メインメニューを開く

マーティン・フェルドシュタイン(Martin Feldstein、1939年11月25日 - 2019年6月11日)は、ニューヨーク・シティで生まれたアメリカ合衆国経済学者ハーバード大学教授(The George F. Baker Professor of Economics)であり、全米経済研究所NBER)の名誉会長でもある。専門は多岐に渡っており、医療・福祉から国際金融まで幅広い。なお、サプライサイド経済学についても論じている。

マーティン・フェルドシュタイン
新古典派経済学
生誕 1939年11月25日
ニューヨーク市, ニューヨーク州, U.S.
死没 (2019-06-11) 2019年6月11日(79歳没)
国籍 アメリカ合衆国
研究機関 ハーバード大学 1967–
NBER 1977–82, 1984–
大統領外国情報諮問委員会 2006–2009
大統領経済回復諮問委員会 2009–
大統領経済諮問委員会 1982–84
研究分野 マクロ経済学, 公共経済学
母校 オックスフォード大学(Ph.D., 1967)
ハーバード大学(B.A., 1961)
影響を
与えた人物
ディヴィド・エルウッド
グレン・ハバード
ローレンス・コトリコフ
ローレンス・リンゼイ
エリ・ノーム
ジェイムズ・ポターバ
ハーベイ・ローゼン
ジョエル・スレムロッド
ローレンス・サマーズ
ジョセ・ピネラ
実績 フェルドシュタイン=ホリオカ・パズル
受賞 ジョン・ベイツ・クラーク賞 (1977)
テンプレートを表示

目次

略歴編集

  • 1939年 ニューヨーク市で生まれる。
  • ニューヨーク市ロックヴィルのSouth Side High Schoolで学ぶ。
  • 1961年 ハーバード大学でA.B.(summa cum laude)を取る。
  • 1963年 オックスフォード大学でB.Litt.を取得する。
  • 1964年 オックスフォード大学でM.A.を取得する。
  • 1964年~1965年 オックスフォード大学のナッフィールド・カレッジでフェローとなる。
  • 1965年~1967年 オックスフォード大学のナッフィールド・カレッジでオフィシャル・フェローとなる。
  • 1965年~1967年 オックスフォード大学で公共財政学講師となる。
  • 1967年 オックスフォード大学でD.Phil.を取得する。
  • 1967年~1968年 ハーバード大学の助教授となる。
  • 1968年~1969年 ハーバード大学の准教授となる。
  • 1969年 ハーバード大学経済学教授となる。
  • 1977年 アメリカ経済学会ジョン・ベーツ・クラーク賞を受賞。
  • 1977年~1982年 NBERの会長兼主任エグゼクティブオフィサーとなる。
  • 1982年~1984年 ロナルド・レーガン大統領の大統領経済諮問委員会CEA)の委員長となる。
  • 1984年~2008年 再び会長兼NBERの主任エグゼクティブオフィサーとなる(現在は名誉会長である)。
  • 1984年~ ハーバード大学のGeorge F. Baker Professor of Economicsとなる。
  • 2004年 アメリカ経済学会の会長を務める。
  • 2006年~2009年 大統領外国情報諮問委員会のメンバーとなる。
  • 2008年 トムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞。
  • 2009年~2011年 バラク・オバマ大統領の大統領経済回復諮問委員会のアドバイザーとなる。
  • 2019年6月11日 癌のため死去[1]。79歳没。

業績編集

ジョン・ベイツ・クラーク賞(1977年)編集

  • 同賞は、「驚くほど多くの経済学の方法と問題、すなわち費用―便益分析、公共投資、課税、社会保障、時間選好と利子率、確実性下で保有される資産、慈善的寄付、遺贈、生産関数、労働供給、失業、インフレーションといった諸問題を網羅した数多くの重要な貢献」に対して贈られた。

医療経済学編集

  • 「医療サーヴィスの効率性のための経済分析」(1967年)、「ヘルスケアーの経済学」(1979年)、「病院のコストと健康保険」(1981年)

資本形成・課税編集

  • 「資本課税」(1981年)、「インフレーション・課税ルール・資本形成」(1981年)、「課税政策分析での行動シミュレーション法」(1981年)

フェルドシュタイン=ホリオカ・パズル(1980年)編集

  • OECD諸国間の貯蓄率と投資率に明確な正の相関関係が存在するということを明らかにした。自由化後も、海外投資に伴う情報不足や不確実性等により、ある国における貯蓄の増分はその国内における投資に振り向けられる傾向が強いと主張した。(最近の研究によれば、そうした関係は小さくなってきているとのことである。)

国際金融論編集

  • EMUと国際衝突」(1997年)、「アジア通貨危機IMFの誤診」(『フォーリン・アフェアズ』日本版1998年)

著作編集

日本語訳編集

  • 『戦後アメリカ経済論――変貌と再生への途』(上)(下)、マルティン・フェルドシュタイン編、宮崎勇監訳、東洋経済新報社、(上)1984年、(下)1985年
  • 『財政構造とマクロ経済分析』佐藤隆三訳、東洋経済新報社、1986年
  • 『経済危機――金融恐慌は来るか』マルティン・フェルドシュタイン編、伊藤隆敏監訳、伊藤隆敏・祝迫得夫中村洋共訳、東洋経済新報社、1992年
  • 『中央銀行論』マルティン・フェルドシュタイン、ジョセフ・スティグリッツほか、土曜社、2013年

原書編集

  • Economic Analysis for Health Service Efficiency: Econometric Studies of the British National Health Service (Volume 51 of Contributions to Economic Analysis), Amsterdam: North-Holland Publishing Company, 1967.
  • The Rising Cost of Hospital Care, published for the National Center for Health Services Research and Development, U.S. Department of Health, Education and Welfare (Washington: Information Resources Press, 1977).
  • Resource Allocation Model for Public Health Planning, (with M. Piot and T. Sundaresan), published as a Supplement to the Bulletin of the World Health Organization, 1973.
  • Lowering the Permanent Rate of Unemployment, Joint Economic Committee, U.S. Congress, Washington, 1973.
  • The Rapid Rise of Hospital Costs, (with Amy Taylor), published by the Council on Wage and Price Stability, 1977.
  • The Economics of Public Services, (edited with Robert Inman), an International Economics Association Conference Volume, London: Macmillan, 1977.
  • Corporate Tax Integration: A Quantitative Comparison of Alternatives, (with Daniel Frisch), New York: Tax Foundation, Brief No. 28, 1978.
  • The American Economy In Transition (Introduction and editor), The Sixtieth Anniversary Volume of the National Bureau of Economic Research, 1981.
  • Hospital Costs and Health Insurance, Cambridge: Harvard University Press, 1981.
  • Capital Taxation, Cambridge: Harvard University Press, 1983.
  • Inflation, Tax Rules and Capital Formation, University of Chicago Press, 1983.
  • Handbook of Public Economics, Vol. I , (edited with Alan Auerbach) Amsterdam: North-Holland Publishing Company, 1985.
  • The Effects of Taxation on Capital Accumulation, (ed.) University of Chicago Press, 1987.
  • Taxes and Capital Formation, (ed.) University of Chicago Press, 1987, pp 63-72.
  • Restoring Growth in the Debt Laden Third World. A Task Force Report to the Trilateral Commission. (with H. de Carmoy, K. Narusawa, and P. Krugman), 1987.
  • The United States in the World Economy, (Introduction and Editor), University of Chicago Press, 1988. (See also The United States in the World Economy: A Summary Report, National Bureau of Economic Research, 1987).
  • International Economic Cooperation (Introduction and Editor), University of Chicago Press, 1988. (See also International Economic Cooperation: A Summary Report, National Bureau of Economic Research, 1987.)
  • Handbook of Public Economics Volume II (edited with Alan Auerbach), 1987.
  • Reducing the Risk of Economic Crisis, (Introduction and Editor), University of Chicago Press, 1991.
  • The Economics of Art Museums, (Introduction and Editor), University of Chicago Press, 1991.
  • The U.S.-Japan Economic Forum (Introduction and Co-Editor with Yutaka Kosai), NBER 1991.
  • American Economic Policy in the 1980s. (Introduction and Editor). University of Chicago Press. 1993
  • The Effects of International Taxation on Multinational Corporations, M. Feldstein, J. Hines and R.G. Hubbard (eds.), University of Chicago Press, 1995.
  • Taxing Multinational Corporations, M. Feldstein, J. Hines, and R.G. Hubbard (eds.), University of Chicago Press, 1995.
  • The Empirical Foundations of Household Taxation, (ed. with J. Poterba), 1996.
  • Privatizing Social Security, (ed.) (Chicago: Chicago University Press), 1998.
  • "Capital Income Taxes and The Benefit of Price Stability," in M. Feldstein (ed.), The Costs and Benefits of Achieving Price Stability, (Chicago: University of Chicago Press) 1999.
  • Costs and Benefits of Achieving Price Stability, (Chicago: University of Chicago Press) 1999.
  • "EMU and International Conflict," Foreign Affairs, 1997.
  • "Refocusing the IMF," Foreign Affairs, March-April 1998, pp 20-33.
  • International Capital Flows, (Martin Feldstein, editor) (Chicago: University of Chicago Press) 1999.
  • "International Capital Flows: Introduction," in International Capital Flows, (Martin Feldstein, editor) Chicago: University of Chicago Press) 1999.
  • "The Economics of Bequests in Pensions and Social Security," (with Elena Ranguelova) NBER Working Paper No. 7065, in M. Feldstein and J. Liebman, Distributional Aspects of Social Security Reform, (Chicago: University of Chicago Press), 2000.
  • "The Transition to Investment-based Social Security when Portfolio Returns and Capital Profitability are Uncertain," (with Elena Ranguelova and Andrew Samwick) in J. Campbell and Martin Feldstein (eds.), Risks Aspects of Investment Based Social Security Reform,,(Chicago: University of Chicago Press), 2000. NBER Working Paper No. 7016.
  • Risk Aspects of Investment-Based Social Security Reform, (ed. with John Campbell), Chicago: University of Chicago Press, 2001.
  • "Risk Aspects of Investment-Based Social Security Reform: Introduction," with John Campbell, in Martin Feldstein and John Campbell, Risk Aspects of Investment-Based Social Security Reform, University of Chicago Press, 2001.
  • "The Distributional Effects of an Investment-Based Social Security System," (with Jeffrey Liebman) NBER Working Paper 7492, January 2000, in M. Feldstein and J. Liebman, Distributional Aspects of Social Security and Social Security Reform, Chicago: University of Chicago Press, 2002.
  • "Distributional Aspects of Social Security Reform: Introduction," with Jeffrey Liebman, in Distributional Aspects of Social Security and Social Security Reform, edited by Martin Feldstein and Jeffrey Liebman, Chicago: University of Chicago Press, 2002.
  • Social Security Pension Reform in Europe , edited with Horst Siebert. (Chicago: University of Chicago Press, 2002.

脚注編集

関連項目編集