マーチャントネイビー

マーチャントネイビー (Merchant Navy[1]) はオーストラリア生産、同国及びアイルランド調教の競走馬種牡馬である。主な勝ち鞍は2017年クールモアスタッドステークス(GI)、2018年ダイヤモンドジュビリーステークス(GI)。

マーチャントネイビー
Owner Mr Derrick Smith.svg
デリック・スミスの勝負服
欧字表記 Merchant Navy[1]
品種 サラブレッド
性別 [2]
毛色 鹿毛[2]
生誕 2014年11月14日[2]
Fastnet Rock[2]
Legally Bay[2]
母の父 Snippets[2]
生国 オーストラリアの旗 オーストラリア
生産 C Barhan, Qld[2]
馬主 Seymour Bloodstock,
Halo Racing Services Pty Ltd Et
→Merchant Navy Synd/Smith/Magnier/Tabor[2]
調教師 Ciaron Maher(オーストラリアの旗 オーストラリア
→Aaron Purcell(オーストラリアの旗 オーストラリア
エイダン・オブライエンアイルランドの旗 アイルランド
競走成績
生涯成績 10戦7勝[2]
獲得賞金 £951,009[2]
 
勝ち鞍
GI クールモアスタッドステークス 2017年
GI ダイヤモンドジュビリーステークス 2018年
テンプレートを表示

戦績編集

2014年11月14日にオーストラリアで誕生。2016年のイースター1歳馬セールに上場され、セジェンホースタッド(Segenhoe Stud)のピーター・オブライエンによって35万オーストラリアドルによって落札された[3]

2017年3月にデビューすると、無傷の4連勝で重賞制覇を果たす。しかし、デビュー5戦目で初のG1出走となったゴールデンローズステークスでは10着と大敗を喫してしまう。レース後、デビュー以来所属していたシアロン・マー厩舎からアーロン・パーセル厩舎へと転厩した。転厩初戦のクールモアスタッドステークスを制し、G1初制覇[4]

クールモアスタッドステークス制覇の翌月、クールモアスタッドによって種牡馬としての権利が購入され、引退後は父ファストネットロックと同じ クールモア・オーストラリアで種牡馬入りすることが決まった。購入金額は推定で3000万オーストラリアドル以上とされる[3]。クールモア・オーストラリアのトム・マグニア場長は「ファストネットロックの最良の後継スプリンターを手に入れることができて胸が躍る思いです」とコメントした[5]

ロイヤルアスコット開催への挑戦のため、2018年4月にアイルランドエイダン・オブライエン厩舎に移籍。移籍初戦ではグリーンランズステークスでは気候の変化にまだ不慣れな状態ながら快勝すると、本番のダイヤモンドジュビリーステークスでは南半球ではまだ3歳馬の馬齢ながら他の古馬と同斤量を背負う不利を跳ね除けて勝利し、南北両半球でのG1制覇を達成した[6]

その後、オブライエン師はジュライカップへ出走させる希望を持っていたが、6月29日に現役引退と種牡馬入りが発表された[6]

競走成績編集

以下の内容は、Racing Post[2]の情報に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2017.03.02 レーシングコムパーク 未勝利 芝1200m 1着 M.ザーラ 1馬身3/4 (Aberro)
0000.04.05 ラドブロークスパーク ハンデキャップ競走 芝1400m 1着 M.ザーラ 1馬身 (Platinum)
0000.04.25 フレミントン ANZACデーステークス L 芝1400m 1着 L.ノレン 1馬身 (Casino Fourteen)
0000.09.02 コーフィールド H.D.F.マクニールステークス G3 芝1200m 1着 M.ザーラ アタマ (Booker)
0000.09.23 ローズヒルガーデンス ゴールデンローズステークス G1 芝1400m 10着 M.ザーラ 8馬身1/2 Trapeze Artist
0000.11.04 フレミントン クールモアスタッドステークス G1 芝1200m 1着 M.ザーラ アタマ (Invincible Star)
2018.02.10 コーフィールド ルビトンステークス G2 芝1100m 3着 M.ザーラ 1/2馬身 (Super Cash)
0000.03.10 フレミントン ニューマーケットハンデキャップ G1 芝1200m 3着 C.スコフィールド クビ Redkirk Warrior
0000.05.26 カラ グリーンランズステークス G2 芝6f 1着 R.ムーア 1馬身 (Spirit Of Valor)
0000.06.23 アスコット ダイヤモンドジュビリーステークス G1 芝6f 1着 R.ムーア 短頭 (City Light)

種牡馬時代編集

2019年からクールモア・オーストラリア種牡馬入り。初年度の種付け料は5万5000オーストラリアドルに設定された[4]

血統表編集

マーチャントネイビー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 デインヒル系
[§ 2]

Fastnet Rock
2001 鹿毛
父の父
*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
父の母
Piccadilly Circus
1995 鹿毛
*ロイヤルアカデミーII Nijinsky
Crimson Saint
Gatana Marauding
Twigalae

Legally Bay
2000 栗毛
Snippets
1984 鹿毛
Lunchtime Silly Season
Great Occasion
Easy Date Grand Chaudiere
Scampering
母の母
Decidity
1993 鹿毛
*ラストタイクーン *トライマイベスト
Mill Princess
Class Twig Moss
Pirouette
母系(F-No.) 1号族(FN:1-n) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×5×5×5=15.63%、Twig Moss5×4=9.38%、Natalma5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ Free 5X Pedigrees. 2019年9月20日閲覧
  2. ^ Free 5X Pedigrees. 2019年9月20日閲覧
  3. ^ Thoroughbred Bloodlines - Chelandry - Family 1-n. 2019年9月20日閲覧
  4. ^ Free 5X Pedigrees. 2019年9月20日閲覧
  • 母リーガリーベイ(Legally Bay)は豪G2スイートエンブレイスステークスの勝ち馬[7]
  • 全兄ジョリーベイ(Jolie Bay)は豪G2ローマンコンサルステークスの勝ち馬で、クールモアスタッドステークス2着の実績を持つ[8]

脚注編集

  1. ^ a b Merchant Navy (AUS) - Horse Profile. Bloodhorse. 2019年9月20日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j k Merchant Navy | Race Record & Form. Racing Post. 2019年9月20日閲覧
  3. ^ a b Chris Roots (2017年12月17日). “Coolmore paid more than $30 million for Merchant Navy”. The North West Star. 2019年9月20日閲覧。
  4. ^ a b Merchant Navy Retired to Coolmore Australia”. Thoroughbred Daily News (2018年6月29日). 2019年9月20日閲覧。
  5. ^ Merchant Navy”. Coolmore. 2019年9月20日閲覧。
  6. ^ a b Aidan O’Brien salutes Merchant Navy as sprint ace is retired to stud”. Racing TV (2018年6月29日). 2019年9月20日閲覧。
  7. ^ LEGALLY BAY (AUS)”. Thoroughbred Internet. 2019年9月20日閲覧。
  8. ^ JOLIE BAY horse profile, breeding, history and news”. Breednet. 2019年9月20日閲覧。

外部リンク編集