ミイラの墓場

1942年に公開されたアメリカ合衆国のホラー映画

ミイラの墓場』(ミイラのはかば、The Mummy's Tomb)は、1942年に公開されたアメリカ合衆国ホラー映画ロン・チェイニー・ジュニアがミイラのカリス[1]を演じる。『ミイラの復活』(1940年)の続編。この後も『執念のミイラ』『ミイラの呪い』(ともに1944年)と続く。

ミイラの墓場
The Mummy's Tomb
MummysTomb001Crop.png
ロビーカード(1942年)
監督 ハロルド・ヤング英語版
脚本 グリフィン・ジェイ
ヘンリー・スーチャー
原案 ニール・P・ヴァーニック
製作 ベン・ピヴァー
出演者 ロン・チェイニー・ジュニア
ディック・フォーラン英語版
ジョン・ハバード
撮影 ジョージ・ロビンソン
編集 ミルトン・カルース
製作会社 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1942年10月23日
上映時間 61分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 Night Monster英語版ユニバーサル・モンスターズ
ミイラの復活カリスシリーズ)
次作 フランケンシュタインと狼男(ユニバーサル・モンスターズ)
執念のミイラ(カリスシリーズ)
テンプレートを表示

あらすじ編集

前作から30年後のアメリカが舞台。前作の主人公スティーブ・マニングはマルタと結婚(のち死別)、息子ジョンをもうけた。ジョンにはイゾベルという恋人がいる。

一方、エジプト。死んだはずのアンドヘブとカリスは生きていた。アンドヘブは後継者ムハンマド・ベイにバニング一族への復讐を託す。ムハンマドはカリスとともにアメリカに渡ると、バニング家のあるメープルトンの墓守となり、復讐の機会を伺う。

カリスはスティーブ、つづいてスティーブの姉ジェーンを殺害。連続殺人事件として警察、新聞記者たちが捜査に乗り出す。

前作にも登場したスティーブの親友ベーブ・ハンソンが捜査に協力しにやってくる。死体に付着していた塵の正体をミイラのカビと見破るが、カリスによって殺される。

ムハンマド・ベイはジョンの恋人イゾベルに横恋慕し、自分の妻にするためカリスに誘拐させる。しかし、ジョンや警察が松明を持って、墓地に集結。ムハンマド・ベイは射殺され、カリスも炎の中で死ぬ。

キャスト編集

制作編集

本作はロン・チェイニー・ジュニアがミイラのカリスを演じた3本のうちの最初の作品。前作ではトム・タイラー英語版が演じていた。チェイニーはこの役を好きではなかった。

クランクインは1942年6月1日。

メイクアップ・アーティストのジャック・ピアースは連日8時間かけて人工的に古くした包帯をチェイニーに巻いた。それまでのミイラ映画では、ボリス・カーロフやトム・タイラーにコットン素材のメイクアップを使っていたが、チェイニーにはラバーマスクをかぶせた。

ウォーレス・フォードの役名がベーブ・ジョンソンからベーブ・ハンソンに変わっている。理由は不明。

公開編集

1942年10月23日に『Night Monster』と二本立て興行

1948年2月にリアラート・ピクチャーズによりリバイバル上映[2]

出典編集

  1. ^ (DVD) ドラキュラ vs ミイラ男 ホラー映画 傑作集 (ライナーノーツ). コスミック出版. 日本語解説と字幕、劇中の英語の発音から。
  2. ^ Internet Movie Database Trivia

外部リンク編集