メインメニューを開く

マーメイドの季節』(マーメイドのきせつ)は、ネットビレッジ株式会社がゲームビレッジブランドから発売したWindows恋愛アドベンチャーゲーム。発売日は2001年3月16日。同年12月13日にプレイステーションに移植された。

マーメイドの季節
対応機種 プレイステーション(PS版)
Windows 95/98/ME/2000/XP(PC版)
発売元 ゲームビレッジ
ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
発売日 2001年12月13日(PS版)
2001年3月16日(PC版)
レイティング 全年齡
キャラクター名設定 不可
エンディング数 -
セーブファイル数 -
セーブファイル容量 2~9ブロック(PS版)
メディア CD-ROM3枚組
画面サイズ 640×480 (PC版)
BGMフォーマット -
キャラクターボイス フルボイス
CGモード -
音楽モード -
回想モード -
メッセージスキップ -
オートモード -
備考 -

ネットビレッジ株式会社が初めて自社ブランドで出したゲームである。パソコンの美少女ゲームとしては珍しく、18禁ではない全年齢対象作品となっている。ストーリー進行に支障が出るほどのバグの多さが話題となった。

なお本作のシナリオを担当した山田桜丸は、後の直木賞作家・桜庭一樹の別名である。

目次

概要編集

ゲームは基本的に、「ヒロインと親しくなること」「謎のホームページについて調べること」の二つの目的を並行して進めることになる。一日に2 - 3回、街を移動し、そこで出会った人物と会話をすることで話を進める。会う人物がヒロインであれば好感度が上がり、男性であれば「調査度」が上がる。この「調査度」にはグラフがあり、手がかりとなる話を聞く事で少しずつ上がっていく。なお、一定の期限までに「調査度」を100%にしていないと、自動的にバッドエンドになってしまう。

スタッフ編集

ストーリー編集

近未来。アンドロイドが一般家庭に普及する程度に技術は発達しているが、人々の生活はさほど現代と変わらない時代。

主人公・高幡雅人は、夏休みの初日、自宅のポストの中に、ホームページのアドレスが記されたメモを見つける。アクセスしてみると、そのページには「君の近しい人に危険が迫っている。助けられるかどうかは君次第だ」という謎のメッセージが表示されるだけだった。
夏休みを過ごすうち、雅人は、幼馴染を含む四人の女性と親しくなっていく。それと並行して、世間では人型アンドロイド「マーメイド」の回収騒動が持ち上がっていた。

主要登場人物編集

高幡 雅人(たかはた まさと)
名前設定不可、ビジュアル無し、音声なしの主人公。中肉中背、成績も中の上と、絵に描いたように凡庸な高校二年生。
両親共に健在だが、現在は家を空けており、一人暮らし状態。
中学時代は陸上部に所属し、そこそこのタイムを出していたが、靭帯を切る怪我をしたために引退。高校では何の部活にも入らず、海辺の喫茶店、「アクアルージュ」でアルバイトをしている。
大沢 夏菜(おおさわ なつな)
 : 那須めぐみ
主人公の同級生で、家も隣同士。明るく家庭的な性格で、毎朝主人公を起こしに来て、朝食も作ってくれるという典型的な幼馴染。
1か月前に両親を交通事故で亡くし、現在は一人暮らし。何くれとなく気を遣う主人公を心配させまいとして、必要以上に明るくふるまっている。
「ぱっちーくん」というキャラクターがお気に入りで、身の回りの小物を「ぱっちーくん」柄で揃えている。
武蔵野 ひなた(むさしの ひなた)
声 : 柳沢真由美
主人公の一学年上の先輩。ショートカットのスポーツ少女。
異性より同性にモテるタイプで、下級生の女子から絶大な人気を誇り、本人非公認のファンクラブまでできている。しかし、ひなた自身は、あまり同性から騒がれるのを好ましく思っていない。
「男は男らしく、女は女らしく」という前時代的な家庭に育ち、警官になるという夢も、家族中から反対されている。そんな家風に反発し、わざと男っぽくふるまっている節がある。
射撃の選手だが、高校には射撃部がなかったため、自ら学校側に直訴し、特例として彼女一人だけの射撃部を主宰している。
若葉 琴野(わかば ことの)
声 : 中川亜紀子
主人公の同級生。メガネにゆるく編んだ三つ編みがトレードマークの大人しい女の子。
主人公たちが通う学校、若葉学園の学園長の娘。その立場から、同級生からは敬遠され、本人の引っ込み思案な性格もあって、友人はほとんどいない。
内向的な自分を変えたいと願い、そのきっかけ作りとして、主人公が働く喫茶店でアルバイトを始める。
片倉 優月(かたくら ゆづき)
声 : 折笠富美子
地元の国立大学に通う女子大生。それと並行して、地元ケーブルテレビの「お天気お姉さん」としても活躍している。細身の長身にロングヘアの知的美女。
ブラウン管で見せる明るい語り口とは対照的に、普段はやけに冷めた態度をしており、つねにタバコをふかしている。
初対面の主人公に対し「あなたの声が大嫌い」と言い放ったり、自分の台詞を復唱させるなど、不可解な言動が多い。誰かの面影を主人公に重ねて見ている
片倉 雄三
声 :北村弘一
国領 京也
声 :大川透
武蔵野 直人
声 :山岸功
稲城 虎ノ介
声 :鈴木千尋
武蔵野 彩
声 :山本麻里安
声 :小暮英麻

バグ編集

出来の良し悪し以上に話題になったのが、このゲームの致命的なまでのバグである。ことに初回版はひどく、まともにストーリーを進められないほどのものであった。以下に例を挙げる[1]

  • 画面上の台詞と音声が一致しない、あるいは背景と台詞が食い違う。
  • 画面で選択した移動先と違う場所に移動する。
  • 特定の場面を見ると停止する、あるいは無限ループに陥る。
  • あるヒロインのルートを選んだのに、突然別のヒロインのルートにワープする。

最終的な公式発表ではバグは20か所以上にも及び[1]、そのほとんどがストーリーの根幹に関わる部分だった。すぐに修正パッチが公開されたものの、そのパッチにもバグが含まれていた上に、セーブデータの互換機能がなく最初からやり直さなければならなかった。

プレイステーション版では上記のようなバグはなくなっている。

出典編集

  1. ^ a b 『マーメイドの季節』修正ファイル1.03”. ネットビレッジ. 2001年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月29日閲覧。

外部リンク編集