ミイカ・アンティラ

ミイカ・アンティラ(よりフィンランド語に近い表記ではミーッカ・アンッティラMiikka Anttila 1972年9月10日- )は、フィンランド出身のコ・ドライバーWRCの最多出走記録保持者であり、ヤリ=マティ・ラトバラのナビを務めていたことで知られる。

ミイカ・アンティラ
2013年ラリー・ドイツ
基本情報
国籍  フィンランド
生年月日 (1972-09-10) 1972年9月10日(49歳)
出身地 フィンランド、南ポフヤンマー県トユサ
WRCでの経歴
活動時期 1999年 -
所属チーム フォードフォルクスワーゲントヨタ
出走回数 220
チャンピオン回数 0
優勝回数 18
表彰台回数 67
ステージ勝利数 539
通算獲得ポイント 1668
初戦 1999 ラリー・フィンランド
初勝利 2008 スウェディッシュ・ラリー
最終勝利 2018 ラリー・オーストラリア
テンプレートを表示

経歴編集

1999年にWRCデビュー。元々、ミッコ・ヒルボネンのナビを務めていたアンティラは、2003年のラリー・ドイチュラントでラトバラと出会う。2006年-2012年までフォードのワークスチームに加入したのちに、2013年から2016年までフォルクスワーゲン、2017年から2019年までトヨタに在籍した。

ラトバラと同様に前人未到の記録を残しており、2018年ツール・ド・コルスにて、WRCのコ・ドライバーの歴代最多出走記録である197戦を達成[1]し、同年ラリー・イタリア・サルディニアで200戦に到達した。

2019年のシーズン終了後ワークスシートを失ったラトバラと袂を分かち、2020年は若手のエリック・ピエタライネンとコンビを組みローカルラリーを中心に参戦する。

人物編集

  • 妻と子供二人の四人暮らし。
  • リヴァプールFCのファンにサインを求められたことがある[2]

脚注編集

  1. ^ MiikkaAnttilaさんのツイート
  2. ^ 2019年10月4日のツイート

外部リンク編集