メインメニューを開く

マーティンエアーまたはマーチンエアー Martinair)とは、オランダアムステルダムを本拠とするエールフランス‐KLM傘下の貨物航空会社。本拠地はアムステルダムのアムステルダム・スキポール空港

マーティンエアー
Martinair
Martinair logo.svg
IATA
MP
ICAO
MPH
コールサイン
MARTINAIR
設立 1958年5月24日
ハブ空港 オランダの旗 オランダ アムステルダム・スキポール空港
保有機材数 1
就航地 15
親会社 エールフランス‐KLM
本拠地 オランダの旗 オランダ アムステルダム
外部リンク http://www.martinair.com/
テンプレートを表示

歴史編集

 
マーティンエアーの旧オフィス
 
MACのDC-3型機、1961年
 
マーティンエアーのコンベア440

1958年5月24日に、J・マーティン・シュレーダー(J. Martin Schröder)により設立された1機の航空機と5名の社員からなるMartin's Air Charter (MAC)が、マーティンエアーの前身である。1963年にシュレーダーは会社の株式の49%を、均等に分割した上で4社に売却した(これらの4社は後にネドロイド(Nedlloyd)1社に合併)。さらにシュレーダーが保有していた50%超の株式も、後にKLMオランダ航空が買い取った。1966年には会社名をマーティンエアー・ホラントと変更し、米国便の運航が許可された1967年に会社は大きく成長した。1971年には保有機材の全てがジェット機となった。

 
マーティンエアーのマクドネル・ダグラスDC-9
 
マーティンエアー・ビレッジスクールのTB-10

1991年にはマーティンエアー・カーゴのサービスを開始するとともに、社名からホラントを取りマーティンエアーとした。1996年にはコロンビアのタンパ・カーゴ(Tampa Cargo)の株式の40%を取得した。1995年には、経営者のマーティン・シュレーダーが、民間航空業界に対する貢献が認められTony Jannus Awardを受賞した。彼は1998年に常勤役員から引退している。同年、欧州委員会はKLMがネドロイドから残りの株式を購入する申請を却下し、完全子会社化を否定した。2003年にはタンパ・カーゴの株式を買い増して保有率58%の主要株主となった。

 
マーティンエアーのボーイング757
 
マーティンエアーのエアバスA320

2007年6月22日、マーティンエアーはKLMによる完全買収を望んでいる旨を公表した。2007年11月には貨物便と長距離国際便を除いて、短距離便全てを運休した。2008年2月には保有していたタンパ・カーゴの全ての株式をコロンビアのアビアンカ航空に売却した。2008年12月17日、欧州委員会より同年末のKLMによる完全買収が認められた旨を発表した。2009年2月5日、KLMは共に子会社であるマーティンエアーとトランサヴィアのブランドをKLMブランドに統一する計画があることを発表した。マーティンエアーの旅客便は2011年11月1日をもって運航が終了し、旅客便はKLMブランドに統一された[1]。以降はマーティンエアー・カーゴのみ運航している。

就航都市編集

保有機材編集

 
B767-300ER PH-MCH
 
ボーイング747-400BCF
 
マクドネル・ダグラス MD-11
 
KLMカーゴのボーイング747-400ERF(機首下側にマーティンエアーのロゴが入っている)

2018年現在、保有機材はB747-400BCF1機のみ。但し、KLMカーゴ保有のボーイング747-400ERFには、マーティンエアーのロゴが貼られており、共通運用に対応している。かつてはMD-11Fも保有していたが、エールフランス‐KLMにおける貨物機の機材見直しに伴い、2016年までに退役した[2][3]

航空事故編集

  • 1974年12月4日22時15分UTC頃:マーティンエアー138便(DC-8-55CF型機、機体番号PH-MBH)がスリランカのコロンボ空港に着陸進入中に、40マイル東の山に墜落し、乗員乗客191名全員が死亡[4]
  • 1992年12月22日7時33分UTC頃:マーティンエアー495便(DC-10-30CF型機、機体番号PH-MBN)がポルトガルのファロ空港への着陸に失敗し、滑走路から逸脱し大破。右翼の燃料タンクから出火した。乗客乗員340名のうち56名が死亡。

脚注編集

関連項目編集