マーセル・セローMarcel Theroux, 1968年 - )は、イギリスの作家、テレビキャスター。名前は「マルセル」とも表記。

父は作家のポール・セロー。弟はTVドキュメンタリー製作者のルイス・セロー。従兄弟に俳優のジャスティン・セロー

ウガンダに生まれ、英国で育つ。ケンブリッジ大学で英文学を、イエール大学でソヴィエト、東欧の国際関係を研究。

環境問題から日本の「わびさび」まで、多様なテーマのドキュメンタリー番組制作に携わるほか、2002年に発表した小説『ペーパーチェイス』でサマセット・モーム賞を受賞。『極北』で全米図書賞及びアーサー・C・クラーク賞の最終候補となり、「主要な文学賞が見過ごしている格別に優れた作品」に贈られるフランスのリナペルスュ賞を受賞している。

2014年、ジョン・W・キャンベル記念賞を『Strange Bodies』で受賞。

日本語訳編集

  • 「極北」 村上春樹訳 中央公論新社 2012/中公文庫 2020

参照編集

参考文献編集

  • 『極北』著者紹介

外部リンク編集