マーティン・ドネリー

ヒュー・ピーター・マーティン・ドネリー(Hugh Peter Martin Donnelly、1964年3月26日 - )は、北アイルランドベルファスト出身の元F1ドライバー

マーティン・ドネリー
Martin Donnelly VW Scirocco R-Cup - 2012.jpg
基本情報
フルネーム ヒュー・ピーター・マーティン・ドネリー
国籍 イギリスの旗 イギリス
北アイルランドの旗 北アイルランド
出身地 同・ベルファスト
生年月日 (1964-03-26) 1964年3月26日(56歳)
F1での経歴
活動時期 1989 - 1990
所属チーム '89 アロウズ
'90 ロータス
出走回数 13
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1989年フランスGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1990年スペインGP
テンプレートを表示

主なレースキャリア編集

フォーミュラフォード2000を経て、1986年からイギリスF3に参戦。初年度にランキング3位を獲得するなど活躍を見せ、若手の有望株と目される。

1987年には、マカオF3で優勝。それらの実績から、1988年には国際F3000にステップアップ。ジョーダン(EJR:当時はF3000のチーム)に所属し2勝を挙げるなど、ジャン・アレジのライバルとして活躍。同年オフにはF1のチーム・ロータスとテストドライバー契約を結んだ[1]

F1編集

1989年フランスGPを指の骨折のため欠場したデレック・ワーウィックの代役としてアロウズからF1にデビューし、12位で完走した。なお、この代役出走はワーウィック本人がドネリーの起用をチームに提案し、ドネリーのF3000のスケジュールと重なっていなかったため実現した[2]

翌1990年には、ロータスのレギュラーシートを手にするが、ロータス・102の戦闘力は低く、同期のアレジがティレル・019で躍進の一方で、苦しい戦いを強いられることとなった。第13戦ポルトガルGP消化時点で、最高位は第10戦ハンガリーGPにおける7位と、ポイントも獲得できていなかった。

大クラッシュ編集

ドネリーの事故が起きたコーナー(上図14番)。4輪レースでは事故後設置されたシケインを通過する。

第14戦スペインGPヘレス・サーキット)の金曜日フリー走行で10位の好タイムをマークした。当日の朝には、来シーズンは500万ドルを受け取ってチームのナンバー1ドライバーになり、ミカ・ハッキネンをナンバー2に迎えるという契約に合意していたという[3]。期待のかかる状態で午後の予選1日目を迎えたが、予選終了8分前にタイムアタックをしていたドネリーはピット裏のエンツォ・フェラーリ・コーナー手前の右高速コーナーでマシンが粉々になる大クラッシュを起こす。

6速全開で抜けるその右高速コーナーを時速250kmで走行中、左フロントサスペンションが壊れ、外側ガードレールへ直角に近い角度で激突。テレメトリーデータでは激突時の時速は140マイル(約225km/h)、42Gの衝撃が発生した[3]カーボンファイバー製モノコックの前半分は粉々に粉砕され、ドネリーはシートベルトを締めたシートごとコースに投げ出された。手足の関節は異なる方向に曲がり、コースに横たわり身動きしないドネリーの姿は、関係者・視聴者に大きな衝撃を与えた。グランプリドクターのシド・ワトキンス医師の応急処置を受け、ヘリコプターでセビリアの病院へ搬送されたが、左足を膝の上下で複雑骨折、右足膝下骨折、右ほお骨、鎖骨など全身の数箇所を骨折し、内臓破裂(特に右肺が大きなダメージを受けていたため呼吸に支障があった)に伴い一時は危篤状態となった[4]。心臓が3度停止し[3]、ドネリーの母親は臨終の儀式のため地元の司祭を病院へ連れてきた[3]。最終的には一命を取り留め、ロンドンの病院へ移り、6週間人工呼吸器を付け、1カ月間腎臓透析を受けた[3]

当時ロータスは資金難に苦しんでいた。彼の乗っていた102シャシーのモノコックは既に一万キロ以上を走行していたともいわれ、疲労した車体を換えることもままならないなかでのレース参加であった。チーフデザイナーのフランク・ダーニーは当該シャシーを調査後、クラッシュの原因は左フロント・サスペンションのプルロッド・ロッカーアームの不具合の可能性を示唆した[4]

なお、同僚のデレック・ワーウィックが、事故発生時、極めて自己中心的な性格と言われたネルソン・ピケが、コース上に横たわるドネリーの前にマシンを停め、後続車に轢かれないように守ったり、他人に寸毫の容赦もないドライブをすると評されたアイルトン・セナが、ドネリーの姿を撮ろうと群がるカメラマンを追い払ったりする様子に、「彼等の人間らしい別の一面を見た」と述懐している。

事故後編集

事故後、日常生活を営めるレベルまでには回復したが、左足は右足より1インチと5/8短くなり、関節の曲げ伸ばしに障害が残った[3]。ドネリーはリハビリや再手術を行いながら復帰を目指した。かつてニキ・ラウダのカムバックを手助けした医師に会うためオーストリアへ向かい、ラウダはラウダ航空のシートを無償で用意してくれた[3]1993年6月には、エディ・ジョーダンがドネリーと約束していたというF1マシンドライブの機会を設け[5]シルバーストーン・サーキットジョーダン・192シャシーにハート・1035エンジンを搭載したマシン[6]を走らせている。しかし、5秒以内にコクピットから脱出するというテストに合格できず、レーシングドライバーとして復帰することはできなかった。その後はストレスなどから事故後にドネリーを看病した妻とも亀裂が入り、離婚に至っている。

1995年頃、自身のチーム「マーティン・ドネリー・レーシング」を立ち上げ、F3やフォーミュラ・ヴォクスホール等にも参戦。

現在はフォーミュラ・ルノー3.5などに参戦する英国の「コムテック・レーシング」で、ドライバー育成担当マネージャーの職についている。また、F1のスチュワード(競技審査委員)を担当することもある。

2011年、英国のモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、クラシック・チーム・ロータス(CTL)がレストアしたロータス・102を21年ぶりにドライブし、ヒルクライムに出場した[7]

2019年7月、チャリティーライドに参加した際モペットで転倒し、古傷がある左足をさらに痛めてしまい、医師からは切断しなければならなくなる可能性を聞かされた[3]。ドネリーを支援するため「GoFundMeキャンペーン」が立ち上げられ、5万ユーロ以上の寄付金が集まった[3]

レース成績編集

イギリス・フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 順位 ポイント
1986年 スワロー・レーシング VW A THR
3
SIL
8
THR
Ret
SIL
DNS
BRH
4
THR
7
DON
1
SIL
Ret
SIL
16
OUL
1
ZAN
4
DON
1
SNE
7
SIL
1
BRH
2
SPA
Ret
ZOL
2
SIL
8
3位 59
1987年 A SIL
C
THR
10
BRH
9
SIL
4
THR
5
SIL
8
BRH
3
SIL
7
3位 61
インタースポーツ・レーシング トヨタ THR
3
ZAN
2
DON
Ret
SIL
2
SNE
2
DON
5
OUL
1
SIL
8
BRH
1
SPA
2
THR
1
1988年 A THR
2
SIL
3
THR
1
BRH
7
DON
1
SIL
2
BRH
4
THR
3
SIL
5
DON
Ret
SIL
8
SNE
1
OUL
SIL
BRH
SPA
THR
SIL
4位 54

国際F3000選手権編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 DC ポイント
1988年 ジョーダン・レーシング レイナード・88D コスワース JER VLL PAU SIL MNZ PER BRH
1
BIR
2
BUG
2
ZOL
Ret
DIJ
1
3位 30
1989年 レイナード・89D 無限 SIL
Ret
VLL
DSQ
PAU
Ret
JER
Ret
PER
Ret
BRH
1
BIR
3
SPA
Ret
BUG
7
DIJ
17
8位 13

全日本F3000選手権編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1989年 TEAM KYGNUS TONEN with R&D レイナード・89D 無限 SUZ FSW MIN SUZ
9
SUG
7
FSW
Ret
SUZ SUZ NC 0

(key)

F1世界選手権編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
1989年 アロウズ A11 フォード・DFR 3.5L V8 BRA SMR MON MEX USA CAN FRA
12
GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN AUS NC 0
1990年 ロータス 102 ランボルギーニ・3512 3.5L V12 USA
DNS
BRA
Ret
SMR
8
MON
Ret
CAN
Ret
MEX
8
FRA
12
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
7
BEL
12
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
DNS
JPN AUS NC 0

(key)

イギリスツーリングカー選手権編集

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 順位 ポイント
2015年 インフィニティ・サポート・アワ・パラス・レーシング インフィニティ・Q50 BRH
1
BRH
2
BRH
3
DON
1
DON
2
DON
3
THR
1

20
THR
2

19
THR
3

Ret
OUL
1
OUL
2
OUL
3
CRO
1
CRO
2
CRO
3
SNE
1
SNE
2
SNE
3
KNO
1
KNO
2
KNO
3
ROC
1
ROC
2
ROC
3
SIL
1
SIL
2
SIL
3
BRH
1
BRH
2
BRH
3
35位 0

(key)

ル・マン24時間編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1989年   ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル   マーク・ブランデル
  ジュリアン・ベイリー
日産・R89C C1 5 DNF DNF
1990年   ケネス・アチソン
 オリビエ・グルイヤール
日産・R90CK C1 0 DNS DNS

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ M.ドネリーがロータスとテスト契約 1992年末までの長期契約 F1GPX 1989NA回帰元年記念号 30頁 山海堂 1989年2月8日発行
  2. ^ ウォーウィック負傷!! スポットでドネリーがデビュー F1GPX 1989第7戦フランス 29頁 山海堂 1989年7月29日発行
  3. ^ a b c d e f g h i Former F1 star Martin Donnelly somehow survived a 170mph crash... now a 20mph tumble on a charity moped ride could cost him his leg”. Daily Mail Online (2019年9月28日). 2020年5月27日閲覧。
  4. ^ a b 「ドネリー大クラッシュ 重傷」『F1GPX 1990第14戦スペイン』 30頁 山海堂 1990年10月20日発行
  5. ^ Martin Donnelly (L) and Eddie Jordan at Silverstone, Formula One testing, Silverstone, June 21, 1993 ESPNF1
  6. ^ 「あの悪夢から立ち直るドネリー 遂にジョーダン・ハートをドライブ」『Racing On No.139 1993年4月1日号』 ニューズ出版
  7. ^ 2011 Goodwood Festival of Speed”. CLASSIC TEAM LOTUS (2011年). 2020年5月26日閲覧。

関連項目編集

  • 武藤英紀(レーシングドライバー。かつてマーティン・ドネリー・レーシングに所属していたことがある。