マー油(マーゆ)は、にんにくを主とした香味野菜各種をラードで揚げて作った香味油である。

黒いマー油の浮いた熊本ラーメン

スープの臭みを消し、コクと風味を増し食欲をそそる画期的な油で今でも進化を続けている。香味野菜のブレンドや油の種類・揚げる温度は各店舗でこだわりがあり、各店舗のスープに合うように工夫されている。

熊本ラーメンをはじめとするラーメンや、焼きそば、チャーハンから揚げなどの香りづけに使用される[1]

「麻油」と表記されることがあるが、これは中国語ではごま油を指す[2]ウマから採取され、シャンプー化粧品に使われる動物性油脂「馬油」も別のものである。

脚注編集