ミケル・アルテタ

スペインのサッカー選手・監督
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルテタ第二姓(母方の)はアマトリアインです。

ミケル・アルテタ・アマトリアイン(Mikel Arteta Amatriain, 1982年3月26日 - )は、スペインバスク自治州ギプスコア県サン・セバスティアン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダープレミアリーグアーセナルの監督を務める。

ミケル・アルテタ Football pictogram.svg
Mikel Arteta 2021.png
名前
本名 ミケル・アルテタ・アマトリアイン
Mikel Arteta Amatriain
ラテン文字 Mikel Arteta
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1982-03-26) 1982年3月26日(40歳)
出身地 サン・セバスティアン
身長 175cm[1]
体重 69kg[2]
選手情報
ポジション MF(DMF)
利き足 右足
ユース
1994-1997 スペインの旗 アンティゴコ
1997-1999 スペインの旗 バルセロナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999 スペインの旗 バルセロナC 5 (1)
1999-2002 スペインの旗 バルセロナB 42 (36)
2001-2002 フランスの旗 パリ・サンジェルマン (loan) 31 (2)
2002-2004 スコットランドの旗 レンジャーズ 50 (12)
2004-2005 スペインの旗 レアル・ソシエダ 15 (1)
2005 イングランドの旗 エヴァートン (loan) 12 (1)
2005-2011 イングランドの旗 エヴァートン 162 (27)
2011-2016 イングランドの旗 アーセナル 110 (14)
通算 427 (94)
代表歴
1998-1999 スペインの旗 スペイン U-16 10 (4)
1999 スペインの旗 スペイン U-17 7 (0)
1999-2001 スペインの旗 スペイン U-18 13 (1)
2002-2003 スペインの旗 スペイン U-21 12 (2)
監督歴
2016-2019 イングランドの旗 マンチェスター・シティ (コーチ)
2019- イングランドの旗 アーセナル
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

プロデビューまで編集

地元のクラブであるアンティゴコでサッカー選手としてのキャリアを始め、そこで幼馴染となるシャビ・アロンソと知り合った。二人はサン・セバスティアンの浜辺でよく遊び、レアル・ソシエダでともにプレイすることを夢見た[3]。シャビ・アロンソは後にレアル・ソシエダと契約を結んだが、アルテタは15歳でFCバルセロナBに加入した[4]。しかし、トップチームに昇格することは叶わず、2002年にレンタルでパリ・サンジェルマンFCに加入した。

レンジャーズ編集

2002年にレンジャーズFCに加入し、2シーズンを過ごした。2002-03シーズンにはスコティッシュ・プレミアリーグスコティッシュカップスコティッシュリーグカップの3つのタイトルを獲得した。加入初年度はすぐにチームに馴染み、レギュラーとしてプレーしたが、2シーズン目はコンディション不良に苦しんだ[5]

レアル・ソシエダ編集

2004年に520万ユーロの移籍金でレアル・ソシエダへの移籍が決定した[6]シャビ・アロンソリヴァプールFCへ移籍したためともにプレーする夢は叶わず、アルテタ自身もポジションを確保することができなかった[6]

エヴァートン編集

 
エヴァートンでプレーするアルテタ

2005年1月の移籍期間終了間際にデイヴィッド・モイーズは後に完全移籍で獲得することを見込んで、レンタル移籍でアルテタを獲得した。トーマス・グラヴェセンが移籍した穴を埋めることを期待されていた。後にクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に多大な貢献を果たす事になった。初ゴールは4-0で勝利したクリスタル・パレスFC戦で記録した。2005年7月に5年間の契約を結び、ソシエダには200万ポンドが支払われた。

2005-06シーズンは、クラブのファン投票による年間最優秀選手と選手間の投票で選出される年間最優秀選手に選ばれた[4]

2006-07シーズンでは1月の終わりまでに6ゴールを挙げた。マン・オブ・ザ・マッチにも度々選出され、35試合に出場し、最終的に9ゴールを挙げた。アルテタは2シーズン連続でクラブの年間最優秀選手に選ばれ[4]、『Sky Sports』が選出するプレミアリーグの最優秀MFにクリスティアーノ・ロナウドを抑え選ばれた[7]

チームはUEFAカップの出場権を獲得し、クラブの最優秀選手に選ばれる活躍を続けた。

2007年の夏に新たにクラブと5年間の契約を結び、2012年までグディソン・パークに留まることになった。

2007-08シーズンにアルテタは、ノース・ウェストの年間最優秀選手に選ばれ、2008年1月にはエヴァートンの選手としては5年ぶりに、リヴァプール・エコー紙のスポーツ・パーソナリティ・オブ・ザ・イヤーを受賞した[8]

シーズン後半は腹部の調子が悪く、問題を解決するために最終戦を前に手術を受けた[9]。2008-09シーズンの開幕戦でフリーキックからゴールを決めるなど、コンディションを取り戻しつつあったが[10]、2月22日のニューカッスル・ユナイテッドFC戦で左ヒザ十字靭帯断裂の重傷を負い、2009-10シーズンの始めの5ヶ月間チームを離れることになった。

2010年1月に行われたFAカップバーミンガム・シティFC戦に交代で出場しチームに復帰し、2-1で勝利したリーグ戦のチェルシーFC戦ではスターティングメンバーとして試合に出場した。8月にはクラブと新たな5年間の契約を結んだ[11]

アーセナル編集

 
アーセナルでプレーするアルテタ

2011年8月31日、1000万ポンドの移籍金でアーセナルFCへ移籍し、4年間の契約を結んだ[12]

トーマス・フェルマーレンの移籍に伴い、2014-15シーズンよりキャプテンに就任した。2015年7月8日、アーセナルFCと1年の契約延長を発表した[13]。2016年5月15日、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がアルテタとトマーシュ・ロシツキーの2015-16シーズン限りでの退団を発表。

代表経歴編集

スペイン代表バスク代表としてプレイする資格を有している。U-16、17、18、21のスペイン代表としてプレイしたことはあるが、A代表でプレイした経験はない。1999年に開催されたUEFA U-16欧州選手権UEFA-CAF メリディアン・カップ優勝を経験しており、FIFA U-17ワールドカップにも出場し、UEFA U-21欧州選手権の予選ではキャプテンを務めた。

FIFAの規定では、U-16スペイン代表に選ばれた時点でイギリスのパスポートを持っていなければならないが、2010年8月にいくつかのメディアが誤ってイングランド代表でプレーする資格があると報道したため[14][15]、エヴァートンのファンはネット上でキャンペーンを始めた[16]。これに際してアルテタ自身はスペイン代表でプレーする目標を捨ててはいないとコメントしている[17]。また、アルテタはイングランド代表に選ばれるための要件(出生地がイングランドであること、両親または祖父母がイングランド生まれであること、18歳になる前にイギリスで5年間の教育を受けていること)をいずれも満たしていない[18]

指導者歴編集

マンチェスター・シティ編集

アルテタには引退後、3つの選択肢があった。アーセナルFCを率いるアルセーヌ・ヴェンゲルマウリシオ・ポチェッティーノパリ・サンジェルマンFCのチームメイト)のバックルーム・スタッフに加わる、またはマンチェスター・シティペップ・グアルディオラのコーチ陣に加わることを提案されたのである。2016年7月3日、アルテタはマンチェスター・シティのアシスタントコーチに就任した[19]
グアルディオラとアルテタの出会いはバルセロナ・アカデミーだったが、グアルディオラはアルテタより11歳年上で、すでにトップチームに定着していた。それ以来、二人は連絡を取り合っていた。グアルディオラは、2011-12 UEFAチャンピオンズリーグ#準決勝2012チャンピオンズリーグ準決勝バルセロナ戦の前に、当時アーセナルの選手だったアルテタに電話をかけてチェルシーの情報を聞き出し、良い監督になると確信したのだ。
2015年、グアルディオラがバイエルン・ミュンヘンを退団する際、選手として最後の年を迎えたアルテタが再会を果たし、一緒に仕事をすることになった[20]。 2018年9月19日にチャンピオンズリーグリヨン戦で2-1で敗れた際、グアルディオラのタッチライン禁止によりアルテタがマンシティ監督として立っていた[21]。 マン・シティでアルテタはプレミアリーグ優勝2回、FAカップ優勝1回、EFLカップ優勝2回を達成した。2018年、アルテタは前監督のアーセン・ヴェンゲルの退任に伴い、アーセナルの監督の座に強く結びつくようになったが、最終的にはウナイ・エメリが採用された。[22][23]

アーセナル編集

2019-21年:初期とFAカップ制覇編集

2019年12月20日、古巣アーセナルFCの監督に3年半契約で就任した[24]。2020年3月12日、アルテタが世界的に流行していた2019新型コロナウイルスに感染したことが判明し、ファーストチームの選手全員とコーチ陣を含むかなり多くのアーセナル関係者が政府の方針に従い彼との最後の接触日から14日間の自宅待機となった[25]プレミアリーグ公式は、数時間前に今後の試合は予定通り試合を行う旨の発表をしていたが、このアルテタの感染の発表を受けて3月13日の午前に緊急のクラブ会議を行った[26]。その後も他のプレミアリーグチームの選手やスタッフから感染者や感染の疑いがある人物が続出し、3月13日にプレミアリーグは4月4日までイングランドのプロチームの試合全てを一時中断する決定をしたことを発表した[27]。同年8月1日、FAカップ決勝でチェルシーを下し、監督として初のシーズンで早くも初のタイトルを獲得した[28]。これによりアルテタは、アーセナルにおいて主将と監督の両方でFA杯優勝を果たした最初の人物となった[29]。2020年9月10日、役職名がヘッドコーチからファーストチームマネージャーに変更された。これにより監督としてチームの指揮・指導に留まらず、チームの運営や分析、選手獲得、ハイパフォーマンス、医療などあらゆる要素の権限を有することになった[30]。UEFAヨーロッパリーグの準決勝において、前任者のウナイ・エメリ率いるビジャレアルに敗北、プレミアリーグでは一時15位に陥落するなどチームを低迷させた。最終的に8位でシーズンを終えるも、UEFAヨーロッパリーグの出場権も逃し、チームは実に26年振りにヨーロッパの舞台から去ることになった[31]

2021–22 season編集

任期3年目である2021-22シーズンはプレミアリーグ年間最高額であり、チーム歴代最高額である総額1億6000万ポンドの補強を敢行し、ヌーノ・タヴァレスアルベール・サンビ・ロコンガベン・ホワイトマルティン・ウーデゴールアーロン・ラムズデール冨安健洋といった戦力を加えるも、プレシーズンにトーマス・パーテイガブリエウが負傷したことやオーバメヤンラカゼット、ホワイトらなどが相次いで新型コロナ陽性になるなど主力が大量に起用不可能となり思うような布陣が組めないこともあって67年振りに開幕3戦で全敗し、チームをプレミアリーグ単独最下位の20位に低迷させた。しかし開幕3連敗後は、徐々に離脱者が復帰し新戦力もフィットしてきたことにより先発選手が大幅に変わりチーム状態が向上した。それによりノース・ロンドン・ダービーでの快勝などもありプレミアリーグ監督で唯一9月を全勝で終えた。この戦績からアーセナル監督の受賞は約6年ぶりとなり自身としては初となるプレミアリーグ月間最優秀監督に選出された[32]。同年12月29日、新型コロナの検査で自身2度目の陽性判定となり、年明け1月1日に行われるプレミアリーグのマンチェスター・シティ戦を欠場することが公式発表された[33]。2022年3月、リーグ戦でアウェイのワトフォード戦、ホームのレスター戦に連勝すると中二日でのホームの強豪リヴァプール戦には負けたもののさらに中二日でのアウェイのアストン・ヴィラ戦に勝利し厳しい日程のなか3月を4戦3勝で終えた。アーセナルは7年ぶりとなるアウェイ5連勝となった。この結果から3月のプレミアリーグ月間最優秀監督を受賞した[34]。同年5月6日、アーセナルと2024-25シーズン終了まで契約延長したことが公式発表された[35]

2022–23 season編集

22-23シーズンは、プレシーズンからの好調を維持して開幕5連勝で単独首位となり8月唯一の全勝をしたため自身3度目となる8月のプレミアリーグ月間最優秀監督を受賞した[36]。11月から12月のリーグ戦ではアウェイでのチェルシー戦、アウェイでのウルヴァーハンプトン戦、ホームでのウェストハム戦、アウェイでのブライトン戦で4戦全勝した。この成績から自身4度目となる11月/12月のプレミアリーグ月間最優秀監督ワールドカップ開催により11月中旬から12月下旬までリーグ戦中断となったため11月と12月を合わせた対象月間となった)を受賞した[37]。第20節、ノース・ロンドン・ダービーでは、2-0で勝利し13-14シーズン以来のシーズンダブル達成した。1月はニューカッスルに引き分けるものの、3試合で勝ち点7をプラスし、19節終了時点で勝ち点50ポイントに到達する。これはクラブ史上、最もハイペースな記録であり、あのインヴィンシブルズ (サッカー)の年を上回る勢いである。この結果から、今シーズン3度目となる1月のプレミアリーグ月間最優秀監督を受賞した。

人物編集

2010年、ミス・スペインに選ばれた経歴のあるアルゼンチン系スペイン人の女優・モデル・テレビ司会者のロレーナ・ベルナルと結婚した[38]。現在、2人の間には3人の息子がいる[39]

アルテタはスペイン語バスク語カタルーニャ語を流暢に操り、英語、完璧ではないがフランス語イタリア語も話すことができる。現在はポルトガル語を学んでいる[40]

メディア編集

アルテタはAmazonオリジナルのスポーツドキュメンタリー番組「オール・オア・ナッシング ~アーセナルの再起~」に出演し、2021-22年シーズンを通してフィールド内外の舞台裏でコーチングスタッフや選手との様子を記録した。 また、「オール・オア・ナッシング ~マンチェスター・シティの進化~」にも、出演した。

個人成績編集

クラブ シーズン リーグ カップ UEFA 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
バルセロナB 1999-00 26 1 26 1
2000-01 16 2 16 2
通算 42 3 0 0 0 0 42 3
パリ・サンジェルマン 2000-01 6 1 1 0 4 0 11 1
2001-02 25 1 7 2 10 1 42 4
通算 31 2 8 2 14 1 53 5
レンジャーズ 2002-03 27 4 7 1 1 0 35 5
2003-04 23 8 4 0 6 1 33 9
通算 50 12 11 1 7 1 68 14
レアル・ソシエダ 2004-05 15 1 0 0 15 1
通算 15 1 0 0 0 0 15 1
エヴァートン 2004-05 12 1 1 0 13 1
2005-06 29 1 5 1 3 1 37 3
2006-07 35 9 4 0 39 9
2007-08 28 1 2 0 7 3 37 4
2008-09 26 6 3 1 2 0 31 7
2009-10 13 6 1 0 2 0 16 6
2010-11 29 3 4 0 33 3
2011-12 2 1 1 1 3 2
通算 174 28 21 3 14 4 209 35
アーセナル 2011-12 29 6 3 0 6 0 38 6
2012-13 34 6 2 0 7 0 43 6
2013-14 31 2 6 1 6 0 43 3
2014-15 7 0 0 0 4 1 11 1
2015-16 9 0 4 0 1 0 14 0
通算 110 14 15 1 24 1 149 16
総通算 421 59 55 7 59 6 526 73

監督成績編集

2022年11月12日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
アーセナル 2019年12月22日[41] 152 88 23 41 0 0 +0 057.89
合計 152 88 23 41 0 0 +0 057.89

タイトル編集

選手時代編集

クラブ編集

パリ・サンジェルマン
レンジャーズ
アーセナルFC

代表編集

U-16スペイン代表

個人編集

  • エヴァートン年間最優秀選手(ファン投票)2005-06, 2006-07
  • エヴァートン年間最優秀選手(選手間投票)2005-06

指導者時代編集

クラブ編集

アーセナルFC

個人編集

脚注編集

  1. ^ Mikel Arteta
  2. ^ Mikel Arteta
  3. ^ シャビ・アロンソ
  4. ^ a b c Squad Profiles: Mikel Arteta”. www.evertonfc.com. 2008年8月1日閲覧。
  5. ^ [1]
  6. ^ a b Mikel Arteta: 'It's a long way from San Sebastian...'
  7. ^ Midfielder of the year
  8. ^ Mikel Arteta: My pride at winning ECHO Sports Personality of the Year award
  9. ^ Mikel Arteta
  10. ^ It's up to us to lift Goodison gloom - Mikel Arteta
  11. ^ Arteta Contract Photo Exclusive
  12. ^ Arteta joins Arsenal on a four-year deal Archived 2012年3月15日, at WebCite
  13. ^ アーセナル、主将アルテタと契約延長 ヴェンゲルは期待Goal.com 2015年7月9日
  14. ^ アルテタ、イングランド代表入りを検討
  15. ^ アルテタ、イングランド代表入りは不可能
  16. ^ エヴァートン・ファンが動く
  17. ^ Paul Hirst Mikel Arteta still hopeful of chance with Spain (英語) インデペンデント 2012.3.1付記事
  18. ^ Mikel Arteta out of reach for British switch - Levein (英語) BBC 2010.8.30付記事
  19. ^ Clayton, David. “Mikel Arteta joins City's coaching staff” (英語). www.mancity.com. 2019年12月20日閲覧。
  20. ^ McNicholas, Daniel Taylor and David Ornstein and James. "Mikel Arteta lived alone with tactical diagrams on the walls: what lies behind the eyes of Arsenal's new manager". The Athletic. Retrieved 20 December 2019.
  21. ^ Lyon shock sloppy Manchester City as Nabil Fekir delivers the goods on the big stage”. ESPN (2018年9月19日). 2018年9月19日閲覧。
  22. ^ Ornstein, David (2018年5月12日). “Mikel Arteta: Ex-Arsenal midfielder one of options to replace Arsene Wenger”. BBC Sport. https://www.bbc.co.uk/sport/football/44094251 2019年1月8日閲覧。 
  23. ^ Hytner, David (2018年5月12日). “Arsenal's interest in Mikel Arteta grows but Max Allegri still in the frame”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2018/may/12/mikel-arteta-arsenal-managers-job-interest-max-allegri 2019年1月8日閲覧。 
  24. ^ Mikel Arteta joining as our new head coach”. Arsenal (2019年12月20日). 2019年12月20日閲覧。
  25. ^ Club statement: COVID-19”. Arsenal (2019年3月12日). 2020年3月14日閲覧。
  26. ^ Premier League statement” (2019年3月12日). 2020年3月14日閲覧。
  27. ^ “[Premier League, FA, EFL and WSL unite to postpone fixtures Premier League statement]” (2019年3月13日). 2020年3月14日閲覧。
  28. ^ FA Cup final 2020: Arsenal 2-1 Chelsea - Aubameyang double secures victory - BBC Sport” (2020年8月1日). 2020年8月2日閲覧。
  29. ^ FA Cup win shows Arsenal can win titles, says Mikel Arteta” (2020年8月1日). 2020年8月2日閲覧。
  30. ^ Revealed: Arteta is now 'first-team manager'” (2020年9月10日). 2020年9月11日閲覧。
  31. ^ マンC最終年のアグエロが2発! アーセナルは勝利も26年ぶりに欧州大会逃す/プレミア最終節”. サッカーキング (2021年5月24日). 2021年10月3日閲覧。
  32. ^ Arteta named Barclays Manager of the Month” (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。
  33. ^ Mikel Arteta to miss Manchester City match” (2021年12月29日). 2021年12月29日閲覧。
  34. ^ Arteta earns March's Barclays Manager of the Month award” (2022年4月1日). 2022年4月2日閲覧。
  35. ^ Congratulations Mikel and Jonas” (2022年5月6日). 2022年5月6日閲覧。
  36. ^ Arteta named August's Barclays Manager of the Month” (2022年9月16日). 2022年9月17日閲覧。
  37. ^ Arteta named Barclays Manager of the Month” (2023年1月13日). 2023年1月15日閲覧。
  38. ^ Arteta: Artist of Goodison
  39. ^ Who is Mikel Arteta’s wife Lorena Bernal? Miss World candidate, CSI: Miami actress and partner to Arsenal manager” (2019年12月20日). 2020年8月2日閲覧。
  40. ^ ARTETA'S LOVE AFFAIR
  41. ^ アルテタの任命は2019年12月20日に発表されたが、12月22日まで発効しなかった. エバートンとの中間試合は、暫定ヘッドコーチのフレディ・リュングバーグが担当しました。
  42. ^ https://www.premierleague.com/news/3016896
  43. ^ https://www.premierleague.com/news/3043094

外部リンク編集