メインメニューを開く

マーレー・ラーオ・ホールカル(Male Rao Holkar, 1745年 - 1767年4月5日)は、インドマラーター同盟ホールカル家の当主(在位:1766年 - 1767年)。

マーレー・ラーオ・ホールカル
Male Rao Holkar
ホールカル家当主
Male Rao Holkar.png
マーレー・ラーオ・ホールカル
在位 1766年 - 1767年
戴冠 1767年7月23日
別号 マハーラージャ

出生 1745年
死去 1767年4月5日
インドール
王家 ホールカル家
父親 カンデー・ラーオ・ホールカル
母親 アヒリヤー・バーイー・ホールカル
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1745年ホールカル家当主マルハール・ラーオ・ホールカルの継嗣カンデー・ラーオ・ホールカルの息子として生まれた[1]。 母はアヒリヤー・バーイー・ホールカルであった。

1754年、父カンデー・ラーオはラージプーターナーディーグで戦死した[2]

1766年5月20日、祖父マルハール・ラーオの死をうけて即位し、ペーシュワーにも認められたが、その直後から精神異常の兆候を見せ始め、翌1767年4月5日に死亡した[3]

その死をうけて、母アヒリヤー・バーイーがホールカル家の当主となった[4]

出典・脚注編集

関連項目編集