マーチ・741 (March 741) は、マーチ・エンジニアリングが開発したフォーミュラ1カー1974年から1975年F1世界選手権に投入された[1]

マーチ・741
March 741 at Barber 01.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ
デザイナー ロビン・ハード
先代 マーチ・731
後継 マーチ・751
主要諸元
シャシー アルミニウムモノコック
エンジン フォード-コスワース DFV 3.0 V8 NA
トランスミッション ヒューランド FG400, 5速 + 反転1速 MT,
燃料 シェル
サソル
タイヤ グッドイヤー
主要成績
ドライバー ハンス=ヨアヒム・スタック
ハウデン・ガンレイ
ヴィットリオ・ブランビラ
レイネ・ウィセル
レラ・ロンバルディ
出走時期 1974年-1975年
初戦 1974年アルゼンチングランプリ
出走優勝ポールFラップ
18000
テンプレートを表示

概要編集

741はロビン・ハードが設計し、成功したフォーミュラ2マシンのマーチ・742にコスワースDFVエンジンを組み合わせた物であった[2]。メインスポンサーのSTPは前年限りで離れたため、マシンのカラーリングはブリティッシュグリーン1色となった。ドライバーはハンス=ヨアヒム・スタックハウデン・ガンレイが起用されたが、第3戦南アフリカからガンレイに代わってヴィットリオ・ブランビラが起用された。ブランビラは個人スポンサーとして工具メーカーのベータを持ち込んだため、彼のマシンはオレンジ色に塗装された。第7戦スウェーデングランプリではスタックに代わって地元ドライバーのレイネ・ウィセルがドライブした。

1975年シーズンは開幕2戦でブランビラが使用、第3戦南アフリカでレラ・ロンバルディが使用したが、その後はマーチ・751が使用された[3]


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1974年 マーチ・エンジニアリング フォード ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
CAN
 
USA
 
6 9
  ハンス=ヨアヒム・スタック Ret Ret 5 4 Ret Ret - Ret DNQ Ret 7 11 Ret Ret DNQ
  レイネ・ウィセル - - - - - - Ret - - - - - - - -
  ハウデン・ガンレイ 8 Ret - - - - - - - - - - - - -
  ヴィットリオ・ブランビラ - - 10 9 Ret 10 10 11 Ret 13 6 Ret DNQ Ret
ARG
 
BRA
 
RSA
 
ESP
 
MON
 
BEL
 
SWE
 
NED
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
ITA
 
USA
 
0 (7,5) 8
1975年 ベータ・チーム・マーチ フォード   ヴィットリオ・ブランビラ 9 Ret - - - - - - - - - - - -
マーチ・エンジニアリング   レラ・ロンバルディ - - Ret - - - - - - - - - - -

参照編集

  1. ^ March 741”. chicanef1.com. 2012年7月4日閲覧。
  2. ^ 1974 March 741”. conceptcarz.com. 2012年7月4日閲覧。
  3. ^ March 741”. statsf1.com. 2012年7月4日閲覧。

外部リンク編集