マーティンエアー

マーティンエアーまたはマーチンエアー Martinair)とは、オランダアムステルダムを本拠とするエールフランス‐KLM傘下の貨物航空会社。本拠地はアムステルダムのアムステルダム・スキポール空港

マーティンエアー
Martinair
Martinair logo.svg
IATA
MP
ICAO
MPH
コールサイン
MARTINAIR
設立 1958年5月24日
ハブ空港 オランダの旗 オランダ アムステルダム・スキポール空港
親会社 エールフランス‐KLM
保有機材数 1
就航地 15
本拠地 オランダの旗 オランダ アムステルダム
外部リンク http://www.martinair.com/
テンプレートを表示

歴史編集

 
マーティンエアーの旧オフィス
 
MACのDC-3型機、1961年
 
マーティンエアーのコンベア440

1958年5月24日に、J・マーティン・シュレーダー(J. Martin Schröder)により設立された1機の航空機と5名の社員からなるMartin's Air Charter (MAC)が、マーティンエアーの前身である。1963年にシュレーダーは会社の株式の49%を、均等に分割した上で4社に売却した(これらの4社は後にネドロイド(Nedlloyd)1社に合併)。さらにシュレーダーが保有していた50%超の株式も、後にKLMオランダ航空が買い取った。1966年には会社名をマーティンエアー・ホラントと変更し、米国便の運航が許可された1967年に会社は大きく成長した。1971年には保有機材の全てがジェット機となった。

 
マーティンエアーのマクドネル・ダグラスDC-9
 
マーティンエアー・ビレッジスクールのTB-10

1991年にはマーティンエアー・カーゴのサービスを開始するとともに、社名からホラントを取りマーティンエアーとした。1996年にはコロンビアのタンパ・カーゴ(Tampa Cargo)の株式の40%を取得した。1995年には、経営者のマーティン・シュレーダーが、民間航空業界に対する貢献が認められTony Jannus Awardを受賞した。彼は1998年に常勤役員から引退している。同年、欧州委員会はKLMがネドロイドから残りの株式を購入する申請を却下し、完全子会社化を否定した。2003年にはタンパ・カーゴの株式を買い増して保有率58%の主要株主となった。

 
マーティンエアーのボーイング757
 
マーティンエアーのエアバスA320

2007年6月22日、マーティンエアーはKLMによる完全買収を望んでいる旨を公表した。2007年11月には貨物便と長距離国際便を除いて、短距離便全てを運休した。2008年2月には保有していたタンパ・カーゴの全ての株式をコロンビアのアビアンカ航空に売却した。2008年12月17日、欧州委員会より同年末のKLMによる完全買収が認められた旨を発表した。2009年2月5日、KLMは共に子会社であるマーティンエアーとトランサヴィアのブランドをKLMブランドに統一する計画があることを発表した。マーティンエアーの旅客便は2011年11月1日をもって運航が終了し、旅客便はKLMブランドに統一された[1]。以降はマーティンエアー・カーゴのみ運航している。

就航都市編集

マーティンエアー 就航都市 (2018年7月現在)
都市 空港 備考
ヨーロッパ
  オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港 ハブ空港
  イギリス ロンドン ロンドン・スタンステッド空港
アフリカ
  エジプト カイロ カイロ国際空港
  ケニア ナイロビ ジョモ・ケニヤッタ国際空港 焦点都市
  南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ ヨハネスブルグ国際空港
  タンザニア ダルエスサラーム ジュリウス・ニエレレ国際空港
  ジンバブエ ハラレ ハラレ国際空港
中央アメリカ
  グアテマラ グアテマラシティ ラ・アウロラ国際空港
北アメリカ
  アメリカ合衆国 マイアミ マイアミ国際空港 焦点都市
南アメリカ
  アルゼンチン ブエノスアイレス エセイサ国際空港
  ブラジル サンパウロ ヴィラコッポス国際空港
  ペルー リマ ホルヘ・チャベス国際空港
  チリ サンティアゴ・デ・チレ アルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港
  コロンビア ボゴタ エルドラド国際空港
  エクアドル キト マリスカル・スクレ国際空港
休・廃止路線
  メキシコ カンクン カンクン国際空港 旅客便
  アンティル キュラソー ハト国際空港 旅客便
  キューバ ハバナ ホセ・マルティ国際空港 旅客便
  アルバ オラニエスタッド ベアトリクス女王国際空港 旅客便
  スリナム パラマリボ ヨハン・ペンヘル国際空港 旅客便

保有機材編集

 
B767-300ER PH-MCH
 
ボーイング747-400BCF
 
マクドネル・ダグラス MD-11
 
KLMカーゴのボーイング747-400ERF(機首下側にマーティンエアーのロゴが入っている)

2018年現在、保有機材はB747-400BCF1機のみ。但し、KLMカーゴ保有のボーイング747-400ERFには、マーティンエアーのロゴが貼られており、共通運用に対応している。かつてはMD-11Fも保有していたが、エールフランス‐KLMにおける貨物機の機材見直しに伴い、2016年までに退役した[2][3]

航空事故編集

  • 1974年12月4日22時15分UTC頃:マーティンエアー138便(DC-8-55CF型機、機体番号PH-MBH)がスリランカのコロンボ空港に着陸進入中に、40マイル東の山に墜落し、乗員乗客191名全員が死亡[4]
  • 1992年12月22日7時33分UTC頃:マーティンエアー495便(DC-10-30CF型機、機体番号PH-MBN)がポルトガルのファロ空港への着陸に失敗し、滑走路から逸脱し大破。右翼の燃料タンクから出火した。乗客乗員340名のうち56名が死亡。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集