ミオシーレン (Miosiren) とは、新生代中新世に生息していたジュゴン目の生物である。ジュゴン目(海牛目)- マナティー科 - ミオシーレン亜科に属する。

ミオシーレン
地質時代
中新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ジュゴン目(海牛目) Sirenia
: マナティー科 Trichechidae
亜科 : ミオシーレン亜科 Miosireniunae
: ミオシーレン属 Miosiren
学名
Miosiren
  • M. kocki

分類に関しては、かつてはジュゴン科に分類されていた[1]が、2000年代に入り、マナティー科に分類される様になった[2]


分布編集

ベルギーアントワープ州より化石が出土。ヨーロッパの近海に生息していたと推定される[2]

特徴編集

全長4m。臼歯エナメル質が肥厚しているが、上顎最後部の臼歯は棒状に退化している[2]。歯列の咬合面の形態などからも、海草を主食とする他の海牛類とは異なり、を食べていたと推定される[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『絶滅哺乳類図鑑』(旧版) 128頁
  2. ^ a b c d 『新版 絶滅哺乳類図鑑』 148頁

関連項目編集

参考文献編集

  • 富田幸光『新版 絶滅哺乳類図鑑』伊藤丙雄、岡本泰子、丸善、2011年、147, 148頁。ISBN 978-4-621-08290-4
  • 富田幸光『絶滅哺乳類図鑑』伊藤丙雄、岡本泰子、丸善、2002年、125, 128頁。ISBN 4-621-04943-7

外部リンク編集