メインメニューを開く

ミカエル・オーカーフェルト

スウェーデンのミュージシャン

人物編集

デスメタル・バンド「Bloodbath」の元ボーカリストで、「Sörskogen」や「Steel」のメンバーでもあった。

スティーヴン・ウィルソンとは「Storm Corrosion」でコラボレートしている。

プログレッシヴ・ロックから影響を受けたソングライティングで知られ、クリーンバリトンからグロウルまで歌い分ける。

大のレコードコレクターとしても知られている。来日時には輸入レコード店や中古レコード店で自身の好むアーティストのレコード盤を買い漁る姿を目撃するファンも多い。レコード番のクリーニング等の管理方法についても非常に詳しい。逆にmp3等のデジタル音源を「レコード盤と比べると音が無機質」として嫌っている。

ポール・リード・スミスのギターをメインに使用している。以前は入門機種であるSEシリーズから、ミカエル・オーカーフェルトモデルが発売されており、ステージでも多用していた。

来歴編集

 
オーペス - ドイツ公演にて (2005年8月)

ディスコグラフィ編集

with Opeth編集

  • Orchid (1995)
  • Morningrise (1996)
  • My Arms, Your Hearse (1998)
  • Still Life (1999)
  • Blackwater Park (2001)
  • Deliverance (2002)
  • Damnation (2003)
  • Lamentations (Live at Shepherd's Bush Empire 2003) (2003)
  • Ghost Reveries (2005)
  • The Roundhouse Tapes (2007)
  • Watershed (2008)
  • In Live Concert at the Royal Albert Hall (2010)
  • Heritage (2011)
  • Pale Communion (2014)

with Katatonia編集

  • Brave Murder Day (1996)- Harsh Vocals
  • Sounds of Decay (1997) – Harsh Vocals
  • Discouraged Ones (1998) – backing vocals, co-production on vocals
  • Tonight's Decision(1999) - – additional vocal production

with Bloodbath編集

  • Breeding Death (2000) - EP
  • Resurrection Through Carnage (2002)
  • The Wacken Carnage (2008, CD/DVD)
  • Unblessing the Purity (2008)
  • The Fathomless Mastery (2008)
  • Bloodbath Over Bloodstock (2011, DVD)

with Steel編集

  • Heavy Metal Machine (1998) EP

with Storm Corrosion編集

  • Storm Corrosion (2012)

with Steve Hackett編集

  • Genesis Revisited II (2012) - vocals on Supper's Ready

脚注編集

  1. ^ Mikael Åkerfeldt Archived 2011年9月24日, at the Wayback Machine., Opeth - Official Website, Retrieved 2012-06-03

外部リンク編集