_2cad8023-f01c-5c2b-a9ff-33447520a498.html 2020年6月10日閲覧。 
  34. ^ Campaign Reports – Contribution Search Results”. ethics.ga.gov. Georgia Government Transparency and Campaign Finance Division (2021年2月5日). 2021年2月5日閲覧。
  35. ^ Weill, Kelly (2020年5月22日). “This Fringe Group’s Anti-Racist Rebrand Is Going Horribly Wrong”. The Daily Beast. https://www.thedailybeast.com/american-patriots-usas-anti-racist-rebrand-is-going-horribly-wrong 2021年2月7日閲覧。 
  36. ^ Beer, Tommy (2021年2月4日). “Extremist Paramilitary Groups Form Alliance To Advocate For Georgia’s Secession From U.S.”. Forbes Magazine. https://www.forbes.com/sites/tommybeer/2021/02/04/extremist-paramilitary-groups-form-alliance-to-advocate-for-georgias-secession-from-us/?sh=5167b543e248 2021年2月7日閲覧。 
  37. ^ Massey, Bod (1998年7月5日). “Dancing with the Devil”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/wp-srv/style/features/klan.htm 2021年2月7日閲覧。 
  38. ^ Joyner, Chris (2021年5月19日). “Georgia candidates embrace group with extremist ties”. The Atlanta Journal Constitution. https://www.ajc.com/news/state--regional-govt--politics/georgia-candidates-embrace-group-with-extremist-ties/LtUVaLX44kEFMvK7ECIOdP/ 2021年2月7日閲覧。 
  39. ^ “Neo Nazi Seeks the Barr of Justice”. The Southern Poverty Law Center, Intelligence Report. (2003年8月15日). https://www.splcenter.org/fighting-hate/intelligence-report/2003/neo-nazi-seeks-barr-justice 2021年2月7日閲覧。 
  40. ^ a b Kranish, Michael; Thebault, Reis; McCrummen, Stephanie. “How Rep. Marjorie Taylor Greene, promoter of QAnon's baseless theories, rose with support from key Republicans” (英語). Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/politics/greene-qanon-house-trump-republicans/2021/01/30/321b4258-623c-11eb-ac8f-4ae05557196e_story.html 2021年1月31日閲覧。 
  41. ^ Beer, Tommy (2021年2月4日). “Extremist Paramilitary Groups Form Alliance To Advocate For Georgia’s Secession From U.S.”. Forbes Magazine. https://www.forbes.com/sites/tommybeer/2021/02/04/extremist-paramilitary-groups-form-alliance-to-advocate-for-georgias-secession-from-us/?sh=5167b543e248 2021年2月7日閲覧。 
  42. ^ a b Filbin, Patrick (2020年6月5日). “Facebook deletes Georgia congressional candidate Marjorie Greene's ad”. Chattanooga Times Free Press. https://www.timesfreepress.com/news/local/story/2020/jun/05/facebook-deletes-marjorie-greene-ad-inciting/524666/ 2020年9月5日閲覧。 
  43. ^ a b c Kuznia, Rob; Richards, Collette; Griffin, Drew (2020年9月23日). “Congressional candidate's apparent ascent to Congress could be a 'bellwether' for QAnon”. https://www.cnn.com/2020/09/23/politics/marjorie-taylor-greene-qanon-congress-invs/index.html 2020年11月28日閲覧。 
  44. ^ Evans, Beau (2020年6月10日). “Marjorie Greene, John Cowan likely headed for runoff in Georgia's 14th Congressional District”. The Calhoun Times. Capitol Beat News Service. https://www.northwestgeorgianews.com/calhoun_times/marjorie-greene-john-cowan-likely-headed-for-runoff-in-georgias-14th-congressional-district/article_fd3b400e-ab27-11ea-bc3e-d7ad0cb56b48.html 2020年6月13日閲覧。 
  45. ^ Marjorie Taylor Greene , John Cowan (15 July 2020). 'Cowan On the Ropes, Greene Dominates Georgia 14th Congressional Debate' (video) (English). Walker County Republican Party. 該当時間: 15:15. 2020年2月5日閲覧
  46. ^ Rosenberg, Matthew; Herndon, Astead W.; Corasaniti, Nick (2020年8月11日). “Marjorie Taylor Greene, a QAnon Supporter, Wins House Primary in Georgia”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2020/08/11/us/politics/marjorie-taylor-greene-qanon-georgia-primary.html 2020年8月13日閲覧。 
  47. ^ GA - District 14 - History”. Our Campaigns. 2020年10月23日閲覧。
  48. ^ Cook Partisan Voting Index”. 2021年2月19日閲覧。 for the 116th Congress
  49. ^ Cohen, Max (2020年8月12日). “Trump calls Georgia GOP candidate who embraces QAnon a 'future Republican Star'”. Politico. https://www.politico.com/news/2020/08/12/trump-georgia-qanon-taylor-greene-394204 2020年9月5日閲覧。 
  50. ^ Bluestein, Greg (2020年9月12日). “Why Marjorie Taylor Greene's opponent quit the House race”. The Atlanta Journal-Constitution. https://www.ajc.com/politics/politics-blog/why-marjorie-taylor-greenes-opponent-quit-the-house-race/E3TYSMAAPRDUPPB6F3BBQAFCME/ 2020年9月13日閲覧。 
  51. ^ Bluestein, Greg (2020年9月12日). “Why Marjorie Taylor Greene's opponent quit the House race”. The Atlanta Journal-Constitution. https://www.ajc.com/politics/politics-blog/why-marjorie-taylor-greenes-opponent-quit-the-house-race/E3TYSMAAPRDUPPB6F3BBQAFCME/ 2020年9月13日閲覧。 
  52. ^ McCrummen, Stephanie (2020年10月17日). “The 31-day campaign against QAnon”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/nation/2020/10/17/kevin-van-ausdal-qanon-marjorie-greene-georgia/ 2020年10月22日閲覧。 
  53. ^ Reinstein, Julia (2020年9月4日). “A QAnon-Supporting Congressional Candidate Posted A Pic Of Herself Holding A Gun Next To The "Squad"”. BuzzFeed News. https://www.buzzfeednews.com/article/juliareinstein/marjorie-taylor-greene-qanon-gun-facebook-squad 
  54. ^ Bade, Rachael; Wagner, John (2020年9月4日). “GOP candidate poses with rifle, says she's targeting 'socialist' congresswomen”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/politics/marjorie-taylor-greene-gun-squad-photo/2020/09/04/bb1da24c-eebc-11ea-b4bc-3a2098fc73d4_story.html 2020年9月5日閲覧。 
  55. ^ Brewster, Jack (2020年9月3日). “Trump-Backed QAnon Candidate Posts Meme Showing Off Gun And Urging 'Going On The Offense' Against AOC, The Squad”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/jackbrewster/2020/09/03/trump-backed-qanon-candidate-posts-meme-showing-off-gun-and-urging-offense-against-aoc-the-squad/ 2020年9月5日閲覧。 
  56. ^ Lima, Cristiano (2020年9月4日). “Facebook removes QAnon-supporting candidate's 'squad' post for inciting violence”. Politico. https://www.politico.com/news/2020/09/04/facebook-removes-candidates-squad-post-409175 2020年9月5日閲覧。 
  57. ^ “Georgia 2020 election results” (英語). CNN. https://www.cnn.com/election/2020/results/state/georgia 2021年1月6日閲覧。 
  58. ^ Tatum, Sophie (2017年6月21日). “Handel first female GOP rep elected to Congress in Georgia”. CNN. https://www.cnn.com/2017/06/21/politics/karen-handel-first-gop-woman-rep-congress-wins/index.html 2020年9月6日閲覧。 
  59. ^ Joyner, Chris (2020年11月9日). “Greene falsely claims husband’s voting record reveals a ‘scam’”. The Atlanta Journal Constitution. https://www.ajc.com/politics/election/greene-falsely-claims-husbands-voting-record-reveals-a-scam/DRVWWKU6N5CDFBP7JWKYXTXLYU/ 2020年2月7日閲覧。 
  60. ^ GOP ignored its early fears about Marjorie Taylor Greene” (英語). Axios. 2021年1月29日閲覧。
  61. ^ a b Q's your daddy? Republican funders back conspiracy theorists running for Congress” (英語). www.yahoo.com. 2021年1月30日閲覧。
  62. ^ a b c Edmondson, Catie (2021年1月30日). “Marjorie Taylor Greene's Controversies Are Piling Up. Republicans Are Quiet”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/01/29/us/politics/marjorie-taylor-greene-republicans.html 2021年1月30日閲覧。 
  63. ^ 'Mind-bogglingly irresponsible': meet the Republican donors helping QAnon reach Congress” (英語). The Guardian (2020年8月24日). 2021年1月30日閲覧。
  64. ^ REP- US HOUSE DIST 14”. Georgia Secretary of State. 2020年6月9日閲覧。
  65. ^ August 11, 2020 General Primary – Nonpartisan General Election Runoff”. Georgia Secretary of State. 2020年8月25日閲覧。
  66. ^ Mastrangelo, Dominick (2021年1月4日). “Rep. Marjorie Taylor Greene wears 'Trump won' mask on House floor”. The Hill. https://thehill.com/homenews/532534-rep-elect-marjorie-taylor-greene-wears-trump-won-mask-on-house-floor 2021年1月18日閲覧。 
  67. ^ “GOP bid to object to Michigan's electoral result fails”. CNN. (2021年1月7日). https://www.cnn.com/politics/live-news/congress-electoral-college-vote-count-2021/h_d1a4ed65d72d2d179b6de0489e1df9a8 2021年1月8日閲覧。 
  68. ^ “Georgia lawmakers, officials condemn violent protests at U.S. Capitol”. WSBTV. (2021年1月6日). https://www.wsbtv.com/news/local/atlanta/georgia-lawmakers-officials-condemn-violent-protests-us-capitol/BCHIPQMTVRBIJHOWS4MB4DVVRU/ 2021年1月12日閲覧。 
  69. ^ a b Forgey, Quint (2021年1月13日). “'Depraved': Rep. Jason Crow condemns Rep. Marjorie Taylor Greene's rhetoric ahead of impeachment vote” (英語). Politico. https://www.politico.com/news/2021/01/13/crow-condemns-taylor-greene-rhetoric-458705?fbclid=IwAR1eYHifWvj4NS-lAgqkudZQhny5MF7wJrsuGHxvNothTxfAqYxhjPx8IY0 2021年1月13日閲覧。 
  70. ^ Castronuovo, Celine (2021年1月13日). “Marjorie Taylor Greene says she will introduce impeachment articles against Biden”. The Hill. https://thehill.com/homenews/house/534178-marjorie-taylor-greene-says-she-will-introduce-impeachment-articles-against 2021年1月14日閲覧。 
  71. ^ Choi, Matthew (2021年1月27日). “Rep. Jimmy Gomez drafts resolution to oust Marjorie Taylor Greene from Congress”. Politico. 2021年1月27日閲覧。
  72. ^ a b Grisales, Claudia. “Pelosi Blasts GOP Leadership Over Rep. Marjorie Taylor Greene's Remarks” (英語). NPR.org. 2021年1月28日閲覧。
  73. ^ Nancy Pelosi: "The enemy is within" the House of Representatives”. CBS News (2021年1月28日). 2021年1月29日閲覧。
  74. ^ Pelosi slams GOP on Greene: 'The enemy is within'”. The Hill (2021年1月28日). 2021年1月29日閲覧。
  75. ^ a b c Zanona, Melanie. “GOP under pressure to take action against Marjorie Taylor Greene” (英語). Politico. 2021年1月30日閲覧。
  76. ^ Marjorie Taylor Greene: US House votes to punish Republican”. BBC News. 2021年2月5日閲覧。
  77. ^ a b Caygle, Heather; Ferris, Sarah; Zanona, Melanie (2021年2月1日). “Dems deliver GOP ultimatum over Marjorie Taylor Greene”. Politico. https://www.politico.com/news/2021/02/01/democrats-marjorie-taylor-greene-ultimatum-464382 
  78. ^ Ujifusa, Andrew (2021年1月26日). “Republican Who Endorsed School Shooting Conspiracies to Join House Education Panel” (英語). Education Week. 2021年1月27日閲覧。
  79. ^ House Freedom Fund”. www.housefreedomfund.com. 2020年11月12日閲覧。
  80. ^ a b Behrmann, Savannah (2020年8月12日). “Trump calls QAnon conspiracy theory supporter Marjorie Taylor Greene a GOP 'star' after Georgia win”. USA Today. 2020年8月12日閲覧。
  81. ^ a b Schultz, Marisa (2020年11月18日). “Marjorie Taylor Greene takes on shutdowns, Fauci during first week in Washington” (英語). Fox News. 2020年11月28日閲覧。
  82. ^ Schultz, Marisa (2020年8月14日). “Marjorie Greene, controversial Georgia Republican, says she's not a QAnon candidate”. Fox News. https://www.foxnews.com/politics/marjorie-greene-georgia-gop-says-shes-not-a-qanon-candidate 2020年8月19日閲覧。 
  83. ^ Filbin, Patrick (2020年9月19日). “Catoosa County welcomes congressional candidate Marjorie Taylor Greene for Second Amendment rally”. https://www.timesfreepress.com/news/local/story/2020/sep/19/catoosa-county-welcomes-marjorie-taylor-greene/532547/ 2020年11月28日閲覧。 
  84. ^ a b Broadwater, Luke; Rosenberg, Matthew (2021年1月29日). “Republican Ties to Extremist Groups Are Under Scrutiny” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/01/29/us/republicans-trump-capitol-riot.html 2021年1月29日閲覧。 
  85. ^ Batchelor, Tom (2021年9月21日). “Armed Supporters Surround Trump-Backed QAnon Candidate at Second Amendment Rally”. Newsweek. https://www.newsweek.com/armed-supporters-trump-backed-qanon-marjorie-greene-second-amendment-rally-1533230 2021年1月13日閲覧。 
  86. ^ Moreno, J. Edward (2020年9月4日). “GOP candidate Marjorie Taylor Greene posts image of herself with gun next to members of 'Squad'” (英語). The Hill. 2020年11月28日閲覧。
  87. ^ Rogers, Alex (2020年11月3日). “QAnon promoter Marjorie Taylor Greene wins seat in Congress”. https://edition.cnn.com/2020/11/03/politics/marjorie-taylor-greene-wins/index.html 2020年11月28日閲覧。 
  88. ^ Williams, Jordan (2020年11月14日). “Incoming GOP lawmaker shares video of hotel room workout, citing 'Democrat tyrannical control'” (英語). The Hill. https://thehill.com/homenews/house/525994-incoming-gop-lawmaker-shares-video-of-hotel-room-workout-citing-democrat 2020年12月24日閲覧。 
  89. ^ Enriquez, Keri (2021年1月9日). “Republican members of Congress refuse to wear masks during Capitol insurrection”. CNN. https://www.cnn.com/2021/01/09/politics/republican-congress-members-refuse-masks-trnd/index.html 2021年1月17日閲覧。 
  90. ^ a b c d Mutnick, Ally; Zanona, Melanie (2020年6月18日). “House Republican leaders condemn GOP candidate who made racist videos” (英語). Politico. https://www.politico.com/news/2020/06/17/house-republicans-condemn-gop-candidate-racist-videos-325579 2020年8月12日閲覧。 
  91. ^ Zoellner, Danielle (2021年1月27日). “Marjorie Taylor Greene tried to force Ilhan Omar and Rashida Tlaib to retake their oaths on a Bible”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/marjorie-taylor-greene-omar-tlaib-bible-b1793806.html 2021年1月28日閲覧。 
  92. ^ Andrew L. Seidel (2021年1月29日). “Blinken and 'Blinkered': Two Oath-of-Office Stories Embody a Divided America”. Religion Dispatches. https://religiondispatches.org/blinken-and-blinkered-two-oath-of-office-stories-capture-a-divided-america/ 
  93. ^ アメリカ合衆国憲法”. 2021年2月14日閲覧。
  94. ^ a b Macaya, Melissa; Wagner, Meg; Hayes, Mike (2021年1月4日). “Georgia GOP representative: "Our elections should be decertified"” (英語). CNN. https://edition.cnn.com/politics/live-news/trump-biden-transition-georgia-runoff/h_d6d4ba740c7e7205282f404076ae4d4f 2021年1月13日閲覧。 
  95. ^ Castronuovo, Celine (2021年1月13日). “Marjorie Taylor Greene says she will introduce impeachment articles against Biden” (英語). The Hill. https://thehill.com/homenews/house/534178-marjorie-taylor-greene-says-she-will-introduce-impeachment-articles-against 2021年1月14日閲覧。 
  96. ^ Marcos, Cristina (2021年1月21日). “Rep. Marjorie Greene files articles of impeachment against Biden”. The Hill. https://thehill.com/homenews/house/535317-rep-marjorie-taylor-greene-files-articles-of-impeachment-against-biden 2021年1月24日閲覧。 
  97. ^ “H.Res.57”. 117th United States Congress. (2021年1月21日). https://www.congress.gov/bill/117th-congress/house-resolution/57 
  98. ^ CNN, Em Steck and Andrew Kaczynski. “Marjorie Taylor Greene indicated support for executing prominent Democrats in 2018 and 2019 before running for Congress”. CNN. 2021年2月5日閲覧。
  99. ^ Follman, Mark (2021年1月29日). “A newly uncovered video shows Majorie Taylor Greene endorsed political violence just before Election Day” (英語). Mother Jones. 2021年1月29日閲覧。
  100. ^ a b Thebault, Reis (2021年1月26日). “Rep. Marjorie Taylor Greene's endorsement of conspiracy theories, violence sparks calls for her resignation – again”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/politics/2021/01/26/marjorie-taylor-greene-facebook-violence/ 2021年1月29日閲覧。 
  101. ^ House May Expel QAnon Lawmaker Marjorie Taylor Greene, Dem Congressman Says”. TruthOut (2021年1月27日). 2021年1月27日閲覧。
  102. ^ a b Reimann, Nicholas (2020年6月10日). “A QAnon Follower May Win This U.S. Congressional Seat”. https://www.forbes.com/sites/nicholasreimann/2020/06/10/a-qanon-follower-may-win-this-us-congressional-seat/ 2020年6月13日閲覧。 
  103. ^ “Marjorie Taylor Greene removes social media posts amid scrutiny of past controversial comments”. CNN. (2021年1月28日). https://edition.cnn.com/2021/01/28/politics/kfile-marjorie-taylor-greene-removes-social-media-posts/index.html 
  104. ^ Here's Every Disturbing Conspiracy Marjorie Taylor Greene Believes In: A complete conspiracy compendium”. Vice. Vice Media (2021年1月29日). 2021年1月30日閲覧。 “Georgia Congresswoman Marjorie Taylor Greene does not discriminate – at least when it comes to conspiracy theories.”
  105. ^ Steck, Em; Kaczynski, Andrew (2021年2月4日). “Marjorie Taylor Greene's history of dangerous conspiracy theories and comments”. CNN. https://www.cnn.com/2021/02/04/politics/kfile-marjorie-taylor-greene-history-of-conspiracies/index.html 2021年2月4日閲覧。 
  106. ^ Gilbert, David (2021年1月27日). “Marjorie Taylor Greene Believes in Frazzledrip, QAnon's Wildest Conspiracy Theory”. Vice. https://www.vice.com/en/article/y3gedm/marjorie-taylor-greene-believes-in-frazzledrip-qanons-wildest-conspiracy-theory 
  107. ^ Thebault, Reis. “Rep. Marjorie Taylor Greene's endorsement of conspiracy theories, violence sparks calls for her resignation – again”. 2021年2月19日閲覧。
  108. ^ Hananoki, Eric (2021年1月26日). “Marjorie Taylor Greene endorsed a deranged conspiracy theory about Democrats and satanic child murder”. Media Matters for America. https://www.mediamatters.org/facebook/marjorie-taylor-greene-endorsed-deranged-conspiracy-theory-about-democrats-and-satanic 2021年1月26日閲覧。 
  109. ^ Coaston, Jane (2018年12月12日). “YouTube's conspiracy theory crisis, explained”. Vox. 2021年2月19日閲覧。
  110. ^ Marjorie Taylor Greene [@mtgreene]. "Communists bloggers like @mmfa run the same playbook of lies and smears on people they feel threatened by" (ツイート). Twitterより2021年2月19日閲覧
  111. ^ Domonoske, Camila (2020年8月12日). “QAnon Supporter Who Made Bigoted Videos Wins Ga. Primary, Likely Heading To Congress”. NPR. https://www.npr.org/2020/08/12/901628541/qanon-supporter-who-made-bigoted-videos-wins-ga-primary-likely-heading-to-congre 2020年9月5日閲覧。 
  112. ^ Brufke, Juliegrace (2020年8月14日). “Controversial GOP Georgia candidate attempts to distance from QAnon”. The Hill. https://thehill.com/homenews/campaign/512143-controversial-gop-georgia-candidate-attempts-to-distance-from-qanon 2021年1月13日閲覧。 
  113. ^ Sack, Lawton (2019年5月30日). “Las Vegas Shooting Conspiracist Running in GA-6”. https://www.georgiapol.com/2019/05/30/las-vegas-shooting-conspiracist-running-in-ga-6/ 2020年8月12日閲覧。 
  114. ^ GOP candidate Marjorie Taylor Greene spread conspiracies about Charlottesville and 'Pizzagate'”. CNN (2020年8月25日). 2021年1月27日閲覧。
  115. ^ a b Rodrigo, Chris (2021年2月1日). “QAnon-supporting congressional candidate embraced 9/11 conspiracy theory”. The Hill. https://thehill.com/policy/technology/511888-qanon-supporting-congressional-candidate-embraced-9-11-conspiracy-theory 2021年2月1日閲覧。 
  116. ^ Strauss, Daniel (2020年9月18日). “QAnon conspiracy theorist to feel warm embrace of Republicans in Congress”. The Guardian. https://www.theguardian.com/us-news/2020/sep/18/republican-qanon-congress-marjorie-taylor-greene 2021年1月27日閲覧。 
  117. ^ Rep. Marjorie Taylor Greene video: Obama secretly a Muslim, Clintons killed JFK Jr., Pentagon attack on 9/11 is questionable”. Chicago Tribune (2021年1月30日). 2021年2月2日閲覧。
  118. ^ a b c Vallejo, Justin (2021年1月30日). “Marjorie Taylor Greene suggested Ruth Bader Ginsburg had been replaced by a body double”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/marjorie-taylor-greene-qanon-rbg-body-double-b1795025.html 2021年2月1日閲覧。 
  119. ^ O'Sullivan, Eilish (2021年1月30日). “Marjorie Taylor Greene suggested Ruth Bader Ginsburg had a body double”. The Daily Dot. https://www.dailydot.com/debug/marjorie-taylor-greene-ruth-bader-ginsburg-body-double/ 2021年2月1日閲覧。 
  120. ^ Hananoki, Eric (2021年1月19日). “Rep. Marjorie Taylor Greene on Facebook in 2018: Parkland school shooting was a false flag planned event”. Media Matters for America. https://www.mediamatters.org/false-flag-conspiracy-theory/rep-marjorie-taylor-greene-facebook-2018-parkland-school-shooting-was 2021年1月19日閲覧。 
  121. ^ Hananoki, Eric (2021年1月21日). “On Facebook in 2018, Rep. Marjorie Taylor Greene endorsed conspiracy theories that 9/11 was an inside job and that Sandy Hook was staged”. Media Matters for America. 2021年1月22日閲覧。
  122. ^ Jamieson, Amber (2021年1月19日). “Parkland Survivors Want Marjorie Taylor Greene To Resign For Calling The Shooting A "False Flag"”. BuzzFeed News. https://www.buzzfeednews.com/article/amberjamieson/marjorie-taylor-greene-parkland-false-flag 
  123. ^ Salcedo, Andrea (2021年1月22日). “Advocates push for Marjorie Taylor Greene's resignation over report that she spread falsehoods about school shootings”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/nation/2021/01/22/marjorie-taylor-greene-parkland-sandyhook/ 
  124. ^ a b c Gregorian, Dareh; Richardson, Randi; Moe, Alex (2021年2月3日). “Marjorie Taylor Greene mocked Parkland survivor in unearthed video: An 'idiot' who's trained 'like a dog'”. NBC News. https://www.nbcnews.com/politics/congress/marjorie-taylor-greene-mocked-parkland-survivor-unearthed-video-idiot-who-n1256516 2021年2月3日閲覧。 
  125. ^ a b MacGuill, Dan (2021年1月28日). “Did Marjorie Taylor Greene Confront a Parkland Shooting Survivor and Call Him a 'Coward'?”. Snopes. https://www.snopes.com/fact-check/marjorie-taylor-greene-parkland/?utm_source=agorapulse&utm_campaign=1p 2021年1月28日閲覧。 
  126. ^ Marcos, Cristina (2021年1月27日). “Video shows Rep. Greene calling Parkland shooting survivor a 'coward'”. The Hill. https://thehill.com/homenews/house/536118-video-shows-rep-marjorie-taylor-greene-calling-parkland-shooting-survivor-a 2021年1月27日閲覧。 
  127. ^ Gonzalez, Oriana (2021年1月28日). “David Hogg: "I absolutely remember" Marjorie Taylor Greene harassment”. Axios. https://www.axios.com/david-hogg-marjorie-taylor-green-harassment-8fbfb81a-3745-40d3-973b-b5daca948d86.html 2021年1月29日閲覧。 
  128. ^ O'Kane, Caitlin (2021年1月28日). “Reporter says she was threatened with arrest after trying to ask Rep. Marjorie Taylor Greene a question at town hall”. cbsnews.com (CBS News). https://www.cbsnews.com/news/marjorie-taylor-greene-town-hall-reporter-question/?ftag=CNM-00-10aab6a&linkId=110170629&fbclid=IwAR0cXIN33_AtKNoLsJYIM6E2s-0Gtec0TLDGPRVZkSPWNPXc45Hqx0XpxkU 2021年1月28日閲覧。 
  129. ^ Hamad, Michael (2021年1月28日). “Rep. Jahana Hayes asks Georgia Rep. Marjorie Taylor Greene not be seated on House Education Committee after she questioned legitimacy of Sandy Hook shooting”. The Hartford Courant. https://www.courant.com/politics/hc-pol-jahana-hayes-marjorie-taylor-greene-20210128-6mh4y37yvvh2zb66jqzn46ebmi-story.html 
  130. ^ Marjorie Taylor Greene shared antisemitic and Islamophobic video”. The Jerusalem Post (2020年8月27日). 2021年1月27日閲覧。
  131. ^ Nadler, Ben; Bynum, Russ (2020年8月12日). “QAnon-supporting candidate unrepentant despite GOP criticism”. https://apnews.com/d78785cf8183d11c7e52d7aad5949279 2020年8月13日閲覧。 
  132. ^ Hananoki, Eric (2021年1月28日). “Marjorie Taylor Greene penned conspiracy theory that a laser beam from space started deadly 2018 California wildfire”. Media Matters for America. https://www.mediamatters.org/facebook/marjorie-taylor-greene-penned-conspiracy-theory-laser-beam-space-started-deadly-2018 2021年1月28日閲覧。 
  133. ^ Ting, Eric (2021年1月28日). “Marjorie Taylor Greene's nonsense theory about the Camp Fire, Jerry Brown and space lasers”. SFGate. https://www.sfgate.com/politics/amp/Marjorie-Taylor-Greene-California-wildfires-lasers-15906292.php 2021年1月30日閲覧。 
  134. ^ Steinberg, Rachel (2021年1月29日). “Congresswoman's comments linking Rothschilds to California wildfires prompt mockery and outrage”. The Jewish Chronicle. https://www.thejc.com/news/us/congresswoman-s-comments-linking-rothschilds-to-california-wildfires-prompt-mockery-and-outrage-1.511357 2021年1月30日閲覧。 
  135. ^ Chait, Jonathan (2021年1月28日). “GOP Congresswoman Blamed Wildfires on Secret Jewish Space Laser”. New York. 2021年1月29日閲覧。
  136. ^ David Brennan (2021年2月5日). “Jewish Groups Praise House Vote to Sanction 'Bigoted' Marjorie Taylor Greene”. Newsweek. https://www.newsweek.com/jewish-groups-praise-house-vote-censure-bigoted-marjorie-taylor-greene-1567064 
  137. ^ “Marjorie Taylor Greene's 'Jewish Space Lasers' Conspiracy Theory Met With Derision, Jokes”. Newsweek. (2021年1月29日). https://www.newsweek.com/marjorie-taylor-greene-jewish-space-laser-mockery-1565325 2021年2月19日閲覧。 
  138. ^ “Truth set ablaze by conspiracy theories”. Los Angeles Times. (2021年1月30日) 
  139. ^ Facebook Post Referencing Solaren Space Solar – Setting the Record Straight”. solarenspace.com (2021年1月29日). 2021年1月31日閲覧。
  140. ^ a b Grayer, Annie; Raju, Manu; Foran, Clare (2021年2月2日). “House Democrats move swiftly to strip Marjorie Taylor Greene of committee assignments”. CNN. https://www.cnn.com/2021/02/01/politics/marjorie-taylor-greene-committee-assignments/index.html 2021年2月2日閲覧。 
  141. ^ a b “McConnell says Marjorie Taylor Greene is a "cancer for the Republican Party"”. CBS News. (2021年2月2日). https://www.cbsnews.com/news/mitch-mcconnell-marjorie-taylor-greene-cancer-republican-party/ 2021年2月3日閲覧。 
  142. ^ a b c Marcus, Josh (2021年2月2日). “Mitt Romney says GOP has no space for 'kooks' like Marjorie Taylor Greene”. The Independent. https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/marjorie-taylor-green-mitt-romney-kooks-b1796590.html 2021年2月3日閲覧。 
  143. ^ a b Brufke, Juliegrace; Wong, Scott (2021年2月1日). “McConnell says Taylor Greene's embrace of conspiracy theories a 'cancer' to GOP, country”. The Hill. https://thehill.com/homenews/house/536850-mcconnell-says-taylor-greene-a-cancer-to-gop-country 2021年2月2日閲覧。 
  144. ^ a b Dean, Jessica; Kelly, Caroline (2021年2月2日). “McConnell: Marjorie Taylor Greene's views are a 'cancer' for the GOP”. CNN. https://edition.cnn.com/2021/02/01/politics/mcconnell-marjorie-taylor-greene-cancer-republican-party/index.html 2021年2月2日閲覧。 
  145. ^ a b “US Republican Senate leader Mitch McConnell calls Marjorie Taylor Greene's 'loony lies' a 'cancer'”. Associated Press. (2021年2月2日). https://www.abc.net.au/news/2021-02-02/democrats-bid-to-remove-marjorie-taylor-greene-from-committees/13112588 2021年2月2日閲覧。 
  146. ^ “Marjorie Taylor Greene: Congresswoman faces expulsion threat”. BBC News. (2021年2月2日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-55897126 2021年2月2日閲覧。 
  147. ^ Kilgore, Ed (2021年2月2日). “Why Did McConnell Attack Greene and Defend Cheney?”. New York Intelligencer. https://nymag.com/intelligencer/2021/02/why-did-mcconnell-attack-greene-and-defend-cheney.html 2021年2月3日閲覧。 
  148. ^ Pilkington, Ed (2021年2月2日). “Mitch McConnell says congresswoman's 'loony lies' are 'a cancer' for Republicans”. The Guardian. https://www.theguardian.com/us-news/2021/feb/01/mitch-mcconnell-conspiracy-theories-cancer-marjorie-taylor-greene 2021年2月2日閲覧。 
  149. ^ a b c d Peterson, Kristina; Wise, Lindsay (2021年2月2日). “McConnell, McCarthy Take Different Approaches in Post-Trump Era”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/mcconnell-mccarthy-take-different-approaches-in-post-trump-era-11612311215 2021年2月2日閲覧。 
  150. ^ a b c d Raju, Manu; Zaslav, Ali; Fox, Lauren (2021年2月2日). “GOP senators distance themselves from Marjorie Taylor Greene but no decision yet on removing her from committees”. CNN. https://edition.cnn.com/2021/02/02/politics/marjorie-taylor-greene-republican-reaction/index.html 2021年2月3日閲覧。 
  151. ^ Fram, Alan; Peoples, Steve; Slodysko, Brian (2021年2月3日). “McCarthy meets with Rep. Greene; GOP faces Cheney decision”. ABC News. https://abcnews.go.com/Politics/wireStory/mcconnell-praises-cheney-hits-marjorie-taylor-greene-75634597 2021年2月3日閲覧。 
  152. ^ Bade, Rachael (2020年2月2日). “Politico Playbook: Cheney and Greene face their reckonings”. Politico (Politico.com). https://www.politico.com/newsletters/playbook/2021/02/02/cheney-and-greene-face-their-reckonings-491599 2021年2月5日閲覧。 
  153. ^ House votes to remove Marjorie Taylor Greene from committee assignments”. CNN. 2021年2月19日閲覧。
  154. ^ House Republican leader punts on punishing Marjorie Taylor Greene as Democrats move toward removing her from committees”. CNN. 2021年2月19日閲覧。
  155. ^ House Democrats advance measure to strip Marjorie Taylor Greene from committees”. www.cbsnews.com. 2021年2月19日閲覧。
  156. ^ Nancy Pelosi Identifies Kevin McCarthy as '(Q- CA)'” (2021年2月3日). 2021年2月19日閲覧。
  157. ^ Marcos, Cristina; Lillis, Mike (2021年2月4日). “House votes to kick Greene off committees over embrace of conspiracy theories”. The Hill. https://thehill.com/homenews/house/537445-house-votes-to-kick-greene-off-committees-over-embrace-of-conspiracy-theories 2021年2月4日閲覧。 
  158. ^ a b Smith, Allan (2021年1月17日). “Twitter temporarily suspends GOP Rep. Marjorie Taylor Greene” (英語). https://www.nbcnews.com/politics/congress/twitter-temporarily-suspends-gop-rep-marjorie-taylor-greene-n1254557 2021年1月17日閲覧。 
  159. ^ a b Chappell, Bill (2021年1月17日). “Twitter Suspends Rep. Marjorie Taylor Greene's Account” (英語). NPR. https://www.npr.org/sections/insurrection-at-the-capitol/2021/01/17/957891462/twitter-suspends-rep-marjorie-taylor-greene-s-account-temporarily 2021年1月17日閲覧。 
  160. ^ O'Sullivan, Donie; LeBlanc, Paul. “Twitter temporarily suspends Rep. Marjorie Taylor Greene for election misinformation”. https://www.cnn.com/2021/01/17/politics/marjorie-taylor-greene-twitter/index.html 2021年1月17日閲覧。 
  161. ^ Fuchs, Hailey (2021年1月17日). “Twitter temporarily suspends Marjorie Taylor Greene's personal account.” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2021/01/17/us/twitter-temporarily-suspends-marjorie-taylor-greenes-personal-account.html 2021年1月17日閲覧。 
  162. ^ Murdock, Jason (2021年1月18日). “Marjorie Taylor Greene Says Twitter Not 'Judge of Humanity' in First Tweet Since Suspension”. Newsweek. https://www.newsweek.com/marjorie-taylor-greene-twitter-judge-humanity-first-tweet-suspension-1562372 2021年1月18日閲覧。 
  163. ^ Spocchia, Gino (2021年2月12日). “Father of child with Down's syndrome confronts Marjorie Taylor Greene over disabled slur at GOP meeting”. news.yahoo.com (The Independent). https://www.yahoo.com/news/father-child-down-syndrome-confronts-134958923.html 2021年2月12日閲覧。 
  164. ^ Constitutional Qualifications”. history.house.gov. The Office of the Historian of the U.S. House of Representatives (2021年2月4日). 2021年2月4日閲覧。
  165. ^ Wagner, Diane (2019年12月9日). “GOP candidate from outside the district eyeing Graves' Congressional seat”. Rome News-Tribune. https://www.northwestgeorgianews.com/rome/news/local/gop-candidate-from-outside-the-district-eyeing-graves-congressional-seat/article_c8a4be70-1ac1-11ea-b192-bf6c7065f882.html 2020年6月10日閲覧。 
  166. ^ Hagen, Lisa; Haxel, Chris (2020年10月22日). “NPR Podcast 'No Compromise' Spotlights America's 'QAnon Candidate'”. NPR. https://www.npr.org/2020/10/22/926538094/npr-podcast-monitors-georgia-woman-called-americas-qanon-candidate 2020年10月22日閲覧。 
  167. ^ Official member list for 117th Congress
  168. ^ FEC Form 2 for Report FEC-1489640”. docquery.fec.gov. 2021年2月1日閲覧。
  169. ^ Who is Marjorie Taylor Greene's husband? Meet Perry Greene”. The Focus. The Focus (2021年1月5日). 2021年2月4日閲覧。
  170. ^ Marjorie Taylor Greene, vs. Perry Clarke Greene, Case No. 2012CV217352 (Fulton County Superior Court Family Court Division July 3, 2012).
  171. ^ a b Levin, Bess (2021年2月12日). “If Marjorie Taylor Greene Spent More Time With Polyamorous Tantric-Sex Gurus And Less Time Spreading Insane Conspiracy Theories The Country Would Be Better Off”. Vanity Fair. 2021年2月15日閲覧。
  172. ^ a b Ricci, Kimberly (2021年2月11日). “Wacky QAnon Congresswoman Marjorie Taylor Greene Denies Cheating On Her Husband With A ‘Polyamorous Tantric Sex Guru’ And The Manager At Her Crossfit Gym”. Uproxx. 2021年2月15日閲覧。
  173. ^ a b Rolli, Bryan (2021年2月12日). “Twitter thinks Marjorie Taylor Greene’s tantric sex guru lover is out of her league”. The Daily Dot. 2021年2月15日閲覧。
  174. ^ Greene, Marjorie (2011). Baptism Video Marjorie Greene - SP Grad [Baptism Video Marjorie Greene - SP Grad] (Video (Vimeo)). Atlanta: Starting Point.
  175. ^ Gira Grant, Melissa. “The Ascension of Marjorie Taylor Greene”. The New Republic. https://newrepublic.com/article/161222/ascension-marjorie-taylor-greene 2020年2月4日閲覧。 

外部リンク編集

アメリカ合衆国下院
先代:
トム・グレイヴス英語版
ジョージア州第14選挙区英語版選出の下院議員英語版
2021年 - 現職
現職
アメリカ合衆国の儀礼席次英語版
先代:
ボブ・グッド英語版
アメリカ合衆国下院議員の序列英語版
第396位
次代:
ダイアナ・ハーシュバーガー英語版