マーチ・CG891 (March CG891) は、マーチ1989年のF1世界選手権用に開発したフォーミュラ1カー。設計者はエイドリアン・ニューウェイ

マーチ・CG891
March CG891 of Andy Higgins.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マーチ
デザイナー エイドリアン・ニューウェイ
グスタフ・ブルナー
先代 マーチ・881
後継 レイトンハウス・CG901
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバーモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド コニ製ダンパー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン、プッシュロッド コニ製ダンパー
トレッド 前:1,778 mm (70.0 in)
後:1,651 mm (65.0 in)
ホイールベース 2,933 mm (115.5 in)
エンジン ジャッド CV V8, 76度,
トランスミッション マーチ, 6速 + 反転1速 MT,
重量 506 kg (1,120 lb)
燃料 BP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
ドライバー マウリシオ・グージェルミン
イヴァン・カペリ
出走時期 1989年
初戦 1989年モナコグランプリ
出走優勝ポールFラップ
14001
テンプレートを表示

概要編集

前年の成功作、881を受けて製作されたマシンで、881と比べて重量バランスの改善、空力のリファイン、軽量化が図られている[2]。マシン名の「CG」は、ドライバーのイヴァン・カペリのマネージャーで、同年初頭に交通事故のため死去したチェザーレ・ガリボルディのイニシャルに由来する。

エンジンはニューウェイがジャッドに特別に作らせた76度と狭いバンク角を持つジャッド・EV・V型8気筒エンジンで、1989年シーズンはマーチに独占供給された。リヤセクションのレイアウトはエンジン-トランスミッション-デフというこの年流行したレイアウトを採りいれている。

CG891は第3戦モナコから881に代わって実戦投入された。だが、チーム、ドライバーはCG891に悪戦苦闘し成績は低迷した。ミッションケースの剛性が不足しており、EVエンジンの信頼性も低かった。1989年シーズン、イヴァン・カペリ、マウリシオ・グージェルミンの両ドライバーはCG891で計27回レースに出走し完走は6回にとどまった。

CG891の失敗の理由について関係者は様々に語っている。

当時レイトンハウスのコミュニケーション・マネージャーだった安川実(ロジャー安川の父親)は、CG891の失敗の原因を「度が過ぎた」ためとしている。軽量化、コンパクト化に比重を置きすぎた結果CG891はセッティングを出すのが難しく、「1mmのセットのちがいで、まったく操縦不能になるかと思えば、ちがう1mmでV8勢のトップを走れる」という極めて神経質な性格を持っていたという[3]

エイドリアン・ニューウェイは風洞での試験結果と実車の走行結果にズレがあり、「風洞の罠」にはまったとしている[4]

また、ジョン・ジャッド(ジャッドの創業者)は、従来のCVエンジン(バンク角90度)に対して挟角のEVエンジンではバンク間に補機類を納めることができず、レイアウトに難しさがあったと語っている[5]

スペック編集

  • ブレーキキャリパー:AP
  • ブレーキディスク・パッド:AP

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1989年 レイトンハウス・マーチ ジャッド V8 G BRA
 
SMR
 
MON
 
MEX
 
USA
 
CAN
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
POR
 
ESP
 
JPN
 
AUS
 
0 (4) 12位
  マウリシオ・グージェルミン Ret DNQ Ret Ret NC Ret Ret Ret 7 Ret 10 Ret 7 7
  イヴァン・カペリ 11 Ret Ret Ret Ret Ret Ret Ret 12 Ret Ret Ret Ret Ret
  • コンストラクターズランキング12位
  • ドライバーズランキング16位:マウリシオ・グージェルミン
  • ドライバーズランキング-位:イヴァン・カペリ

脚注編集

  1. ^ http://statsf1.com/en/march-cg891.aspx
  2. ^ 「Racing On」 No.55、p.15、武集書房、1989年。
  3. ^ 「オートスポーツ」 No.542、p.37、三栄書房、1989年。
  4. ^ 『R'on インタビュー エイドリアン・ニューイ』、「Racing On」 No.124、ニューズ出版、1992年。
  5. ^ 「GPX F1 PRESS総集編 F1GP '89-'90」、p.72、山海堂、1989年。

外部リンク編集