マーティン・プロウマン

マーティン・プロウマン (Martin Plowman, 1987年10月3日 - ) は、イギリスのレーシングドライバー。

マーティン・プロウマン
Martin Plowman
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 (1987-10-03) 1987年10月3日(32歳)
出身地 バートン・アポン・トレント, スタッフォードシャー(イングランド)
アメリカン・ル・マン・シリーズでの経歴
デビュー 2012
所属 コンクエスト・エンデュランス
車番 37
出走回数 2
優勝回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
過去参加シリーズ
2011
2009-10
2008
2006-07
2006-07
インディカー・シリーズ
ファイアストン・インディ・ライツ
フォーミュラ3・ユーロシリーズ
フォーミュラ・ルノー 2.0 イタリア
フォーミュラ・ルノー・ユーロカップ

経歴編集

初期編集

カートにおける数年間の成功した経歴の後、プロウマンはトヨタのヤングドライバープログラムと数年間の契約を結んだ。プロとしてのデビューは2006年のイタリア・フォーミュラ・ルノープレマ・パワーチームからであり、ルーキーイヤーはランキング5位であった。2007年はチームメイトのヘンキ・ワルドシュミットと共にランキング7位となる。チームにとってはシーズン前半1位2位をキープしていての結果で、期待外れのものであった。2008年はフォルクスワーゲンのジュニアドライバーとして、改組されたRCモータースポーツチームに配属、フォーミュラ3・ユーロシリーズに参戦し14戦中前半7戦に出走したが、ポイントを得ることはできず最高位は17位であった。彼はまたシグネチャー・チームからマスターズF3に参戦、14位に入った。

インディ・ライツ編集

2009年、プロウマンはパンサー・レーシングと契約しファイアストン・インディ・ライツに参戦した。参戦初年度のランキングは11位、トップ5完走は2回、トップ10完走は8回という成績であった。

2009年シーズン後、プロウマンはAFS-アンドレッティ・オートスポーツと契約、チャーリー・キンボールのチームメイトとして2010年シーズンに参戦することとなった。第9戦のミッドオハイオで彼はポールポジションを獲得、初勝利を挙げた。その後もシカゴランドでポールポジションを獲得するが、決勝では元チームメイトのピッパ・マンと接触、13位に終わる。シリーズランキングはキンボールの一つ上、3位で終えた。

インディカー・シリーズ編集

2011年、プロウマンはサム・シュミット・モータースポーツよりインディカー・シリーズへのデビューを果たす。ミッドオハイオ、インフィニオン、ボルチモアの3戦に出場し、スノーボール・エクスプレスのロゴをまとった17番車を走らせた。スノーボール・エクスプレスは9・11以後に戦死した軍人の子供を支援するボランティア団体である[1][2][3]。それぞれのレースでプロウマンは次第に予選順位を上げ、ボルチモアでは11位に入った。オフシーズンもスノーボール・エクスプレスへの関わりを続け、軍人の家族と会話をしたり、共に旅行したりした。

アメリカン・ル・マンシリーズ編集

2012年2月24日、コンクエスト・エンデュランス・レーシングチームはプロウマン、デヴィッド・ハイネメイアー・ハンソンフランチェスコ・ドラコーネをチームが新たに投入するLMP2のドライバーに採用すると発表した。モーガンのバッジを付けたジャッドエンジンを積んだマシンは、2012年3月17日に行われた第60回セブリング12時間レースでデビューした[4]。チームはドラコーネが12時間経過直前に体調不良でヤン・ヘイレンと交代したにもかかわらずALMS P2クラスで3位に入り、全体では44位であった[5]。4月10日、チームは北米日産とのパートナーシップを発表、ロングビーチ以降37番車に日産エンジンを搭載するとした[6]。プロウマンとハイネメイアー・ハンソンは7月22日のモスポート・グランプリでポールポジションとP2クラスでの初優勝を記録し、これはコンクエスト・エンデュランスにとっても初勝利であった。

記録編集

フォーミュラ3・ユーロシリーズ編集

(key)

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 DC ポイント
2008 RC Motorsport ダラーラ F308/051 フォルクスワーゲン HOC1
1

17
HOC1
2

Ret
MUG
1

Ret
MUG
2

23
PAU
1

Ret
PAU
2

Ret
NOR
1

Ret
NOR
2

Ret
ZAN
1

20
ZAN
2

17
NUR
1

17
NUR
2

21
BRH
1

18
BRH
2

22
CAT
1
CAT
2
LMS
1
LMS
2
HOC2
1
HOC2
2
31位 0

アメリカン・オープンホイール編集

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

インディ・ライツ編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 順位 ポイント
2009 パンサー・レーシング  
STP1
15
 
STP2
16
 
LBH
15
 
KAN
5
 
INDY
22
 
MIL
15
 
IOW
8
 
WGL
10
 
TOR
12
 
EDM
13
 
KTY
9
 
MDO
5
 
SNM
10
 
CHI
8
 
HMS
7
11位 298
2010 AFSレーシング
アンドレッティ・オートスポーツ
 
STP
6
 
ALA
4
 
LBH
5
 
INDY
5
 
IOW
2
 
WGL
4
 
TOR
7
 
EDM
3
 
MDO
1
 
SNM
16
 
CHI
13
 
KTY
7
 
HMS
6
3位 392

インディカー編集

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2011 サム・シュミット・モータースポーツ ダラーラ ホンダ STP ALA LBH SAO INDY TXS TXS MIL IOW TOR EDM MDO
18
NHM SNM
12
BAL
11
MOT KTY LSV 33位 49
2014 A.J.フォイト・エンタープライズ ダラーラ・DW12 STP LBH ALA IMS
18
INDY
23
DET
DET
TXS
HOU
HOU
POC
IOW
TOR
TOR
MDO
MIL
SNM
FON
33位 18

アメリカン・ル・マンシリーズ編集

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2012 コンクエスト・エンデュランス モーガン・LMP2 P2 SEB
9
LNB
2
MON
2
LIM
2
MOS
1
MID
2
AME
1
BAL
Ret
VIR
2
PET
DSQ
2位 156

WEC編集

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2013 オーク・レーシング モーガン・LMP2 LMP2 SIL
4
SPA
3
LMN
1
SÃO
2
COA
7
FSW
1
SHA
3
BHR
4
1位 141.5

参照編集

外部リンク編集