マーベル・エンターテインメント

アメリカの企業
ウォルト・ディズニー・カンパニー > マーベル・エンターテインメント

マーベル・エンターテインメント: Marvel Entertainment, LLC)は、アメリカ合衆国エンターテインメント会社であり、マーベル・グループの持株会社でもある。現在はウォルト・ディズニー・カンパニー傘下である。

マーベル・エンターテインメント
MARVEL Entertainment, LLC
現地語社名
Marvel Entertainment, LLC
以前の社名
マーベル・エンタープライズ(1998年 – 2006年)
子会社
業種 エンターテインメント
事業分野 実写アニメーション
設立 1998年6月2日
創業者 マーティン・グッドマン
本社
拠点数
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州、カリフォルニア州フロリダ州
イギリスの旗 イギリス
ロンドン
事業地域
世界の旗 世界
主要人物
スタン・リー
製品 実写映画
アニメーション
コミック
ブランド アメリカン・コミックス(マーベル)
所有者 ウォルト・ディズニー・カンパニー(100%)
従業員数
200人 - 500人(2019年)
親会社 ウォルト・ディズニー・カンパニー(100%)
子会社 マーベル・コミック
マーベル・ゲームズ
マーベル・ワールドワイド
マーベル・アンリミテッド
ウェブサイト https://www.marvel.com/

概要編集

マーベル・コミックの親会社として、マーベル・エンターテインメント・グループとトイ・ビズが合併する形で1998年に設立された。マーベル・コミックを初め、マーベル・アニメーションマーベル・スタジオマーベル・TV・スタジオマーベル・ゲームズなどを傘下に収めている。

2009年、ウォルト・ディズニー・カンパニーによって4億ドルで買収された。これによりマーベル関連企業は全てディズニー社の完全子会社となった。また以前はマーベル・エンターテインメントの子会社であったマーベル・スタジオがウォルト・ディズニー・スタジオの直接の子会社となり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)を始めとした様々な作品を製作している。

歴史編集

スパイダーマンの権利騒動編集

2019年、ディズニーとマーベル・エンターテインメントは20世紀フォックスの所有していたマーベル映画の権利も取得したため、実質、権利を有していないのはソニーが権利を所有している『スパイダーマン』関連の映画のみであった。

『スパイダーマン:ホームカミング』の際にディズニー・マーベル側はソニー・ピクチャーズと比較するとあまり利益は貰えず、ディズニーとマーベル・スタジオの直属のマーベル・エンターテインメントはソニーとの業務連携について契約の無効化などの騒動に走った。しかし、スパイダーマンの俳優であるトム・ホランドによってディズニー、マーベル・エンターテインメントとソニー・ピクチャーズとの騒動は解決され、2021年に『スパイダーマン3(仮)』の業務連携で製作やソニー・マーベル・ユニバースの展開権や『ヴェノム』もマーベル・シネマティック・ユニバースの参加が決定した。

業務提携編集

2020年現在、マーベルはソニー・ピクチャーズスパイダーマンの映画作品を始めとするソニーズ・ユニバース・オブ・マーベル・キャラクター)、ユニバーサル・パークス&リゾーツアイランズ・オブ・アドベンチャー内にあるマーベル・スーパー・ヒーロー・アイランドユニバーサル・スタジオ・ジャパンでのアメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマンのキャラクター権)との間でディズニーとの契約[19]を結んでいる。

その他のキャラクターなどの権利はディズニー社が保持しているため、ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツが展開しているディズニーパークディズニー・クルーズ・ラインディズニーストアウォルト・ディズニー・スタジオが制作しているディズニー作品にもマーベル作品(『シュガー・ラッシュ:オンライン』など)を登場させることが出来る[20]

また、世界で唯一ディズニー社直営ではない東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド京成電鉄)とは未契約のため、東京ディズニーランド東京ディズニーシーなどにはマーベル関連を展開してはいけない。

子会社・部門編集

過去編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Cain, Áine (2019年8月20日). “廃業寸前から復活した5つのブランド” (日本語). www.businessinsider.jp. 2019年12月28日閲覧。
  2. ^ a b Bloomberg - Are you a robot?”. www.bloomberg.com. 2019年12月28日閲覧。
  3. ^ a b ディズニー 米国最大のコミックス会社マーベル買収発表” (日本語). アニメ!アニメ!. 2019年12月28日閲覧。
  4. ^ マーベル株主総会で ディズニーへ売却にゴーサイン | アニメ!アニメ!ビズ”. www.animeanime.biz. 2019年12月28日閲覧。
  5. ^ ディズニーがアメコミ大手の「マーベル」を3700億円で買収 買収合併 - 不景気.com”. www.fukeiki.com. 2019年12月28日閲覧。
  6. ^ マーク・ラファロ、『ハルク』単独映画の妨げとユニバーサルを猛批判 (2017年7月20日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年12月28日閲覧。
  7. ^ マーク・ラファロ、「ハルク」単独映画は実現しない!?” (日本語). cinemacafe.net. 2019年12月28日閲覧。
  8. ^ 海外レビューハイスコア 『Marvel: Ultimate Alliance 2』” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2019年12月28日閲覧。
  9. ^ Inc, Aetas. “「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ アルティメットヒーローズ」のCMが公開” (日本語). www.4gamer.net. 2019年12月28日閲覧。
  10. ^ マーベル「Disney+」ドラマシリーズ 現在判明している情報” (日本語). シネマトゥデイ. 2019年12月28日閲覧。
  11. ^ ディズニー+の新マーベルドラマが発表、さっそくファンがキャストを大予想 - フロントロウ”. front-row.jp. 2019年12月28日閲覧。
  12. ^ マーベル、ディズニーの新しい映像配信サービス「Disney+」向けに新作3本発表 | ORICON NEWS”. www.oricon.co.jp. 2019年12月28日閲覧。
  13. ^ 【D23】MCUフェーズ4に新シリーズ3作品が追加!「Disney+」で配信決定 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年12月28日閲覧。
  14. ^ 【公式】ディズニーデラックス|初回31日間無料” (日本語). deluxe.disney.co.jp. 2019年12月28日閲覧。
  15. ^ a b スパイダーマン、なぜ今“マーベル・シネマティック・ユニバース”と合体?” (日本語). シネマトゥデイ. 2019年12月28日閲覧。
  16. ^ ディズニーが21世紀フォックスの「買収完了」を報告、マーベル作品への影響は? - フロントロウ”. front-row.jp. 2019年12月28日閲覧。
  17. ^ a b マーベル映画『X-MEN』ディズニーで2021年以降にリブートへ ─ 『デッドプール』のみ存続、米報道” (日本語). THE RIVER (2019年3月21日). 2019年12月28日閲覧。
  18. ^ マーベルはフォックス所有のスーパーヒーローの映画を6カ月以内に企画し始める可能性があるとケヴィン・ファイギ”. jp.ign.com. 2019年12月28日閲覧。
  19. ^ Glenn, Brian. “That Darn Marvel Contract - What Rights Does Universal and Disney Own” (英語). Inside Universal. 2019年12月28日閲覧。
  20. ^ 「スパイダーマン」、ディズニー映画から姿消してもパークでは健在か” (日本語). Bloomberg.com. 2019年12月28日閲覧。

外部リンク編集