ミゲル・サンス

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサンス第二姓(母方の)はセスマです。

ミゲル・サンス・セスマ(Miguel Sanz Sesma, 1952年9月16日)は、スペインナバーラ県コレーリャ出身の政治家1996年から2011年までナバーラ州首相(レンダカリ)を務め、1997年から2009年までナバーラ住民連合(UPN)党首を務めた。

ミゲル・サンス
Miguel Sanz
Miguelsanz.jpg
生年月日 (1952-09-16) 1952年9月16日(65歳)
出生地 ナバーラ県コレーリャ
出身校 ナバーラ大学
前職 教師
所属政党 ナバーラ住民連合(UPN)

スペインの旗 コレーリャ町長
在任期間 1983年 - 1987年

在任期間 1996年 - 2011年

在任期間 1997年 - 2009年
テンプレートを表示

経歴編集

ナバーラ県の南部、トゥデラ近郊の町コレーリャに生まれた。初等学校の教師をしていたが、その後ナバーラ大学で経営学を学んだ。1983年から1987年には故郷のコレーリャ町長を務め、1983年以後にはナバーラ州議会議員に選出され続けている。1989年にはナバーラ住民連合(UPN)の副党首に就任し、1991年から1995年までナバーラ州首相を務めたフアン・クルス・アリの下では、ナバーラ州副首相を務めた。1996年にナバーラ州首相(レンダカリ)に就任し、1997年にはUPNの党首に就任した。2007年のナバーラ州議会選挙では、左翼政党とバスク民族主義政党が過半数の議席を獲得し、UPNは政権喪失の危機に立ったが、UPNはスペイン社会労働党(PSOE)との間で取り決めを行い、UPNはナバーラ民主集中との連立政権を組み、サンスがナバーラ州首相に、社会主義者のエレナ・トーレス・ミランダがナバーラ州議会議長に就任することで合意に達した。

2009年、12年間務めたUPN党首の座をジョランダ・バルシーナに譲った。2011年のナバーラ州議会選挙の際には、15年間務めた州首相に再立候補する意思がないことを表明[1]。UPNは州議会選挙に勝利し、後任の州首相には党首でもあるバルシーナが就任した。

政策編集

サンスはバスク民族主義に対して厳しい姿勢を取ることで知られ、また財政中心主義でも知られている。後者の立場は、UPNと提携関係にあった国民党との関係終結につながり、これによって2008年には、国民党のナバーラ州支部であるナバーラ国民党が復活した。

脚注編集